2017年01月08日

今年の目標

月に最低一度は山登りをする

20170107113240

そんなことでまずは近場の低い山から始めました。
おにぎりと水筒をもって・・・
なかなかいいもんですね!

 

2017年01月05日

明けましておめでとうございます!

本年も宜しくお願い申し上げます。
今日から仕事はじめとなります。

20161230_103046
河口湖 カチカチ山頂から

20170101_080300
本栖湖 竜神池から

今年は毎月、山登りに挑戦します!
そして同じく、自転車で最低30k!

今年もおみくじは「大吉」
気をつけることは、休息と保養、健康を意識すること
短気を起こさなければ必ず勝つでしょう
を意識しながら日々歩んでいきます。
 

2016年12月19日

大事なのは如何にいきたか!

真田丸終わりましたね!

20161219_05484920161219_054936

いざ、出陣の朝・・・

私と言う男がこの世に生きた証は何か残せぬか!

人の誠の値打ちと言うのは己が決めるものではありません!

誰が決めるのだ

時でござる

戦国の世の中に「義」を貫き通し徳川家康と渡り合った
真田佐衛門之介幸村は日ノ本一のつわものとして
語りつがれるに相違ございません。

どんな終わりを迎えても・・・

大事なのは如何に生きたかでございます。

物語とはいえ、62にならんとする己の立場の今

やり方によっては32年の汗と血の結晶の対価として
財を残し己の幸せを優先する生きかたも選択としてはあるが

「大事なのは如何に生きたか」幸村の生きざまを垣間見
改めてこれからの如何に生きるか!を考えてみました。

手にするお金の量より、この会社をもっともっと面白いものにした方が
己の人生としては楽しいかもしれない・・・
そのかわり大株主として言いたいことは遠慮せず

 
所詮、金は金でしかない




 

2016年12月16日

感謝

昨日、我が社の忘年会を
「これから始まる新しい電脳」と言う題で行いました。

20161216_102038

(招待状)


その目的は3つです。

社長を交代し新規の役員人事も決まり
社内的に全ての従業員方たちへの正式な報告。

そして31年続けてこれたのも社員のみなさんもそうですが
18年、15年とここまで縁の下の力として支えて頂いた
パートの方たちへの感謝の集いとして・・・

当社には10年以上も勤務頂いているパートさんが
9名もおられます、そんな方たちへの感謝を込めて。

3つ目がこの3ヶ年で大きな目標を掲げ
飛躍を誓う社員のみなさんと心を一つにすること。

従って今回の主役はパートさんたち
そして社員のみなさんでした。

社外のゲストの方には申し訳けなかったのですが
身内席にて着席して頂きました。

20161215_17564420161215_181741

20161215_19045320161215_190339

20161215_18554720161215_184558

20161215_18265220161215_181741

20161215_18321820161215_183210

そんな訳で・・・

役員たちも「おもてなし」の精神でパフォーマンスを見せてくれました。


20161215_17564420161215_190854


20161215_195949

それにしても我が社のメンバーたちはいいやつばかりです。

本当に忙しい中、時間をつくって集まって練習してくれたのだと
質の高いパフォーマンスをそれぞれ私の思う主旨を理解してくれ
みせてくれました。


感謝、感謝です。







 

2016年12月07日

12月のさくら

近道を通り、急ぎ足

そこにこんな風景がありました。 

冬の寒桜も春とは違う風情が

20161206_094805
 

2016年12月04日

イルミネーション

20161202_17514220161202_174329

西武園のイルミネーションを見てきました。
まるで絵葉書から飛び出したような・・・
今年は色々な国をイメージしたものでした。
上の写真は「巴里のシャンゼリ通り」を・・・
そして上空から

20161202_16592120161202_171813

光のツリーと波のプールを使ったプロジェクションマッピング
 

2016年11月28日

愛着

今日は天気がどうやら持ちそうなので年末年始にむけての庭の整備をしました。
なにもないところからの文字通り手づくりの庭なので愛着も一入。 
既に20年、全て樹木も苗木から、そして季節折々の草花。

20161126_162417
 
最初はここで庭を眺めながら一杯!!
を思いながら・・・

20161127_154426

玄関口は「和」、夜は灯篭をつけて風呂場を真っ暗にして
裏庭は「洋風に」

20161127_144035

田舎の交通の便も悪く
資産価値の低い詫び住まいだが私にとっては
落ち着く場所である。


20161127_144129


 

雪ふりの朝

20161125_084721

今日は足元が悪いので雪靴で出社
まだ残る紅葉と雪のコントラストがとてもいい 

2016年11月25日

夜会

20161125_222017

赤坂サカスにて中島みゆき嬢の「夜会」を見る
今回で2回目となる鑑賞 

54年ぶりの大雪

関東地方は11月に観測する54年ぶりの大雪
20161125_035345

午前3時46分起床
もったいないので頭の整理整頓の時間とする
 

2016年11月23日

日本一?のイルミネーション

20161121_17482320161121_173844

20161121_17340420161121_172533

20161121_17192020161121_171758

足利フラワーパークにて
あいにくの雨だがだからこそ光が反射して・・・






2016年11月19日

母を背負いて

父が他界してから早4年・・・
今は姉夫婦のお世話になっている
眼科の医者が白内障と緑内障の見立てを間違え
もともと視力が弱いところにきて悪化
92歳、頭はしっかりしているだけに
目さえ見えればと・・・
今は左目は全盲、右目がわずかにシルエットだけ
本日定期健診につれていったが眼圧がいつもの3倍近く上がっていて心痛。
せめて黄色い銀杏くらいは見せてあげたいと
20161120_11175120161120_111326

20161120_11101120161120_111011
20161120_110744

生まれながらではないので
行く道すがら右に今日は磐梯山がはっきりみえるよ
左前方に飯豊連峰が雪を頂いているよ!!
と説明しながら走行
20161121_111355


 

2016年11月18日

株主総会

第31回株主総会を昨日滞りなく済ますことができました。
そして大きく人事も刷新、これから50年、100年続く企業を目指して。
納税は企業としての使命、23期連続の黒字もなんとか継続。

20161116_125338

企業の存続意義、社会貢献を念頭に・・・
派手さはないが誠実にコツコツと続けることが大事。
そしてみんなが幸せになれるように 

 

2016年11月06日

2016年11月05日

国宝松江城

20161104_10193120161104_112239

川辺から見える松江城

20161104_11014720161104_110223

しっとりしたいいお城ですね!




2016年11月04日

静かな佇まいの中で

20161104_135416

時の経つのを忘れ
一日のんびりと・・・




2016年11月03日

縁結び

20161103_114155

男女の縁だけではなく
色々な人との縁が人生にはある
そしてみんなが幸せでありますように・・・ 

2016年10月31日

裏磐梯の紅葉

お客様の社員旅行で福島に行ってまいりました。

20161029_13461220161029_133024

五色沼の青と紅葉がとても幻想的でした。

20161029_132419

MPGの皆様、我が故郷にお越し頂き
お金を落として頂きありがとうございます。
自称福島観光大使と致しましては感謝の一言です。

今ひとつ本当の朱の色が表現できていないのが残念ですが・・・。
 

2016年10月24日

日曜日の散歩

午後、昭和記念公園にて

20161023_13282520161023_124906

20161023_12400220161023_130802

コスモスはもうそろそろ・・・

20161023_131416

沙羅双樹
「祗園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必滅の 理をあらはす」  平家物語






 

2016年10月21日

一分一秒を悔いなく生きる

ミスターラグビーこと平尾誠二氏が昨日53歳の若さでなくなった。
優勝経験のない神戸製鋼、1980年代から90年代の黄金期を支え
7連覇に導いた立役者でもある。

旺年期、その雄姿を見ていただけに記憶に強く残っている。
そんな彼さえ、鍛え抜かれた精神、肉体をもってしても膵臓がん
には勝てなかった。

最近とみに思うことは・・・
70歳まで10年を切った今、残された人生、一分、一秒たりとも
無駄な空間、無駄な相手、無駄な事だと思うことに時間を費やしたくない

病気でなくても事故もある、散歩していてもパイプが上から落ちてくる時代だ。

自分の大好きな人とだけと付き合う
尊敬する人、思いの通じる人、共感できる人。
(28歳からあることがきっかけで、ここまでそのつもりで生きている)

変な打算や邪心でその掟を破った時
いつも言い知れぬ後悔がついてまわる。

自分が納得できることのみやる。
これからの自分にとってそれによって大きなリスクは生じない。


 


2016年10月20日

空を飛ぶ夢

久しぶりに空を飛ぶ夢を見ました。

平泳ぎのような恰好で両手を天にむかってかき上げると
簡単に地上を離れ空中に浮いた
そして体をうつ伏せに横たえ、下界を見ると、桜の花が満開
花吹雪の中を自由自在に上空を飛び回る

風が気持ちいい♪

空気は澄み渡り、遠くまですっきりと視界が広がっている

どれだけの時間、空中遊泳していたのか覚えていない

自らの人生を一瞬、俯瞰できていたのかも知れない

妻に言うと肯定も否定もなく

「ふ〜ん・・・」の一言。



 

2016年10月19日

古都を堪能

20161018_14292620161018_142854

中に入ると欄間の彫刻や狩野派の襖の絵
あとひと月で本格的な秋

20161018_143205




2016年10月17日

日本オープンゴルフ

松山英樹選手の堂々たるプレイ
またやはりプロの選手のドラーバーは凄い

20161014_094746

打った瞬間、球がどこに飛んだか
とても肉眼では追いかけられませんでした。

 

2016年10月16日

収穫祭

今年も色々な方のお力をお借りし豊作。

20161016_09360220161016_093733
20161016_09365020161016_093720


昨年、最後はコンバインに力を借りてしまいましたが
今年はなんとチームを4つに分け目的意識をもって進めた結果
稲刈りは一時間かからず完了
そこからコンバインで脱穀で12時には終了。

20161016_13442320161016_134437

恒例の収穫祭

焼肉パーティ・トン汁で舌鼓
田んぼをお借りしている渡辺様のお心遣い
きりたんぽを焼いて頂き、自家製の味噌で
また美味しいじゃがバターも・・・
(いつもいつも感謝です)

20161016_13450420161016_134441

今年9月に入社した中途採用の新人たちも頑張ってくれました。



 

2016年10月15日

孫の運動会

晴天に恵まれて
孫の小学校でも予定通り運動会
色々な競技に参加している姿をみると
しみじみと・・・
大きくなったなあ
俺も歳をとるわけだ

3年連続でリレーの選手に選ばれて
1年生から3年生までの選抜リレー
残念ながらふたつ前の選手がバトンを落とし
アンカーとしての本領は発揮できず、
ずぶんと本人としては悔しかったらしい
悔しさがあるうちはもっともっと伸びるのでは・・・

彼が成人するまでは元気でいたいもの

夕方孫から電話あり
「じいちゃん今日は忙しいところ見にきてくれてありがとう」
「じいちゃんの買ってくれたシューズで頑張ったよ!」
ほろり
 

2016年10月12日

うららかに

20161007_085321

ひとり車を飛ばして・・・

今の季節が一番おだやかな時間

生きているうちにやりたいことを悔いなくやる

今更、失うものなどなにもない

真田幸村が九度山に住み・・・

人は失うものがなくなるほどに

己に正直に生きられる 
 

2016年10月11日

手料理

尾瀬の帰りに珍しいキノコを購入してきました。
香りはトリフのような・・・
炊き込みご飯にすると美味しいと聞き
久しぶりに炊き込みご飯と東北風「芋煮」つくってみました。

20161009_19161320161009_191554

もち米100%に油げと牛蒡そしてキノコ
少しササニシキを20%くらい混ぜるともっと堅めに炊けたかもしれませんね
しかし、もち米のふぁふぁ感とキノコの香りと風味が大いに食欲をそそりました。

豚肉ときのこを炒めそこに里芋、人参、白滝を入れ、
少し甘めに炊いた芋煮も郷愁を誘いつつ最高でした!!
 

2016年10月10日

47703歩の修行

20161009_134911

週末、連休を利用し尾瀬に行ってきました。
尾瀬は自分の生まれ故郷に近いため小学生から数えもう既に
10度目近くになります。

20161007_14251320161007_121819
20161007_122802
20161007_143534


本来は翌日早朝からの予定でしたが
余りにも晴天で翌日は朝から雨の予報でしたので急きょ、
御池から沼山までシャトルバスで行き、尾瀬沼を越え尾瀬ヶ原へ

木道を歩く分には問題りませんでしたが、そこから三条の滝を目指した
ため山あり谷あり幾度も心の折れる寸前の音を聞きながら
夕闇が迫ってきました。

20161007_154713

熊が出るか!オオカミが出るか!
そこで立ち止まっている余裕はありません。
途中獣のに臭いがしてきた時には思わず足早に・・・。

日没、午後6時まではあと1時間30分、とうとうあたりは薄暗くなりゴールに
つく前に真っ暗闇、携帯のライトを頼りにやっとの思いで御池に到着。
帰りのシャトルバスが見合に合わないため御池を直接目指した次第です。

温泉のある宿について手足を伸ばし
久ぶりにマラソンの有森裕子さんの
言葉を思いだしました。
「自分のことを褒めてあげたい!!」

20161008_055703
(翌朝の露店風呂)

下り坂があれば上り坂あり
苦しい辛いがあるからこそ心地よい時間もあるゴールした時の達成感もある
人生そのものとつくづく思う一日でした。