2018年12月01日

2018年11月25日

貴景勝おめでとう

20181126095057

若干22歳、長くお世話になった部屋を離れよくぞ
頑張ってくれました。
貴乃花の指導が間違っていなかったと言うことかな?




2018年11月23日

お幸せに

DSC_2651


DSC_2654

DSC_2674
DSC_2680DSC_2693
DSC_2691DSC_2694

社員の結婚式に出てきました。
3年前、面接の時に志望動機を聴くと
子供が彼女のお腹に入ったのでその子と彼女を幸せにするため
転職しようと思いました。

前職はホテルマン、まだ若干24歳、しかし転職者の中では
営業として一番活躍してくれているのではないかな。
営業とはモノを売ることではなく自分自身を売ること。
その意味では新年には始業時に社内の誰よりも早く
「まだまだ未熟でありますが今年もご指導のほど宜しくお願いします」
とメールをくれる、気遣いのできる青年です。

そんな彼だからこそ、お客様にも愛されているのでは

社員の結婚式もそろそろお役御免かな・・・
今回は多分、私が会場の中で一番の年長者だったような
そろそろ若い人たちに任せ、降りるとしよう



2018年11月18日

帰郷する

DSC_2628

母の49日法要のため帰郷してきました。
納骨をすませたところで母もようやく親父と同じところに
眠ることができたのでは・・・

DSC_2626DSC_2627_1

お寺には親父が切り絵でつくった阿弥陀三尊像が飾られていました。

DSC_2629

人は自らの心の持ち方を変えることによって
自分の人生も変えられる。

DSC_2625

与えられた場所に生きる意味を見つけない人は
どこにいっても満足しない。

寺には心に刺さることばがいくつも貼ってありました。

DSC_2630

小さいころに育った我が故郷も、あの時はもっと長い道
かと思っていたのが、こんなに近い距離だったんだ・・・
中学校は少子化によって廃校となり、町へと統合。
でもあたりの山々の風景は変わっていない!





2018年11月17日

観音様を右にみて

DSC_2645

会津観音

DSC_2646

龍の雲



2018年11月15日

楽しい一日

DSC_2599

晴天、無風、最後にはシャツ一枚でプレイしていました。
本当にゴルフ日和といったところでメンバーにも恵まれて
久しぶりに楽しい一日でした。



2018年11月11日

いよいよ海釣りへ

6時丁度に出港 

DSC_2434DSC_2447

DSC_2510DSC_2517

DSCPDC_0001_BURST20181111094929733_COVERDSC_2503

DSC_2559

DSC_2552

なにもかも忘れ没頭できました。
そして何より癒された時間でした。







天草四朗

DSC_2566

山の上に立っていました。

2018年11月10日

泊まるなら!!

天草温泉旅館

DSC_2513

こんなにご馳走が出て、翌日は朝食の弁当までつくって
頂き6000円でした。
優しいお父さんとお母さんがお待ちしております。

熊本県牛深市牛深町1121−1
☎09697-2-5121

漁師を目指して

車中一泊にて2泊3日で天草へ漁にでかけました。

DSC_2451DSC_2428

4時釣り場へ到着、なにより満天の星空が最高でした。
そして朝日が昇って・・・
DSC_2479DSC_2480

私が釣ったのではありませんが・・・





2018年11月05日

街散歩

DSC_2322DSC_2328

櫛田神社        豆乳ソフト

DSC_2343DSC_2345
DSC_2346DSC_2347

東長寺の紅葉

DSC_2354

DSC_2360DSC_2355

夜のイベント

どうやら週末は天草へ海釣りにお誘いを受けそうです。^^
体調管理しておかなきゃ!!
とにかく、お断りしないところで人は繋がっていくのでは・・・
体力勝負です!!



2018年11月04日

隕石の村、東峰村

昨日、東峰村、村起こしのお手伝いができればと
先日の鉄平さんのLINEでの
お誘いで現地に行ってまいりました。

1500年前、隕石が飛来しその「宝珠石」の隕石
を祀った神社がありました。

DSC_2298DSC_2295

メガネ橋と日本百景の棚田です。

DSC_2296DSC_2292
DSC_2290DSC_2274

岩屋名水 600リッター100円也?

DSC_2282DSC_2287

登り釜 窯元が50以上

DSC_2280DSC_2279

廃校になった小学校を如何に有効利用可能か!!

DSC_23031541330666243

夜には予期せぬイベントがありました。
大黒摩季さんの西日本復興ライブがあり
村長さんの隣で聴かせて頂きました。

https://stat.ameba.jp/user_images/20181103/20/kenta-harada/10/50/j/o1080080914296463280.jpg

そのライブでビートルズのイマジンの演奏がアコースティック
のギターとともにありました。その大黒摩季さんのMCトークの中に
こんな話がありました。

先日、ポールのコンサートにいった時
悲しみを抱えひきずって生きるより、今の時間を楽しく
たくさん冒険や経験をして黄泉の世界でジョンに逢った時
その時のお土産話をたくさんもっていくんだ!
とポールは言っていました。

そんな話を聴いたあと目を瞑ってイマジンを聴いていると
先月なくなった母のことを色々と思い浮かべました。









2018年11月02日

夢でもし逢えたら

夢でもし逢えたら
素敵なことね
あなたに逢えるまで
眠り続けたい♪

この歌、もう45年前 聴いていました。
たしか女性フォークシンガーが歌っていたような
作詞作曲は大瀧 詠一だったような

最近、毎晩寝るとき
母が夢に出てこないかな・・・
と思って床につくのですが出てきません!
随分晩年、時間をつくっては田舎に帰り
ハグし頬ずりし、手をにぎり色々なことを話したので
母にとってはもう伝えることはないのかも知れないのかな

恥ずかしい話まだ自分のどこかで引きずってます。


2018年11月01日

人の輪

早いもので11月に入りましたね!
先月はたくさんの方にお会いさせて頂きました。
人の輪が急速の拡がってきているのを感じます。

DSC_2224DSC_2216

下呉服町にあります「みねとこ」と言うお店
旦那様の鉄平さんが名づけ親とか、
奥様の名前が「峰子」さん
愛妻家なんですね!
とても癒される、穏やかな時間が流れるお店でした。

厠の壁にはこんな詩が貼ってありました。

DSC_2220

生きている。ということは
自由で不自由で、やっかいでオモシロイことですね。
自由な気分とは、自分のイノチをキママにコントロール
出来ているようなキモチです。

不自由な気分はその反対でいつも誰かにイノチを
コントロールされている。

不安なイラツク気分ではないのでしょうか。
ガキの時から僕はその間を生きて来たような気がします。
オモテとウラ。
ウソとホント。
ホンネとタテマエ。
ジキルとハイド。
そんなところをならべます。
黒田征太郎


2018年10月31日

菅原道真公を祀る

DSC_2232DSC_2235
DSC_2249DSC_2245

お客様、訪問、そのついでに・・・

DSC_2234



2018年10月30日

今のこの一瞬が

毎朝、たくさんの予備校生とすれ違う・・・

DSC_2200

その顔それぞれにミライに向かって歩む力を感じる。
そして羨ましく思う。
もう一度、こんな歳に戻れたら自分はなにがしたいだろう・・・

海外を放浪することも
スイスの山々、マッタ―ホルンに登頂することも
砂漠を歩くことも
アラスカに住むことも
アフリカのサバンナにいくことも

「人生の贈り物」
それは少年と老人の話です。
ある日、老人から
「君は素晴らしい贈り物を持っている
それに気づけばきっと幸せになれる」
と言われたのですが、少年にはその意味がわかりません。

「それはなんですか?」と尋ねても
「自分を幸せに出来るのは、
自分しかないから結局、自分で気づくしかない」
と言う答えしか返ってきませんでした。

数年後、若者は答えを見つけるために旅にでかけました。
しかし、洞窟やジャングル、山頂、海底などを探しても
素晴らしい贈り物は、見つかりませんでした。

数十年後、その少年は老人になった時
やっと気づきました。
答えは「現在」だったのです。

過去でも未来でもなく現在が貴重な贈り物だから
今、この一瞬を大切に生きていけば自分を幸せ出来る。
と言う意味だったのです。

今朝、そんな話を思い出し、まだまだ間に合う
これからもっともっとワクワクすることを見つけだし
ひとつひとつ箇条書きにしクリアしていこうと思いました。

その意味では早く自分を解放しなくては!!
自分はここまで充分に自分が納得できるまで戦ったのだから


2018年10月29日

野外ライブ

DSC_2210

東長寺にて手嶌葵さんのライブを聞く
さすがにこの季節のライブは深々と身に沁みる寒さが
厳しかったです。

ただ彼女の癒される歌声はその寒さを和らげるものでした。

DSC_2206

DSC_2211





マラソンびと

DSC_2197DSC_2198

すつかり秋らしくなりましたね!
公園の坂を登るとマラソンをしている人に出会いました。
そう言えば学生時代、五輪真弓さんの「恋人よ」歌の二番に

♪マラソン人が行き過ぎる
まるで忘却のぞむよに♪

なんて歌詞があったような

最近、私と誕生日が4日違いのお客様と知り合いになりました。
お会いして1時間もたたないうちにすっかり打ち解けあい
後日談でお互い、「自分より多分、歳上だろう?」と
思っていたなど、言い合いながら10年来の友人のような関係に
なりました。

まだ一度しかお会いしていないのにどこで聞きつけたのか
母の葬儀にはお花と電報まで心使いを頂いてしまいました。

そして明日の夜は一緒にァコースティックライブに行く約束。
因みに私の方が4日お兄さんです^^

2018年10月28日

母を偲びて合唱

街を散歩していると鬱蒼と木々に囲まれた神社が見えてきた。
なんとはなしに木漏れ日の中を引き込まれていくと
no title

無形文化財を修復するためのイベントが入場無料で開催。
入ってみると歴史ある「能」の舞台がそこにあった。
暫くすると5人の黄色の法衣をまとった僧侶が琵琶を奏でながら
般若信教を唱える。
no title


なにかの縁か(いにしえ)・・・
聞いているうちになんとはなしに手を合わせていました。





25166歩

昨日は天気がいいので朝から
出発し結構歩くことができました。
目的の時間を決め、時速を決めて歩くと
徐々に「無心」の境地に入っていけ
久しぶりに気持ちのよい汗を流すことができました。

夜は「億男」という佐藤健主演の映画を見てきました。
no title

ストーリーがどんなかも考えず、見ていると
想像とはまったく違い、「お金より大切なものがある」
と言う内容でした。

自分自身もモロッコまではいかなくても
どこか海外を放浪してみたい!
元気なうちに色々なところを旅してみたい!
そんな思いがふつふつと・・・

まだ足にはきていません!

2018年10月27日

もう少し辛抱していれば・・・

最近の株価の上昇からの暴落ぶりは目を見張るものがある
まったく読めない、AI予想、アナリストの予想なんて
全てが情報として当てにはならない!

しかし

会社の経営でも、個人投資でも
辛抱が、我慢が大切だなあとつくづく思うことがある。

よく考えれば全てのことに当てはまるかも知れない。

もう少し続けていれば結果は・・・

しかし、痛い思いで辛抱するからこそ今がある。

それは創業社長なら特に強く言えること。
己の身を晒し、削ってここまで来たからこそ
耐えるところは耐え、間違っていると思ったらやめる

そうして作った大切なお金だからこそ、
一度投資してもリターンが望めないと判断したら
即断即決で撤退する!

それはあの創業当時の金がなく、家賃と仕入れの金で手一杯で

自分の給料さえ遅延、遅延の連続、通帳に入金されたと思ったら
また会社に貸し付けで戻すそんな金の大切さを身をもって
知った時間があるからこそ
無駄な金、投資には敏感となる

だらだらと芽の出ない種に
「もしかしたら・・・」と水や肥料をあげ続ける

そして失敗してしまう二代目経営者や
サラリーマン社長もよく見かける

それなら買いなおして、芽が出、枝を張り、花を咲かせ、
実のなる可能性のある種を手に入れて水と肥料(お金と時間)
をつぎ込んだ方がいい。

ところがそうなると、投資が怖くて
新たな畑も農機具も買わないで無難に焼き農業に切り替える!!

そうではない!
ここまで痛い思いをしてきたからこそ
本当に重要だったら、ここが正念場だと思ったら

今までの時間と金を浪費してきたことを「授業料」と位置づけ
悔いなく自分の勘を信じて勝負していくのが
真の勝負師ではないだろうか!!

そしてそれが経営者の「器」。
それがないものは、会社を大きく成長させることはできない!

ただただ他人の言ったことに乗り安易にことを進め
その後の検証も反省もなく、ダメになったら放り出す
それを繰り返していれば会社は知らず知らずのうちに
衰退していくであろう・・・。

今日は久しぶりのフリーの休日
無心に3時間ほど汗をかき歩いてみることにする。




2018年10月26日

人間だもの

命あるものはいずれは、どんな者にも終わりがある

それは動物でも植物でも同じ、それが早いか遅いかだけだ!

最近、正直ワクワクすることが少なくなった気がする

何故なんだろう?

目的を失ってしまったのか
それとも明確な生きる目的がなくなってしまったのか
リスクのない生き方をしているのか

180度、思切って周りの環境を変えてみる必要があるのか
まったく違う環境に身をおいてみるのも一手
自分はいったいなにがしたいと言うのだ!

それはひょっとすると贅沢なことなのか

「生」への強い欲求もない!

昔は自分の「死生観」ってどんなだったかな?


相田みつお「人間だもの」

      悲しいときは全身で悲しみ、嬉しいときは手放しで喜ぶ
そういう人間で自分はありたい!
そのままでいいがな!楽してカッコよければ幸せか
逆に骨を折ることが不幸か!

つまづいたっていいじゃないか!
人間だもの!

雨の日には雨の中を
風の中には風の中を

2018年10月23日

人生色々

人生、悪いことばかりではない!
しかし、良いことばかりも続かない!
日々、交互に楽しめばいいんじゃないかな・・・
ここまでの63年と9ヶ月の時間
楽しいことより、苦しいことの方がより記憶に強く残っている。
その当時は七転八倒の苦しみで夜の眠れない日もあった。
でも今となっては懐かしい思い出。
そしてそれが今の自分をつくっている源なのではないだろうか
楽しいことばかりじゃつまらない!
苦しんで葛藤して憂鬱になって・・・
でも自暴自棄になったことは一度もない!
寧ろ、それを楽しんでいた自分がそこにいた。
人生色々。



2018年10月21日

ワイワイと・・・

no title

夜はみなんですき焼きで



2018年10月20日

癒しの時間

孫をつれて昭和記念公園へ
コスモス畑を歩く
お昼はみんなでおにぎりを!
no title
no title

最近は、こんな時間が癒される贅沢な時間かもいしれない!
空気が美味しいね!





2018年10月19日

塔のへつり


DSC_2639DSC_2636

青い空、蒼い水、浸食された岩肌







2018年10月18日

タイムファィブ50周年

no title

先日、当社の33周年に演奏頂いたタイムファィブさんが
結成50周年を迎えられご招待を頂きました。

DSC_0056DSC_0054
上記は8月25日の祝典の写真です。
全員そろって50年、その歌唱もまったく衰えず!!




2018年10月16日

今日は晴天

昨日の底冷えの一日から一転、晴れやかな朝
今日はなにかいいことありそうな・・・

最近、ここ数か月
ほとんどノンレム状態だったのか
記憶にも残らない状態だったのか
夢など見る余裕もなかったのか
そんな状態からここ数日、明け方近くになると

夢を見る!

旅をしている夢を見ました。
また馬が一緒なんです。
そして母がなくなったと言う知らせ
あれもう亡くなっていたはずでは

東野圭吾の「人魚の眠れる家」を読んだせいなのか・・・

人の死を受け入れるのは、その様相でもなく常識的な形でもなく
その人間との思いなのかも知れないと「ふっと」おもいました。


小説では脳死状態の娘の死を受け入れることを拒み
色々な高度医療と科学技術を効かし生かし続ける
そして4年後、母の枕もとにその娘は立ち
「今までありがとう、幸せだった」と告げる。
それによって初めて娘の死を受け入れるというストーリーだ。




2018年10月15日

収穫祭

田んぼをお借りしている信ちゃんからLineが送られてきました。 

今年で7回目となる秋の収穫
残念ながら10年前に始めて以来、
言い出しっぺの私でしたが初の欠席となりました。

どうやら今年も無事、稲刈りが済んだようです。
いつものメンバーで・・・
こういうものは強制してやるののではなく
楽しく思う人、肉体は疲労しても心は癒されるそんな人が
参加すべきではないだろうか!

no titleno title