2016年08月30日

社員旅行

8月26日〜29日まで2班に分かれ沖縄へ社員旅行に行ってきました。
台風10号の影響を懸念していましたが、初日に那覇でスコールに
あった他は全くの晴天の4日間でした。

総勢62名、27日の大宴会を除いては、それぞれにカヤックで島に行ってスキュバーやレンタカーを借りて島周り、ゴルフなど大いに楽しくんでくれました。
来年はハワイかも・・・

20160826_192104夕闇にむかうかりゆしビーチ

20160826_193220夜のプールサイドで

最高に盛り上がった当社、専属沖縄ライブ!!
全員が踊りだして

DSC_0668
DSC_0687

心をひとつにし20周年のタイムファイブでの
聖者の行進の時を彷彿させるドラマがありました。

DSC_0219

第一陣の那覇県庁前の記念撮影



続きを読む

2016年08月22日

台風9号

20160822_12422920160822_124233

所沢店舗前は10年ぶりの川になっていました。
自然の猛威おそろしいですね
続きを読む

2016年08月04日

今週の一冊

20160804_170150

池井戸氏の久々の最新作
「ノーリスクの仕事なんてない!」
ビジネスの原則は「進むべき道を決めたら、あとは最大限の努力をして
己の可能性を信じるしかない」

将来を信じることの難しさ
ともすれば困難な現実に打ち負けかされそうになってしまうが
自分との闘いでもある」

己に勝つ!!
続きを読む

2016年08月02日

誠実第一

先日、楽器の部品が外れたため修理を依頼すべく
渋谷のウインドブロスと言う楽器店に行ってきました。
4階に上がると若い女性がいて親切に対応頂き
その場で部品の取り付けをしていただき料金を聞くと
「え〜ほんとにそれでいいんですか?」と言う価格。

これじゃ申し訳ないと思いリードをひとケース買って帰りました。
私どももお客様商売しているので身に染みてどんな小さな商売でも
「誠実で親切第一」と改めて痛感しました。

また3階でも銀座のヤマハのお店を聞くと若いお兄さんが地図を
プリントアウトしてくれました。

今度、楽器を求める時は、このお店で買おうと・・・
すっかりファンになった次第です。

もう一度、社員たちに徹底させようと思っています。
続きを読む

2016年07月30日

歩行者天国

所要があって久しびりに土曜の銀座を歩く

1970代の終わり就職し、土曜半ドンが普通だったが頃

お昼12時に終わったあと
さて、今日はなにをしょうかな?
どこにいこうかな?

そんな楽しみがあった
週休二日制となり、休めるのが当たり前の時代より
ワクワクする土曜日だった気がする

そんな時、銀座や秋葉原は土日になると歩行者天国となった。
今日は都知事選、最終日
候補者が中森明菜の歌に合わせ車上で踊っている

20160730_162153


路面にお気に入りのフィギアをおいて写真を撮っているおじさんがいる

20160730_16251820160730_162526

所有者に断りパチリ!

中央の丸いパラソルと椅子、縁石にたむろするはインバウンドの人たち

40年前とは大きく変わった風景
続きを読む

2016年07月28日

〜『人生の勝ち負けは』〜

突然ですが、みなさんは今、ストレスなく日常を過ごされてしてますか?
少なくても、ひとつやふたつ持っていますよね
私自身60歳を過ぎ、ここまでを振り返って特に思うことは
「人生の勝ち負け」は60歳を過ぎてからどうストレスのない
楽しい時間を命尽きるまで送っていけるか!
そんな風に考えるようになりました
それまでは、どん底に落ちようが、心が折れようが
裏切られようが、七転八倒に苦しみ、もがこうが
どんなに負け続けようが、勝敗はついていないと

ここまでの30年と11ヶ月、特に会社経営なんぞしていれば
壁にぶつかり、失敗あり、挫折あり、紆余曲折の中
金の苦労、他人に依存するところの多い人の苦労
経営がうまくいかない苦労など
思うように行くことはほとんどなくストレスの連続でした
しかし、その痛みこそが人間が生きている証拠
真剣に立ち向かっている証拠
成長の証
ストレスはあって当たり前のこと
そしてそれは60歳以降の幸せな時間を送るための代償であり
幸せ貯金をしていること
ストックだと私は思っています
2015年の年金運用の損失額は4兆7000億だそうです
65歳以上が日本の人口の25%を占める少子高齢化の時代
60歳を過ぎてもお金のストレスは続いていきます
早めに自らを俯瞰し、己を上から見下ろし物事の本質に気づく人は
40歳代で財をなし、仕事中心の生活から人生をどう楽しむか!
に舵を切っていく人もいるでしょうが一般的なサラリーマン
あるいは私のような凡才においては60歳がひとつの起点
そして最大のストレスとは
お金のストレス・時間のストレス・人間関係のストレス
60歳以降も10年も20年もそれが続くとしたら
「俺はここまでなにをしてきたんだ!!」

そんな風に思ってしまう自分がいます
だからこそ20代、30代、40代
気力、体力、向上心があるうちに逃げずにチャレンジしていく必要がある
そして結果は60歳のスタート地点に立った時に明らかになる
何が勝ちで何が負けかは、人それぞれに幸せの価値観は違うけれど
私自身は、ここまで生きてきて現実としてそう受け止めている
個人的にも経営者的にも常に考えるのは
その時々に「撤退か前進か」
それは今も続いている
そしてその後には「忍耐が必要」
ここ3年、60歳を前にして足を止めて考えてみた

結果、まだまだ己が納得いくまでは前進と決断しました。
それまでは
「折角、ここまで努力してきたのだから
その代償をお金に換えて終わろう」と正直思った時もありましたが
よくよく考えればゼロからの創業者であり、失敗しても失うこのはない!
スタート地点の戻るだけだと確信
そして守ることをやめ、挑戦あるのみ、攻めるのみと考えたら
心の中のモヤモヤは消えていきました

「夢を持つ」ことは「執念」をもつこと
ひとつ言えることは他人の納得度ではなく自らの納得度
外から見られてどうかではなく

貧乏だろうが
なんだろうが
自分が愛する人たちと日々暮らし
やりたいことをやり
一度きりの人生の出会いを大切にし
自分に正直にいきようと
そしてどうせ生きているなら
燃えなきゃ損だ!

打算抜きに燃えてこそ、その炎の中から見えてくものがある
長くてもたった100年の命
なにも失うものはない!
葡萄は、痩せた土地を好み生息する
そしてより過酷な環境の方がいい実をつける
また春の桜も冬の間の耐寒時間と
その温度によって花の色も咲き具合も大きく違う
もう何回、満開の桜を見れるだろうか

春になるといつも思うこと・・・
それまでは、自分の信念のもと元気に生かされていることへの感謝を持ち
「執念」をもって自分らしく

後悔なく残りの時間を生きていこうと改めて思う今日この頃です
そして70歳、80歳になっても体力と気力が続く限り
元気にチャレンジしていきたいと思っています
いよいよ梅雨明けですね、これから暑い日が続きます。
体調など崩さないようにどうかご自愛ください。
続きを読む

2016年07月20日

この選択が未来をつくる

20160720_150826

ものごとには「重要なもの」と「重要に見えるものがある」
そして私たちは往々にして「重要なもの」ではなく
「重要に見えてしまうもの」を選択してしまう・・・
続きを読む

2016年07月17日

2016年07月09日

何本かの指に

20160709_141318

海鮮丼2300円なり
鮮魚店が営む食堂で頂いた海鮮丼
今までの人生の中での何本かかの指に入る美味なるのもでした。
続きを読む

2016年07月07日

季節の便り

もう30年以上も経つお友達から・・・
20160707_071605

毎年、送って頂く朝顔です。
EMさんいつもお心使いありがとうございます。
続きを読む

2016年07月06日

無の心境にて

20160703_13523220160703_134553

昔は、なにか心に持ちながら手を合わせていましたが
手を合わせ目をつぶっても、良い意味でなにも浮かんできません。
最近、ここ何年も同じ状況です。
なにかあるとすれば、自らの願いではなく
だれかの幸せを祈って・・・
続きを読む

2016年07月05日

美味しい料理に舌づつみ

20160701_17225320160705_184833

会津坂下の酒「天明」
新鮮すぎるイワシのお刺身に
蛸の柔らか煮をわさびで
続きを読む

2016年07月02日

塩竃港で昼食

塩竃マリンゲートにて昼食を

20160701_112745

市場に足をのばすとがぜウニがなんとひとつ400円
もし行かれる方がいらっしゃったらお勧めです。
なにもつけないでもスプーンで美味しく頂きました。


続きを読む

2016年07月01日

復興まだまだ

昨日から仙台出張
そして今日までの予定が昨日の内に終わったため
その後の震災地はあれからどうなっているか?
レンタカーを借りて閖上港から多賀城市、塩釜へと
高速道路を使わず下道を走ってみました。
5年前のあのローソンの跡地には皮肉なことに葬儀屋さんが
入っていました。
そして閖上地区には慰霊塔が・・・
20160701_101406

何千人と言う方々の名前が記され、その名前を追っていくと
お年寄りの方と連想される名前が多くありました。
9mの高さで海岸から5kまで津波が襲ってきたのでは
とても足の弱いお年寄りは逃げ遅れてひとたまりもないはず。

そしてまだ私は元気に生かされていることへの感謝とこれからの人生
悔いなく生きねばという思いを抱きながら神社の上の石碑や
慰霊塔に手を合わせていました。

多賀城までの道のり、閖上海岸のところどころに残る松林を
右に見ながら沢山の砂利トラとすれ違いながらまだまだまったく
復興していない現実を目の当たりに見て考えさせられるものがありました。続きを読む

2016年06月25日

屋形もんじゃ

20160625_121839

お客様のお誘いで新木場から送迎バスに乗りお台場をぐるり
何年かぶりに木場に降りると「夢の島」の看板がありました。
そう言えば43年前、昔、ゴミの島と言われた埋立地に
街路樹の苗を植えるバイトに通ったこと思いだしました。
今ではすっかりお台場やその周辺はいつの間にか高級マンションが
林立する場所に様変わり。

20160625_12410520160625_130937

船酔いになりやすい私でしたが若いみなさんとワイワイ
楽しいひと時・・・
みなさん心の良い社員さんばかりでした。


続きを読む

2016年06月22日

同級生たちに刺激

最近、色々な集まりに行くと7割、8割くらいは年下の方が多い

しかし、私自身まだまだ未熟者!!
と日々恥じるばかり・・・

私と一か月違いの同年代には、食道がんでなくなられた故吉田昌郎氏がおられる、ご存じない方は2011年東日本大震災の時、東京電力福島第一原発の時、所長、官邸にいた東電武黒フェロー(元副社長)からの命令を無視して、独断で原子炉への海水注入を継続し、脚光を浴びた人物だ!
そしてフレンチシェフの三国清三さん、日本人として初めてフランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュバリエ章を授与された知る人ぞ知る人物
三国さんは札幌グランドホテルなどで修業し、20歳でスイスの日本大使館の料理長に就任。

同じ時代に生まれ、時間の数だけは同じ様に刻んだはずの61年。
こんなにも大きく離されて・・・
そんな人たちを見る時、
「嗚呼、なんて自分はちっぽけで未熟なんだろう」と思う日々である。

もっともっと試練を

まだまだ努力が足りないと
続きを読む

2016年06月20日

田植え

7、8年前に始めた農業体験(田植え)も農耕地の都合で一時、頓挫していましたが鴻巣の農家様のご厚意により、昨年から復活。
そして6月18日(土)も18人の参加者を迎え晴天のもと無事執り行いました。

20160618_09112920160618_092234

予報では午後からは30度以上の気温になるということでしたが
気温が上がる前の9時からの作業のため、そよそよと優しい風が吹き
久しぶりの田んぼの水は丁度よい水加減で気持のよいものでした。
運動会もそうですが、どこかで無心になれるって心の浄化にもなりますね。

昨年は初参加者も多く植える苗の数も4、5本のところ10本以上だったり等間隔ではなく曲がって不格好でした^^;
しかし今年は学習効果よろしく機械植えにはかないませんがまあまあの出来でした。

素足で田んぼに入り、大地を握りしめ自然と戯れる素敵な一日でした。


続きを読む

2016年06月14日

薔薇の季節

20160605_13163020160605_124733

棘があるから美しいのか
美しいものには棘があるのか

20160605_112820

続きを読む

2016年06月13日

独り言

最近はどのチャンネルをまわしても舛添さん一色ですね
せこい!とか政治資金(税金)の使い道とか色々問題は多々ありますが
国民、都民、都議を敵にまわして平然と「政治真義」を繰り返すあたり
ある意味「天晴れ!」と言わざるを得えないのでは!

嘗てロッキドー事件や建設会社との癒着問題で国会答弁した
会社の役員や議員をテレビで数々見てきたが
おそらく世界中さがしても今の彼に叶う人がいないのではと思うほどに!

自分だったらとても心身ともに壊れているのでは・・・

その意味での強靭な精神は見習う価値がありそうな
舛添さんよりは幸せだ!そんな比較対象になりそうな
人を責めるのは易し、されど自分自身は人を責めれるほど潔白か?

私にはそこまでの自信はない続きを読む

2016年06月12日

久しぶりの便り

IMG_6279IMG_6277

好天の土曜日に「智光山公園 花菖蒲まつり」を見てきました。
全部で3,800株程度のものですが・・・咲き乱れているのを
見ると、とても気持ちの良いものでした。
ここは以前より菖蒲園としてあったのですが、近年より「まつり」
と銘打って夜の部の「ホタル観察会」と共に楽しませてくれています。
我が家より歩いて約2時間弱の距離なので、お弁当を持って
出掛けることの多い場所です。
今年は・・・バラを二週にわたり見に行ったりして、健康維持の
散歩コースとなっています。
あまり上手には撮れませんでしたが、ご覧いただければ幸いです。
日笠
続きを読む

2016年06月09日

こんな社員が100人いたら・・・

昨日、早出のため、7時過ぎにオフィスに来て一階に降り
出かけようとすると、その彼が居ました。
店舗担当ではなく現在は保守サービスのリーダー
店舗からごみ箱を出し、建物の周りを竹ぼうきではいてくれていました。
冬、雪が降ると誰よりも早くきて店の前の雪かきをしている光景も

入社から10年以上、いつも陰日向なく会社のためを思い
仕事を通して自分の人生を全力で頑張ってくれる彼を見て
「こんな子の社長で良かった!!」と胸がいっぱいになりました。
それがず〜と続いているんです

そうして、冷めやらぬまま
所沢のインター近くの物流センターに向かうと・・・
そこでも「おはようござます」の言葉とともに同じ光景がありました。

8時前に出社して仕事の段取りをしている社員
都内に向けてトラックをスタートさせていく社員
「これから厚木にインターネットの設定に行きます!」と
目をキラキラさせ、元気に出ていく社員
「嗚呼、俺って幸せだな〜」とつくづく思った一日でした。

そしてこんな社員が100人いたら会社は凄いことになるだろうな・・・
そんな思いが頭をよぎっていきました。


続きを読む

2016年06月08日

鹿沼店オープン

IMG_20160608_110048
IMG_20160608_094531IMG_20160608_110444

OAランドコラボ、リニューアルオープン
創業1863年の地元では3本の指に入る「マツヤ」様が
当社のビジネスモデルとガーデンオフィス日本橋ショールーム
に感動して頂き、鹿沼市に6月8日オープンしました。
5代目になる猪野常務の熱い心に打たれ、私自身も積極的に
参画させて頂き、遠慮なくどしどし意見、アイディアを出し
アドバイスもさせて頂きました。

栃木一の素敵なショール―ムになっておりますので
お近くの方は是非、足をお運びください。
2階はセミナールームとアウトレット文具がぎっしり

これがゴールではなくスタート!
猪野社長、青木専務の寛容なお心と後押しが
あってこその実現だと思います。
またオフィスもライブオフィスとして生まれ変わり
以前より社員の方の顔が誇らしく輝いていました。

微力ながら、これからも心から応援させてください!!



続きを読む

2016年06月03日

パワーを頂いてきました!

昨日は大学の先生に誘われるまま、一応、ネットにて
会社内容は確認させて頂いたもののよく趣旨も理解せず
あるお客様、経営者の方を訪問させて頂きました。

会社名は「株式会社どうきゅう」様
飲食業を営なまれるとともに給食センターへの人材派遣など
独自の人材教育で800人の従業員様とともに飛躍されている会社です。

今度、ハワイに二店舗出されるとか

代表の中西様は元、競輪選手で国体にも出場されたとか
今も現役で社員たちと週末はキツイロードを170k走るそうです。
またそのおもてなしの心は社員のみなさまから湧きでるものでした。
細やかな心使い・・・
20160602_160035

頂くコーヒーも数あるお好みのカップで・・・
会議室に案内されるとここまでの社員の方たちの活動状況が
壁一面、天井一面に貼ってありました。
20160602_163837

私自身もイベントやその点については多少自負がありましたが
脆くも吹き飛んでしまいました。
専用のジムも完備され「ここって会社?」そんな思いも

年齢的には丁度、私より一歳上とか
まだまだ自分の甘さ未完成さ、経営者として道半ば
を痛感しながらお暇させて頂いた次第です。

夜は他の経営者様も交えて中西様とも色々とお話しさせて頂きました。


続きを読む

2016年06月02日

贅沢な旅

札幌でのお客様訪問そして夜の大学講義のため
早めの朝食をとり、スーパー北斗にて10:05分函館をたつ
本来なら空の便の方が楽で早いことはわかっているが
3時のお客様訪問まで少しの猶予があるため3時間43分かけての
車窓の旅と洒落込む・・・。

20160602_10293520160602_095143

思えば初の北海道上陸は、今から44年前の高校2年の夏休み
会津若松から磐越西線で郡山駅、東北本線に乗り換え青森
そこから青函連絡船で函館そして札幌へ、今で言う青春18切符。

函館を出て大沼公園、森、八雲
20160602_09511020160602_103344

                                 大沼公園

しばらくすると海岸線沿いへ

20160602_120936

20160602_12070520160602_105458

20160602_123503

ニールセダカの「雨に微笑みを♪」を聴きながら
来る機内の窓から見た風景、広大な原野
やはり北海道は広い!!

20160603_113716
20160603_11592920160603_115226



『遠く42年前、大学生になって・・・』
国鉄、ミニ周遊券にて16日間の旅をする

20160606_08383720160606_083911

時間は十二分にある・・・
解体現場で働いた7万円のバイト代を握りしめて
道内16日間、国有鉄道、国鉄バス乗り降り自由
あとは歩きとヒッチハイク

20160606_084059ヒッチハイクにて・・・

ユースホステル(2食付き500円)を渡り歩き
金が尽きそうになればそこで働かせてもらい、
金がなければ駅舎に泊まり、海辺の漁師さんや
たくさんの人の温かさを頂いた。

稚内から船に乗り、礼文島へ(桃岩ユース)
本土から集まった学生、社会人の人たちと島を1日かけて一周する
20160606_084150

メノー海岸、エーデルワイス、遠くに見える利尻富士
宿で持たせてくれたおにぎりをみんなでほうばる
夜はみんなでフォークソングを歌い、大いに語りあい
東京での再会を約束する・・・。

「なにかに夢中になると
きっと人生は豊かになる」


見えない努力をどれだけ重ねられるか・・・

本当は誰しも、人生をもう一度やりなおしたい
歳をとればとるほどに、思うこと
しかし後戻りはできない

振り返ってみればつたないながらも、その時、その時を
夢中に生きてきたのかも知れない・・・。


続きを読む

2016年06月01日

函館店オープン

6月1日 函館OAランド店オープンのため13:05ANAにて羽田を発つ
現在は博多店長である、入社7年目の我が社のホープ福嶋君が2日前に前乗りし陣頭指揮をとる!!
準備万端で臨んだ当日は・・・

20160601_15280020160601_153020

先着30名様「お米一升プレゼント」もあり
オープン前から行列
結果的には1日で128名の来場者
コピー機2台の売約、そしてオフィス家具の注文など。
OAランドのビジネスモデルは店舗での販売が主ではなく
あくまで、プル型の集客そしてそこからプッシュ型での営業。
明日からが本当の勝負。

店舗をしめたあと函館市内にて慰労会と懇親会。
札幌より函館の方が魚介類は新鮮でリーズナブルに頂ける感あり


続きを読む

2016年05月31日

感謝

明後日、札幌で大学の講義があるため
明け方からパワーポイントでまとめていた。
当社の成り立ち、沿革、写真を追いながらまとめていると
昔懐かしいものがたくさん出てきた。
そして今、残ってくれている社員たちの面々を見た時
その成長とともに、私についてきてくれたこと
みんなに支えられて今があること改めて感じ、
しみじみと熱いものがこみ上げてくるものがありました。

最近の自分は少し驕っていたな・・・
反省するとともに改めて感謝。

続きを読む

2016年05月30日

時間のたつのは早いもので

除夜の鐘をほんの少し前に聞いたと思ったら・・・
今年も残すところ7ヶ月、年初に立てた目標を改めて見てみる
まだまだ未達、このスピードで行くと多分届かない
会社も8月決算まで第三クオーターを終え残り90日となる
そろそろ来期に向けた事業計画
そして次の手を打っていかなければ・・・

梅雨の季節になりますね
私は決して☂、嫌いではありません
紫陽花が色をつけ
金木犀は芳香する
野山には水をたわわに貯え
天からの雨は不浄なものを洗い流してくれるような
1日は函館いよいよオープン
2日は札幌の大学にて
乞われるままに自然体で行動するのみ
続きを読む

2016年05月23日

爽やかな空の下

20160523_15003320160523_142909

左肘故障のため差し控えていたゴルフを4ヶ月ぶりに恐る恐る
左肘にはシップ薬を塗りサポーターをまく
両日とも晴天、浅間山の稜線はくっきりと
セミの声、遅咲きの山さくら
木陰に入ると爽やかな風
気候のせいか疲れはなく
高原の空気を何度も何度も両手をひらいて吸い込む・・・。
「ちょ〜気持いい なんにも言えね〜」
そんな言葉がでそうな45ホールでした。続きを読む

2016年05月18日

ひたすら歩く

数日前より色々と考える試練を頂き
考え抜いた上で36時間後、天気がいいので机上を離れ
まずはひたすら歩くことにしました。
20160518_15013120160518_150320

車と人通りの少ない道を選び
自宅から狭山湖畔周辺を多摩方面へ
山道を黙々と・・・
そして東京都下、瑞穂、六道山公園へ
頂上から見渡す都心のビル
青い空、4時間の道のり歩数28652歩。

色々なハードルがあるからこそ、人生は楽しい


続きを読む

2016年05月17日

運動会の意義

20160514_134347
20160514_125621
 http://www.dennoh.net/sportsfes2016-report/

電脳運動会も今年で8回目となりますが、今回は4つの会社様にご賛同頂き201名という今までにない規模での運動会となりました。
厳密にいうと9回目となるのですが最初はボーリング大会とフットサル大会をしみんなでバーベキューに舌鼓を打ったのが始まりです。
その目的は正直に言うと五月病での離職者をなくすことでした。
それから回を重ねるごとに、その目的は発展し日本一幸せな会社をつくろうという思いで正式な運動会という形になりました。
 
しかし運動会を実施したから幸せという意味でもないしこの運動会をやる意義は決して福利厚生やスポーツ大会という思いでの実施ではありません。
 
ビジョンを明確にし、それに共感する人だけが集まる会社
全員共感できるビジョンがあれば一体感を持ってその目的のため邁進できるそんな意味での運動会という位置づけでここまでやってきました。
そうでなければ経営者的に考えればなにもたくさん費用を掛けて地方から集まって頂く必要はないんです。
 
一瞬でも心をひとつにしてなにかに向かって汗を流す
ハイタッチをする、声を出し合ってお互いを称えあう
そんなことから会社は成長スピードを上げていくのではないだろうか
 
参加するみんなが今日一日、無心になって大いに楽しんで
そしてそれぞれの会社が益々発展されることを心に願いました。

多分、その時の達成感というより、運動会が終わり、久しぶりに走った後の筋肉痛や日焼けのヒリヒリを感じながら時間の経過するとともに社内での電話のやりとりひとつ、朝礼でのみんなの顔、言葉に出さなくてもなにかあの時一瞬でも共感できるものがあったこと。

それが今後のそれぞれの会社の社員間の温かさであったり
一体感が社内活性化につながると信じています。
続きを読む