2008年02月

2008年02月29日

アナログもいい

 311e69e6.jpg                          万年筆を紛失して1年、

  久しく忘れていた感触が戻ってきました

  かみさんからの時間差の誕生日プレゼント

  ワープロやメール全盛期のこの時代だからこそ

  手書きへのこだわりは大切・・・

  字がうまいかどうかは別にして、肉筆というのは

  体温が伝わり、そしてゆるぎない信念をもったメッセージは相手の心さえ打つはず


 



2008年02月28日

今日はワインで

7578a58f.jpgまだまだ寒い、たまにはワインで盛り上がって


2008年02月27日

お魚ホテル

303235f7.jpg築地の東急ホテルは流石に違う


「遠慮は禁物」

2d99241e.jpgテレビ朝日で3月4日(火曜日)から流すCM画像及びテロップの最終確認をする、前回より更にパワーアップ満足のできになりました。

日本放送のショーアップナイターのラジオCM、「やるまん」、テレビ東京のビジネスサテライトなど取り上げて頂いたり、外注でお願いしたPVや音の「ロゴ」など製作に立会い経験し、遠慮は禁物と実感、本当に良い作品を作る為にはクライアントと製作会社とが忌憚のなく意見を出せることが大事と。

「音」のロゴ製作の時も、相手は音楽のプロと遠慮があったが、遠慮はかえって失礼と認識し、製作会社の担当もミュージシャンも「良い作品を作ろう」とみなさん必死なのだと。

そう言う意味で、会社の会議でも、お客様との打ち合わせでも真剣だからこそ意見が対立することも必要、大人しすぎる会議では、いい作品「会社と言う」は生まれないと痛感する。



自分を見るもう一人の自分

昨日、25年前にお世話になりました会社のささやかなOB会に参加しました。

昔、話に花が咲き、時を忘れ色々とお話しました。

昔を思い出し「ふっと」と、あの20代の頃自分の目線から見た、課長や部長、役員、社長って結構、大人に見えたり、風格があり立派に見えたけれど、よくよく考えたら今の自分はそんな方達の歳を超えている、果たしてあのころの目線で自分を見たとき、どんなもんだろう。

 とても自信がない、恥ずかしい、どう鏡に映しても、風格のカケラもない

まだまだ、懸命に生きないと、そんな顔にはならないのかな

昔、倫理社会の授業だったか、道徳の時間だったかリンカーンが、「自分の顔に自信をもてるように・・・」みたいなことを綴っていたような記憶がある。



2008年02月26日

最初の一歩

子供が産まれ4ヶ月目で首が据わり、7ヶ月目で「はいはい」、9ヶ月目で摑まり立ちし、早い子で11ヶ月目で最初の一歩を踏み出す、当然、その一歩も摺り足そして一歩進んでは、尻餅で「ドスン」と    または前のめりの一歩かもしれない。

 経営者としての始まり  起業家としての決意の「一歩」

 それは、不安と希望の一歩、   失敗を恐れるなと言っても

 未知の世界、場合によっては失敗したら1文なしになるかもしれない

 それに打ち勝つためには、「失敗」と言う文字は8ポイントの大きさで

 「成功」と言う文字は64ポイントの実線の文字で書いてみると

 いいかもしれない、そしてイメージする

 「ポジティブに俺は絶対成功するんだ」と信じること

 そして先人達の失敗と成功に学ぶこと

 



2008年02月25日

バランス・スコアーカード

9b25c451.jpg我が社の「社労士」の先生はバイタリティがあり、非情に優秀だ、当然、勉強家でもある。

そんな氏からのお奨めの一冊、「実践バランス・スコアカード」これは日本では2000年始めに紹介され注目を浴びはじめた「企業業績把握の考え方」の本である。

財務諸表からは今現在の経営安全率やキャッシュフロー、将来予測などが読みとれるが

 

これは経営財務の視点、顧客の視点、業務プロセスの視点、社員教育・活性化の視点4つの視点から現状分析をして将来の予測を計る目的のもの。

なかなか面白い、結構納得できる、じっくり考えて社内で活用できれば幸い

経営企画部長に言わせると、否定する情報も入れないと遺憾らしい、、まだまだ 人間未熟  未熟  痛感する日々 


 



絵画の世界

db70115b.jpg今朝の富士山はまるで絵画から飛び出してきたような素晴らしいものでした。


 



2008年02月24日

春 の出会い

215d5043.jpg   梅ほころぶ

相変わらずの強い風     意を決して

    戸外へ 散歩

     「春も もう直ぐそこまで」

   昨日の春一番もまんざら 嘘でもないかな

t



2008年02月23日

Swing

a601aea5.jpg 

GINZA SWINGにてゴスペルを聴く

もうとっくにボトルが切れていました

随分、来なかったんだなあと

しみじみ

  20代に足げく通った日々を思い



銀ぶらり

8915a754.jpg

 

久しぶりに、夜の銀ぶら

 

 

 

                   

j
 



服部の時計台

256f95f1.jpg

 

 時代は流れども

       変わらず



春一番吹き荒れる!!

84d4d5ba.jpg目も開けておれない強風

轟音とともに霰が

目を瞑って撮ったら

「指」まで映ってしまった

         「本当に春一番



似顔絵大作戦

25dcfd98.jpg「顧客化戦略」の一環として

我が社におけるコピーの保守業務は、単なる修理やメンテ料金を頂くだけでなく、お客様とより密接な関係を構築し、担当者一人一人の顔と名前を覚えて頂き、精一杯のサービスをご提供すること

そこからお客様とのよい関係が生まれ

お客様に心から喜んで頂くこと可能となる



おすすめの一冊

29e6c30e.jpg

Live  with  Passion! 「情熱的に生きよう」

情熱さえあれば、道は開ける

 

人生は”自分で決めた値段”になる!

強くなりたければ”強いふり”をしろ

「目の動き」一つに”重要情報”が込められていて 「誰でも視覚、聴覚、体感覚と言う三つの感覚を持っているが、その中の一つだけが突出している場合が多く、そして相手がどの感覚タイプなのかわかれば、自分のメッセージを届くやすくなる」

   「自分に制限をつくらない」

1. あなたを大切にする「不思議な力」

2.「勝利の方程式」のマスター法

3.自分を変える「信念強化」法

4.「成功者のメンタリティ」7つの法則

5.「一瞬にして劇的に」自分が進化する

6.「やる気」が自動発火する身体のつくり方

7.相手の「深層心理」を鋭く読む方法

8.カリスマが必ず持っている「三つの武器」

9.「戦わずして勝つ」言葉の魔力

10.「新機軸を打ち出す」のが上手い人

11・「つねに最高の自分」を引き出すプログラミング

12.富と成功「5つのカギ」

13.最後に、あなたの成功する確信!!

宜しければ

 


 



2008年02月22日

「オズの魔法使い」

9b04972f.jpg主人公ドロシーが竜巻に巻き込まれ、不思議の国へ飛ばされる物語

故郷カンサスに戻るために旅をはじめたドロシーは途中で「脳みそのないかかし」「心のないブリキの木こり」「勇気のないライオン」に出会う。

それぞれが「何か」を喪出している四人は協力しあって足りないものを探し求めることにする。

だが実は「脳みそのないかかし」は非情に頭がよく、「心のないかかし」はとても心温かで、「勇気のなライオン」百獣の王となり素質をもっている。ただみんなそのことに気づかず自分達の「価値」を見失っているだけ。R.Eric.Reidenbach著より

今、多くの企業はリピーターを獲得しようとマーケティング戦略を立てながらも、自らの「価値」を見失っている。

 「己を知らずして、正しいリピーターをつかむことは不可能である」



2008年02月21日

テレビCM決定

3月より、昨年に引きつづき、テレビCM放送開始!!今度はスポットCMではなく、朝の報道番組のスポンサーとしてしっかりと放送されます。詳細は3月に入りましたらお伝えしますので乞うご期待下さい!!

テレビCMの社内効果

 社員のモチベーションが上がること

  「うちの会社って朝の報道番組のスポンサーやってるんだよ」

 家族や友達に自慢しちゃいます

 私もサラリーマンの時、初めて自分の会社がテレビCMを流した時

  家で女房殿と見ていて 何故か誇らしかった(*^▽^*)

 そして 「愛社精神も」ふつふつと   また4月入社の内定の社員にとっても



2008年02月20日

会社説明会

いよいよ、2009年4月採用予定の求人活動開始、今更ながら、ある程度の規模、社員数になると、つくづく「いい人材の発掘」が重要と痛感する、同じ投資額で仕事の処理の能力が3倍以上違うことも決して稀ではない、またモチベーションの高い人材は2、3年でキャリアをも凌ぐ、そんな人達で一杯になったら、恐ろしくいい会社になるだろうなあ

能力3倍の人なら3人のところを1人で済む訳だから1.5倍の給料も可能となる、将来は、社員の数が少なくて収益が伸びているそんな会社を目指したい

3日前にスタートした「毎ナビ」での募集の結果、既に国公立私大含め257名のhttp://job.mynavi.jp/09/pc/search/corp79510/outline.html

エントリー、その内、会社説明会参加希望者が49名、まずは本日から説明会実施、本日はなんと90パーセント以上の出席率で、面接を受けたいと言う学生が1名を除き全員となった。

とにかく「目のギラギイラしたやる気のある学生さん」に会うのが今から楽しみだ!!

我が社は指示待ち人間はいらない、自ら創造し、どんどんチャレンジ、失敗しても失敗しても立ち上がるそんな不屈の社員を求む!!

  一方、そんな社員は「遊び」でも如何なく発揮、従って大いに盛り上がる事、間違いなし

 もう既に6月に大運動会を予定、宿泊施設と運動場は押さえてある

リレー・綱引き・玉ころがし・二人三脚・全員縄跳び・パン食い競争・フットサル・ソフトボールなどなど企画は盛りたくさんである、へとへとになるまで朝から夕方まで体を動かし、夜は泊まってドンちゃん騒ぎなんてどうかな?



2008年02月19日

スピーデイーに

気か付いたことは、毎日改善、即実行、そして続けること、改善点は会社を継続している限り、永久である。

  「日々改善」「日々改善」

改善点がなくなった時、会社は終焉を迎えてしまうだろう。



2008年02月18日

石の上にも三年

4月に更なる新店舗オープン予定となる。

既にビルオーナーとの面談も終わり快諾も頂いている

都内の中心でオフィスビルが林立するビジネス街、今までの店舗の立地条件と比較しても最高のところであり、勿論、坪単価も一番だ、そしてビジネスマンの通りも一番である。

この地域は滅多に空きの出ない場所で3年越しで待ち続けた物件である。

先日、営業会議でこの新店舗の店長になりたい人は積極的に言ってくるようにと伝えてある、そしていくつかの候補者が・・・

この店舗は今までとはまったく違ったコンセプトで運営する予定、既に「空間デザイナー」と打ち合わせ開始!!



2008年02月17日

C11が走る

70d54834.jpg遠くから汽笛が聞こえる

懐かしい 匂いがする

懐かしい音が聞こえる

懐かしい 思い出が蘇る♪

 



2008年02月16日

メッセージ

2ヶ月に一度の保守会議も4回目となる、全員が全員、体型も顔も性格も珍しいくらいにまったく違う面々、照れなのか、あまり目を合せない子、自信だけは一人前だけど、「う〜ん」イマイチと言う子、言葉がまったく出ない子、そんなスタートだったが、回を重ねる毎に顔をしっかり上げて目線を合わせ堂々と先頭を切って話せるようになったり、技術の向上が著しかったり、確実に一人一人が変化してきているのを目の当たりに見て、自分の役目を痛感する。

会社の代表である以前に、伝えていかなければばらないメッセージがあるはず



2008年02月15日

「幸せの神」とお友達になるための会

昨日、一回目の「私塾」を東京会場にて8時半から開校しました、これはまったく強制でなく「幸せの神」とお友達になりたい人の会です

初めに・・・「何故働くの?」「何故転職したの?」「何故生きるの?」、「今まで人生で一番嬉しかったことは?」

暫く話していくと、中には一瞬、目が輝いた人も居れば、キャリア、モチベーション不足でコーチングと言うよりはティーチングが先に必要な人もいたように思います(この人達の教育は私の範疇ではないけれど)

キャリアはあるので、ちょっとヒントを与えたら、大きく成長する人、モチベーションは持っているけど、キャリアが足りない人、野球で言えば、ルールも体力もない人にコーチしてもうまくなる以前の問題ですもんね、またそこにやる気もなければ、「球場に入らず帰って下さい」そんな感じになってしまいます。

取り合えず、3冊の大学ノートを用意してもらい、日常のその記入方法から・・・

みなさん、取り合えず真剣に聞いていたようです、来週22日は所沢会場にて同じ内容で予定、本音を言えばモチベーションの高い人少数の方が、全員洩れなく質問もぶつけ易いし、もっと面白くなる、次回からティーチングの基礎が必要な人は各、所属長に任せることとする。



2008年02月14日

光と影のファンタジー

mp昨日は今年最大の爆弾寒波

気温が低いからこそ見れる夕焼け、

目の前の建設中のビルに映る太陽

この広い東京の空の下、沢山の人達が悩み、苦しみ、喜び、涙し色々な人間模様を織り成しているのだろう、そしてこの私も・・・

最近、この光景に癒され、救われるているように思う



2008年02月13日

ドングリと霜柱

f林の中を歩いていると

 どんぐりの下に霜柱が立っていて

  ざくっ ざくっと 

    気持ちの良い音がした



2008年02月12日

継続こそ力なり

   今年最初の起業家セミナーそして異業種交流会

  もう3年目を迎える、企画進行役の笠井君も25歳となる

        沢山の人の前で堂々と・・・

     「人は仕事を通して磨かれていく」

     まさに彼はそれを実証してくれている。

     もうどこに出しても恥ずかしくない存在だ

 

  「かわらばん」も 2003年10月に第一号を出版してから早いもので      4年と4ヶ月目、発想することは簡単なことだが、それを続けていくことは決して容易いことではない、多分、私が編集長だったら続いていないだろう、担当頂いている荒井さんに感謝、感謝(^▽^)



2008年02月11日

2008年02月10日

また雪の日曜日

mでも札幌では昨年より16度気温が低く

雪祭りの雪像は昨年のように溶けることはない

誰かが大変な時、一方で助かっている人もいる

「世の中は綱引き」   バランスで

成り立っている



2008年02月09日

ガチンコでどう向き合うか

2月14日より「室井塾」なるものを社内にて再開する、これは会社のためと言うよりは、それぞれの「人生をどう生きれば幸福になれるか」をテーマに    「自由参加」

 成功のカギは、おおいに立場を越え話していけるかに尽きるだろう

はたして、どうなることか・・・

 一年間の継続が大事、最後に「志」の高い人が一人でも二人でも残ってくれればそれで充分

    

今日もあいにくの雪、ただ頭の中も、心の中も、すこぶる晴天なり

 



カメラ小僧

小手指駅の車庫には、新しいデザインの電車が留まっていた

2

 

    1