起業して38年OAランド社長日記

如何に生きるか!!    起業して38年目、人の触れ合いと人情と教訓、 日々の感動を心のままに綴ります。

起業して38年OAランド社長日記 イメージ画像

更新情報

この曲の作詞作曲は小林武史氏彼が山形から上京した時の思いを綴った曲らしい田舎からでてきて約60年果たして私はここまでなにを成しえたんだろうそして何を得、何を失ったんだろうこの曲を聴きながら考えてみた地位・財産・会社・・・いやそんな承認欲求も物欲もない純粋・

今朝がた、自分が死んだ夢を見ましたここ3年以内に亡くなった方が次々と現れ「あれ〇〇さんもこちらに来たんだ!」と声を掛けられる有様「いや〜来たくて来たんじゃなんだけどね!」それにしても生命線、長くて手首まで伸びていたのにな・・・68じゃ、平均寿命より短いじゃ
『生きててよかった!!』の画像

飛行機雲♪この歌を聴いたのは今から50年前私の大学生の時だった従妹の女の子の持っていたレーコード悲しいかなその子は10代で亡くなった今朝、散歩をしていると西の上空に一機のジェットが白い直線を描きながら飛んでいるふっとこの歌が浮かんできた晩秋の太陽真っ青な空優
『飛行機雲』の画像

あと何年・・・紅葉を愛でながら命の洗濯今年も50日を切る365日24時間、若い時は時間は無限にあるように思っていたいや、考えもしなかったようにもしかし、人は、命あるものは、いずれは何人たりとも例外なくその命を閉じる来年からはより緻密に時間を刻もうと考える無駄のな
『紅葉を愛でながら』の画像

「私はこれからは大好きな人だけと生きる」そんな宣言を自分自身に言い聞かせスタートしたのが28歳の時それは男女の好き嫌いとは別次元のこと尊敬できる人、一緒にいて成長できる人、心を尽くせば伝わる人あれから約40年、しかしその生き方を続けてなんの弊害もなく楽しくこ
『新たなるスタートライン』の画像

今朝がた不思議な夢を見た既に10年前に辞められた人たちがまだ在籍して一緒に出張にいく夢私がサラリーマン時代、お客様として可愛がっていただいだ一部上場企業の人事副部長だった方で60歳の定年を期に本来引く手あまたの再就職先があっただろうが、お願いしたら今の会社と

満月が地球の影に完全に隠れる皆既月食と月に冥王星が隠れる天王星食、442年に一度見られるという天体ショーを見る信長、秀吉、家康の戦国時代、当然、電気もなく排気ガスも環境汚染もないこの時代ならさぞかしよく見えたんでしょうね!
『信長の時代に』の画像

昨年スタートした月いちランチ、コロナの影響もありみなさんで集まり”わいわい”ランチするのは仕事中でもマスクをしているのに難しいだろうと遠慮して自粛していましたが、昨日再開しました。遠くから笑い声が聞こえたり、談笑している声が聞こえた時こんな時だからこそ、
『食堂再開』の画像

家から出て約1時間30分、ひたすら決まったコースを歩く
『歩く』の画像

11月3日文化の日、晴天「今年まだ紅葉見てないね!」と紅葉を求めて早朝6時に家をでる、高速をひた走り街道沿いのススキも秋の風情を秋満喫の一日でした!!
『紅葉探訪』の画像

昔はこれはというセミナーがあるとよく足を運んだまたは大きな会社の肩書をもつ人を見ると尊敬の念も少しはあったしかし、ここ10数年は足が遠のいてきつつある37年間、紆余曲折、試行錯誤、挫折の繰り返し、助けてもらうこと多々そんな中での身近にいる人たちへの思いの中で

そう言えば先々週の14日(金曜日)から大阪出張含め余りほとんど休んでないことに気づく登山からの筋肉痛、フクラハギの張りを昨日の夕方あたりから感じるもう歳かと!!苦笑少し精でもをつけるか!!と近くのステーキハウスでランチを食する!!牛肉200g、ハンバーグ300g
『自分へのご褒美!!』の画像

10月21日(金)晴天、新宿駅小田急線改札7時20分集合ロマンスカー7時37分「はこね1号」に乗車バスに乗り仙石停留所で下車そこから金時山へ登山口から約100分の道のり「いざ山頂をめざして!!」今年の新入社員の研修、月1回「学びの日」と称して、座学やゲスト友人にお願いし
『学びの日』の画像

先週の土曜日、大阪に向かう新幹線の中においてあるこんな冊子を手にとりました。円安はいよいよ150円台に届く勢いであり、給与水準も世界に大きく水をあけられ、大学の全世界での位置もアジア列国からも抜かれ東大、京大にしても30位以下、嘗て1979年代にベストセラーとなっ
『エンゲージメント』の画像

この週末15日、16日で大阪に大阪支店としてこのビルにオフィスを構えることになりました。採用も考慮に入れ内装もデザイン性のある快適なものに
『新たなる一歩』の画像

すっかりいつの間にやら「秋の空」私の一番好きな季節そして実りの秋果たして私の人生に於ける収穫の年は
『秋へと』の画像

ローマは一日にしてならずされど壊れるのは一瞬健康な林檎の中に腐ったリンゴをひとつ入れただけでたちまちのうちに全てを腐らす社員研修で「働くことの意義」「自分人生株式会社」の話をとくとくと説くそのかいあってか新入社員たちも入社時からある程度までは定時の30分前

三連休明けの火曜日昨日は恥ずかしながら一日中、パジャマのまま・・・今日は少しだけ忙しく、でもなんの恰好をつける必要もなく自然体で色々な方と接しられたような気がします最後の最後は後継者に多分なるであろう若者とここまで生きてきた悪しき良いしきに拘らず生きざま

初めて稲作を始めたのが13年前、そしてコロナや天候不順以外はここまでずっと継続し今年もなんとか無事、社内の有志18人社外11人お子さんたちが6名参加で楽しくワイワイBBQを含め終わりました。
『13年目の収穫祭』の画像

今日は「母の命日」です。田舎のお寺で永代供養の話やお墓の移転の話など聞いてきました。空き家も含め、都会に出てふるさと遠く少子高齢化時代となり無縁仏の墓になってしまうところや空き家が増えてきたとか私は神社仏閣でお賽銭を入れ手を合わせてもなにも浮かんできませ

河の流れる音を聴きながら散策気温13度、月曜までの気候が嘘のような11月下旬の寒さ秋の気配が・・・
『澄んだ空気の中で』の画像

誰もいない海知らん顔して人がゆきすぎてもわたしは忘れない海に約束したから学生時代に聴いた昔のそんな歌を思いだす聞こえるのは波の音だけ雑踏を離れて車を走らせる早いもので今年も100日を切る今年はなにかあったかな?なにかしたかな?コロナコロナのイメージが強く具体
『今はもう秋』の画像

お会いしてから37年、生年月日は2日違いつかず離れず、ビジネスの世界でも不思議なことにお互い利害関係を求めず 、そんな友人と一年ぶりに麻布十番で待ち合わせをするまだ時間が少しあるのでお稲荷さんに静かに手を合わせるまだ1時間くらいかなとふっと時計を見ると2時間が
『縁とは不思議なもの』の画像

今年も金木犀がオレンジの花をつけました。新婚当時に近くのスーパーで見つけた小さな苗木それから44年、家を引っ越す度に移植してここまで大きくなりました。叶わないことだと思うが自分が亡きあと墓地のそばに移植できれば嬉しいのだが・・・
『連れ添って44年』の画像

今月、10年以上続いた大阪店舗から関西支店として大きく飛躍するため10月17日より新オフィスに移転都内も一昨年一足早く、ショールームでの集客から、既存のお客様とより深く良い関係を築くことを目的に移転しているオフィスからは僅かだが大阪城が見えてロケーションはいい
『大阪拡大を目指して』の画像

今晩は「中秋の名月」、雲の間に間から顔を出す暑い夏も終わりいよいよ秋の到来
『中秋の名月』の画像

12年前、今年に負けないくらい暑い暑い夏でした。スイスの山々をトレッキングするという60歳までの目標をクリアするため一年前から計画し、マッターホルンやアイガーの麓をトレッキングヨーロッパで一番高い終着駅ユングフラウヨッホ3454m4000m級の山々、氷河、郵便バスで
『もう一度、行きたいところ』の画像

数年前の有り日、友人に誘われ、福岡県大川市から20時過ぎ車を飛ばし長崎へ、そして車中で夜明けを待ち磯にて竿を垂らす。朝焼けまじかのこの風景がまだ記憶に
『五島列島にて』の画像

先日、亡くなられた稲盛和夫氏の本の中にこんな一節がありました。どんな環境にあろうとも真面目に一生懸命生きること。どんな逆境であろうと不平不満を言わず慢心せず、今、目の前に与えられた仕事、それが些細な仕事であっても全身全霊で打ち込むことで必ず時間とともに結
『人生で一番大事なもの』の画像

今日は37年経営して初めての「創立記念日」として 全社休みとしました。   お蔭さまで今期37期も社員のみなさんに支えられ たくさんのお客様に支えられ無事なんとか 終わることができました。   みなさまに「感謝」です!   振り返れば長いようであっというまの

明日から新しい期が始まる昨日は役員のみなさんと一年間の慰労と感謝を込め地元で美味しいと言う「うなぎ屋」さんへ行ってきました。ふっくら美味しく
『37期も今日が最後』の画像

おはようございいます!京セラの稲森さんが90歳でゴルバチョフさんも91歳で亡くなりましたね!最近、再放送の2時間ドラマや時代劇ドラマ「鬼平犯科帳」「剣客商売」など見ていると「嗚呼、この人もこの人も亡くなっていると・・・」いずれはどんな人でも「生あるものは終わ

社内有志で両国をスタートし夕涼みしてきました。もう15年以上になるだろうか?竹芝桟橋から浴衣で豪華客船シンフォニーに乗り社員とその家族で東京湾クルーズや屋形船でも今期も残すところ一週間を切る来期ももっといい会社に!!
『屋形船』の画像

↑このページのトップヘ