OAランド社長日記

起業して35年、山あり谷ありと決して平坦な道ではなく悪戦苦闘の日々、そんな中で「ふっと」見つける、人との触れ合いと人情、自然との触れ合い、教訓、心のままに綴ります。(2005.3.16スタートし14年目の日記)

OAランド社長日記 イメージ画像

更新情報

私は大きな本屋さんが近くにない為、都内でまとめ買いをする、そんな折、読み疲れた時に、気楽に読める本を何冊か入れる、先日、購入した中にあるアイドルお薦めの「天使がいた三十日」と言う題の小説があった最初は「どうせ」と言う先入観で読んでいたが、3分の2ほど読み
『くだらない自分に乾杯』の画像

とても面白い本を見つけました。昨日買ってきのう読んじゃいました。英雄「義経」はどうして悲運の最期を閉じなければいけなかったのか、義経は鎌倉から動かない総大将、「頼朝」の承認も得ず、独断即決で行動することが多かった組織において上司への詳細な報告、迅速な連絡
『もし義経に携帯があったなら』の画像

会社も振り返るとあっと言う間の20年、新たな気持ちで本社を移転、昨日、賃貸契約の確認を不動産屋さんとしてきました。54階建ての38階です。「自分の夢」を実現するために・・・
『本社移転』の画像

今の季節、野菜が美味しい、そして花を楽しむこともまた一興。
『なすの花』の画像

紫陽花の咲く季節になるといつも思い出す所がある、それは鎌倉寺、「北条時頼の墓」を奉る明月院、回る様に階段を登りながら紫陽花のトンネルを潜り抜けると小高く位置し街を見下ろすことのできる長谷寺、参堂を登ると「由比ガ浜」の湾を臨むことのできる成就寺、どれもが心
『紫陽花の咲く季節』の画像

6月19日(日)晴天、8:00、第五ゲート前、集合、10:30スタート、駅伝大会に参加、当社からは3チームゲスト2名を含め12人がエントリー、兎に角、気温が高くあまりよいコンディションとは言えなかった、マラソンは自分との戦いであり、他人を意識しなくてもよ
『福生米軍基地での駅伝』の画像

今日もなんとかクリア、先ほど朝飯兼お昼を頂いた帰り、きゅうりの花を見つけちょぴり「ほっと」する。明日は「福生8:00」全力尽くして見ようと思う。
『きゅうりの花』の画像

今週はまだ二日を残し体はいっぱいいっぱいだ、しかしこの時間23:30段階で、社内にはまだ5人残っている、頭が下がる思い。予定していた社員旅行は来期にまわし、全員で8月までの目標達成を誓う、8月27日(土)新宿にて社員及びその家族を招待して創立20年を祝う
『夜の夜景「会社から見た」』の画像

軒下の石のたまりに正確な時を刻む様に雨の滴が落ちる、しばし時を忘れその様に目を奪われるこのなにげない感動を伝えたくてシャッター押す。
『雨のしずく』の画像

昔の釜をひっぱり出し、「ぴっかぴっか」に磨きをかける、そしたらそれを使って楽しみたくなる。庭のあじさいを数本、取り生けて見る、そこへ雨が落ちる、なんとわなしに風情があり「雨も乙なものだなあ」と思う。
『梅雨のひと時「遊び」』の画像

もう、移り住んで9年、ここ何年か前から、ようやく、手作りの庭が植物の成長にともない、蔓科の二種類のジャスミンは5月に白や黄色の花をつけいい匂いを放ち、10月には金木犀がオレンジ色の花をつけ、鬱蒼と繁る。また、山に登ったおり、販売されていた小判草など小さ
『我が家の庭はこれから秋まで花盛り、あじさい、ジャスミン・・・』の画像

6月4日(土曜)7時より会議、営業スタッフ11名、5月度達成したこともあり、赤坂「桃貴楼」にて中華に舌鼓をうちながらの慰労会議となる、そこから、保険組合のショットバー「ブロッサム」で4人で打ち合わせ兼ねながら飲む、pm11:00、昔、社会人一年生の折、
『赤坂で中華の後、みそら〜めん「一点張」』の画像

昨日、ある方から最近の日記は重いというご指摘を頂ましたので、今日は努めて明るく楽しく綴っていきます、「自分の夢」を見ること、描くこと、人其々価値観が違う故、お金が欲しい人もいれば(勿論、お金の嫌いな人はいないけれど)、名誉が欲しい人もいれば、綺麗な彼女が
『明るく楽しい日記「生涯チャレンジャー」』の画像

『決意』の画像

8月の決算まで3ヶ月を切り、いよいよ秒読み、新店舗の予想以上の立ち上がりもあり、20期の目標はクリアしそうである、8月までに更に2店舗のオープンを想定しながら、来期の為の計画立案に入る、更なるOA化の為の仕様書の作成、新規の事業の模索、本社移転先もどうや

人は本当にみずからの意思で自分の人生を選び取ることができるのだろうか・・・。恋愛・仕事・結婚出産・家族・死、大手企業に勤務するキャリア女性が29歳から40歳までの「揺れる10年」を描き「運命」の不思議と、その根源的意味を鮮やかに描いた小説である。「自分に
『私という運命について  著者 白石一文』の画像

              「我輩は犬である」名前は「チョコビ」5年前の春、この家のご主人様が5匹の兄弟の中から僕を選んでくれこの家に連れてきてくれた、もともと顔には自信があった、円らな瞳とぴんと張った賢そうな耳を気に入って貰えたらしい、今日は日曜日、晴
『我輩はいぬである』の画像

最近、近親者が83歳で脳梗塞で倒れ、病院である程度まで回復しリハビリの施設に移つされた、この施設は介護度数4から5の自分で身の回りの世話ができない人が入っている、時々ここを面会に訪れる時、沢山の車椅子の老人と会う、そしてその人達が嘗ての元気だった頃、若か

5月18日(水)曇りのち晴れ、風の強い一日でした。社内の全店舗及び本社でのOA化を目指し先ずは全体の業務の流れを把握すべく、業務分析しフローチャートの作成を開始、しばらく離れていたせいかスムーズに事が進まない、少々苛立合えるちを覚えながらもようやく夕方近
『曇りのち晴れ「仕事を考える」』の画像

今週はそれなりに充実した一週間でした、あまり硬い話ばかりでは疲れてしまいますので、ここらで一服、雄大な海でも見て癒して下さい。私はどちらかと言うと今迄は海派と言うよりは山派でした,多分、生まれ育ちが海に馴染ませなかったのかも知れませんでも昨年の暮れ南の島
『海は広いな大きいな』の画像

5月13日(金)まだまだ、道は険しいけれど進む方向は決まった感あり、必ずその先に光が見えてくるはず今日は期首から4月までの実績を出し8月決算までの目標設定を上方修正、これから4ヶ月のCash Flowをチェック、経費の予算立てをする。兎に角、全てに於いて
『我が道を行く』の画像

5月12日、東京本社候補、オフィスビル見学、西新宿某ビル34階、60坪窓は東南の方向にあり東京タワー、フジテレビ、レインボーブリジが一望でき近くは新宿御苑、西口公園の緑が鮮やか、夏の隅田川の花火が見れるらしい、保証金12ヶ月¥20,412,000−、月額

5月11日PM8時半より会議、今まで店頭公開なんて私自身、夢のまた夢正直、考えてもいませんでした、しかし、この数ヶ月、店頭公開した企業規模のさほど大きくない会社50社ほどを一つ一つ丁寧に見ていくと、途方もないことでもない事に気付いた、それと私の20数年来

OA機器(コピー機など)オフィス家具のリサイクル屋と言うのは、認知度も低く社会的地位もまだまだです、暗い倉庫みたいなところに埃の被ったスチール家具が並ぶそんなイメージが拭いきれない感があります、本当は廃棄をしないでし再利用されると言う事は地球環境を重んじ
『大きな目標と夢を追って社会貢献を』の画像

顔振峠の名の由来は義経一行が源頼朝の追ってを逃れ奥州にむかう途中、この峠に立って振りかえった時、何重もの山波を見て余りにも雄大で美しく今までの旅の疲れを忘れさせてくれた事から付いたらしい、pm4時半、近くのベンチでごろりと横になり白い藤棚のよい香りの下、
『限界に挑戦歩く(頂上)』の画像

             ここから3.5k先の顔振峠(かあぶりとうげ)を目指し登る、途中の川のせせらぎの音、鳥のさえずる声、咲き乱れる花、草木、風、太陽の光、自然のエネルギーを体いっぱいに受け漲るパワー  
『限界に挑戦歩く(3)』の画像

福徳寺(武蔵野33観音30番札所)から緩やかな登り勾配を2.9kユカデに向かう、杉林を抜け、エビガ坂、所どころで、毛呂の町並みを望みさらに1.5k、下から吹き上げるやさしい風が汗ばむ体を心地よくしてくれる
『限界に挑戦歩く(2)』の画像

5月5日晴天、pm8時、自宅を出発、今日は乗り物は使わず、自分の体力と気力に挑戦、先ずは高麗までの道程約20kを時速5khで目指す、幸いにもまだ車の量はいつもより少ない、12時16分第一の目的地、到着、バナナ1本と水分補給で休憩を取る、次に目指すは東吾野
『限界に挑戦「歩く」』の画像

今年で82歳となる母と84歳となる父を連れ、近くの温泉に行く、どちらも足はおぼつかず、母は薄がりになると目も朧げにしか見えない、外の天空露天風呂に入れてやろうと妻は母の手を引き、父は杖を頼りに板の廊下を歩く、途中かなりの階段があり、ここらが限界と母を背に

↑このページのトップヘ