2008年04月

2008年04月30日

散歩道

71df8f38.jpg

 

晴天、気持ちのいい朝

b59918b7.jpg

散歩道には

いつも辿る道でも色々な発見がある

そして癒しの世界も

6b6b642f.jpg
 



2008年04月29日

赤と白の発見

258c4e0f.jpg自然の中で、これだけ見事に上下で「赤と白」を見せてくれるのも珍しい

上が白のハナミズキ

下が赤目

散歩中に見つけた、楽しい発見



2008年04月28日

ゆっくりとした時間

898d6347.jpg今日は世間さまでは連日の谷間、電車も街もいつもより疎ら、時間が「ゆっくり」と過ぎて行く

こんな日は寧ろ特をした気分だ!


2008年04月27日

101回目のプロポーズ

5ea6c9d1.jpgトンネルを抜けるとそこには眩いばかりの光が・・・

辛いという文字も10回重ねると「十プラス辛=幸」  プロポーズも一度や二度振られても100回振られるくらいで考えれば101回目には情熱が誠意が通じ、楊貴妃だって小野小町だってオードリーペッバーンだって落とせるかもしれない。

公私ともに一つの目標をもったら、それに向って努力しチャレンジし100回失敗して次ぎの1回目で達成するつもりで考えれば恐れるものはない、勿論、チャレンジする前に「無理だ」と思ったら論外!

今までの人生、思いおこせば、極貧でも工夫しながら何もないなりに生活していた時や、眠れないくらい悩んで苦しんで時間を送っていた時、目の前の仕事に対して、お金のためではなく必至に取り組んで働いていたとき、そんな時間のほうが不思議に「懐かしく、清々しい思い出ばかりだ」

何度も何度も   そのトンネルの先には必ず・・・



2008年04月26日

物音一つなし

0c4514bc.jpgこんな静かな場所がある

「羽鳥湖」に 釣り糸をおとして


 



2008年04月25日

昔ながらの銭湯へ

f03fe8c9.jpg東京は渋谷区代々木から新宿に向う裏通りにそれはあった。

仕事中にも関わらず、何だかこの緑の暖簾を括りたい衝動が湧いてきて暫く立ってた。

小学生のころ父の転勤で風呂のないアパート暮らしを余儀なくされた時は、洗面器とタオルをもって家族4人銭湯通いだった、風呂上りにいつも買ってもらう冷たいコーヒー牛乳が格別だった。そして故郷を離れ学生生活、6畳一間のアパート、風呂なし便所は共同で確か1万6千円なり、いつも金がなかったので台所の流しで髪を洗い体を拭いた、3日に一度、近くの銭湯に行く、たっぷりとお湯のはった広い湯船に手足を伸ばし何時間もつかっていたことを思いだす。

今やスーパー銭湯の時代、何種類もの湯があり、サウナがあり、そんな銭湯もいいが・・・。

毎朝、新聞を広げると必ずといっていいくらい殺人事件の記事

こんな殺伐とした時代だからこそ、湯船につかると富士山の絵があるような昔ながらの銭湯も、りっぱな設備以上に「疲れた心」を癒してくれるのではないだろうか。

こんど是非、暖簾をくぐり、広い湯船で鼻歌でも歌い、湯上りの冷たいコーヒー牛乳を頂きたいもの。



2008年04月24日

ピンチの裏側

少しずつ、「不景気」と言う風が体感できるまでになってきた

今度の風は今までと少し違うようだ

今までは売上げが低迷し、仕入原価もそれに比例し落ちてきた

今回は小麦・石油・鉄などの原材料が値上がりし

それに比例し電気・ガスも6年ぶりに値上げされる

売上げが落ちて、それに反比例して仕入原価・製造原価も上昇

結果、利益がとれない

これからが本当に企業力の真価が問われるところ、淘汰の世界だ

我が社は今だからこそ、積極的にいい人材を採用し

店舗、担当者の質の向上のための教育

明確なコンセプトのもと店舗ごとに特徴のある店創り

四谷店は新しい ブランドでのスタート、「研究開発費」として

こんな「風」が吹く今だからこそ、チャンス到来!



2008年04月23日

本村洋一さん一家に捧ぐ

5ec7f511.jpgお疲れさまでした

本来、生きていたら9歳となる娘さん

奥様、安らかにおやすみください



2008年04月22日

正義は生きていた

d05b4f88.jpg今日、山口光市の母子殺害の判決がでた、「死刑」近年の死刑執行実績は確か日本は世界で9番目の死刑執行国らしい。 私は死刑を積極的に容認するわけではないが、今回のケースは許せるものではない、最初からその目的で侵入し奥さんを凌辱し絞殺、泣き止まぬ生後数ヶ月の幼子を床に叩きつけ簡単に命を奪ってしまう。 逮捕された後は刑務所から友人に「どうせ俺は未成年だから数年で出所する」なんて手紙を出す、こんな人間のどこに情状酌量の余地があろうか・・・本村さんには長い間お疲れ様といいたい。また死刑阻止だけの観念で死者や遺族を冒涜し非人間的発言と弁護を繰り返した弁護団に対して強い怒りを感じる。とにかく正義はまだあった事に深い安堵感をおぼえる


ジャスミンの花が咲くころ「我が家の四季」

b3ba062e.jpg

 

 

4月の終わりにつける黄色い花

そして芳香3f275298.jpg

 

 


 



2008年04月21日

キャリアパスの大切さとマラソン

「人は自分の進むべき方向が明確であることが如何に大切か」

その前に・・・

5kの福生駅伝を走って思ったこと、繋ぐことの責任の重さと、5kと言う距離は短距離走みたいなもの、全力疾走で殆ど考える余地がなく苦しいだけ、10kの距離は各地のマラソンを走ってみて・・・、多少、周りの風景が目に入るが苦しさに変わりなし兎に角ゴールに飛び込むだけ、20kのハーフマラソンの距離は、序盤はじっくり入っても、まだまだ残された時間がある、そして走りながら沿道の人の顔も、森や川、街なみを見る余裕はある、そして関門毎の目標タイムを比較しながら自身の今日の体調を確認しながら「じわり」と楽しいなあと思えてくる、そうしている内に中間地点が過ぎ、これならもう少し飛ばしてもと、目標のゴールタイムを上方修正・・、残り3k、2k、1kになると自分でも信じられない底力が湧いてくる、人はスポーツに限らず目標に近づくとよりスピードUPが可能となる、そしてホノルルの42.195k、前日インストラクターにあれほど暮々も前半はスローで最初の5kは歩いてもと指導を受けていたにも関わらず、逸る気持ちを押さえきれず、どんどん前に押し出され、ついには前年のアテネの覇者「野口みずき選手」の見える位置から彼女の撃つピストルの音とともに飛び出す、左手には花火が何発も・・・ダウンタウンの方へと向う、12月の二週目の開催とあって、クリスマスのイルミネーションが沿道の家々に瞬く、気分が高揚し全力で走り始める、最初の10kを47分で通過するとあまりの調子の良さに「このまま行けば・・・」なんて考え欲が、20k地点で右足の膝がそしてついにはそれを庇っているうちに左足も給水所の後方の氷で冷やしながら、休みながら、沢山の人に抜かれながらも、ようやくゴール手前4k、しかしゴールに近づくにつれ痛みも忘れ、前に前に・・・終わってみると清々しく達成感、そして振り返った時、まさに人生そのもの凝縮された時間、先人の忠告、沿道の温かさ、険しい登りがあれば必ず下りがやってくる、諦めないことが、最後まで遣りぬくことが成功への道、ゴールへまでの目標管理の大切さ・・・

仕事においても、先々週の引越しではないが、リーダーがしっかりキャリアパス「あなたは、いつまでに、何をしなければならないか!!」目標意識を持たせ、自らもそれをチェックし、行動しなければ、下につくものはどこに行っていいのか、何をやっていいのかわからない・・・

今までは一方的に、新入社員の「どこまで達したか」と言うキャリアパス評価だったが、本来は個々人が自ら立案し、それを上に立つものが再確認、指導し、週単位、月単位でチェックし実行していってこそリアルに効果が生まれる

スポーツでも仕事でも失敗はつきもの、いやむしろ失敗の中にこそ、次なる一手があるように思う。

まだまだ人生も会社も始まったばかり、驕らず、真摯に前に進もう・・・



2008年04月20日

しんごろう焼き

福島県南会津地方には、「しんごろう焼き」と言う郷土料理がある

b74fd26f.jpg                                             ご飯を硬めに炊いて、串に包むように握り込む

じゅうねんと味噌、砂糖、酒をよく摺りこみ

囲炉裏でじっくりと焦げ目がつくまで

回しながら焼く、そうすると香ばしい匂い

とともに食欲が一層増す・・・

南会津に足を運ばれるかたは一度

ご賞味あれ



2008年04月19日

満開の鶴ケ城

7de6b032.jpg結婚して30年、満開のお城の桜は初めて

連休に帰ると殆ど、お堀には花びらが落ち

葉桜状態、今回は思い切って土日の一泊二日で

7b226561.jpg4ee257f9.jpg
ceefb0bb.jpg15172dcb.jpg



2008年04月17日

素直が一番

今年の新人君達もいよいよ、少しずつ始動、慣れない中でそれぞれが良い持ち味を出しながら一歩を踏み出たようです。

私の偏見だったのか、世の新入社員の方達がほとんどがそうなのか?

我が社の方達が特別なのか・・・

とても前向きで素直な人達ばかりです、そう言う意味では2008年4月の採用は大正解でした。

受け入れたものとしては、この素直な気持ちをいつまでも大事にし、「ああこの会社に入ってよかったな、遣り甲斐を感じるなと思ってもらえるような、魅力ある会社にしていきたいと思います」

勿論、本人の日々の努力が一番大切な要素ですが・・・

 



2008年04月16日

思いがけない風景

97fc0048.jpg千駄ヶ谷にて「働きやすい職場をつくる7つの方法」と言うセミナーを受けてきました。新卒者に限れば我が社での離職者は私の記憶の中では五年以上存在しません。

従って今日の内容は殆ど満足してました、寧ろそれ以上の事をしていると思います

そういう意味では再確認の時間でした。

明治神宮球場からセンタービルまで歩いて帰社


2008年04月15日

胸熱くして

a8b3cd52.jpg弊社の社外報「かわらばん」に今回ご登場頂いた、保険マンモス古川社長の「アナタの保険500万円安くなる」が出版され、本日、紀伊国屋に行きましたら大きな幕が下がっていました。

先先週、一緒にお酒を頂いた時、出来たての本を嬉しそうに抱えて出版秘話を話しておられ事を思い出し、何故か胸が熱くなりました。とても聡明で奥さん思いの温かい方です、最後のページには奥様への感謝の気持ちが書いてありました。今度、四谷店では一緒にコラボさせて戴く予定になっています。

dc6a8c4b.jpgf9dce8a1.jpg



2008年04月14日

BMIと学業は反比例する

スポーツと学業の関係は古くから賛否両論あるようだ、運動と学力について調査しデータをとると20メートルのシャトル走で持久力を測定するとこの成績の良い人の相関する科目は算数らしい、運動と算数の成績はなんと48%もの確率で一致するらしい、「ビジネス脳のススメ」池谷祐二著より、

茂木健一郎の本に「脳の中の人生」と言う一冊がある、

脳をめぐる「難しい問題」その究極はすなわち、この上なく複雑であるといってもやはり物質に過ぎない脳にいかにして「心」を宿らせるかであると言う一節がある、すべてにおいて「心・脳・体」の連携ではじめてなせるものではないだろうか

私自身もとんと有酸素運動ができていない、せめてと最近は意識して階段を使うようにし、時間にゆとりがあれば一つ先の駅で下車し歩く、ただただ若いころならまだまだ消費カロリーも高いし新陳代謝もよかったが、そろそろ危ない、「心」を中心に全てを鍛しものが・・・



2008年04月13日

教訓

先週、二件の引越し作業をしました。

一件は恵比寿でそしてもう一件は早稲田「保守チームの社内の引越し」

その内容は好対照のものでした。

その中から経営者として大切なものを学んだ気がします。

 

部下がいるものはコスト意識を持て、そして厳しさを持て

限られた時間の中で目的意識と遂行意識を明確にし

そのためにはどんな段取りで目的を達成し遂行するかを頭に

入れて、自分達の戦力に合った戦略を立てよ!!

 

その戦力を強化するも弱体化するも、部下を持つ人間の

責任でありメリハリのついた厳しい指導が日頃からできているか否かに

かかっている。

しかし、その人選、リーダーに対しての指導は全て私の責任である。

従って全て自分が悪いと言うこと。

 

 部下をもつと言うことは、会社のお金を預かっているのと同じ!!

リーダーがパニックになり、自分だけ一所懸命では、そして部下に指示を出さないのでは人件費を垂れ流している状態!!

 

そんな人にお金を預けたら大変なことになる!

 

勿論、色々なセミナー、書籍等で解り過ぎるくらい解っていたつもりでしたが

 

同じ一週間でまさに恵比寿物件はどう見ても建物が複雑な上にエレベーター

もなく廃棄物が4tトラックに何台も発生し紙ごみ、不燃物の仕分けもあり、什器

も殆どが組み立て式、とても2日で終わるはずのないものを見事完結!!

 

一方は25坪から25坪へ・・・

 

100人以上の企業になったら組織を形成する上でリーダーの資質が勝敗を分ける事は必至!!

 

この一週間の体感は今後の自分にとって大きなプラスをもたらすだろう・・・



2008年04月11日

さかな釣り

82a9430f.jpgJR市ヶ谷駅の釣り堀ではこの暖かさに誘われサラリーマンが釣りに興じていました。


2008年04月10日

気立てが一番

49c902c4.jpg4月1日から始まった新入社員研修も予定通り本日で一段らく、なかなか個性豊かな性格の良い人財がそろったようで、これからが大変楽しみだ。

仕事が出来るできない以前に気立てがいいことが一番、それがあって初めていい仕事をするもの。

明日以降はOJTで・・・



2008年04月09日

一丸となって

983118b1.jpg今日は昨日のどしゃ降りが嘘の様に晴れ渡る、絶好の引っ越し日和  「恵比寿より」

本日は新人研修を兼ね、ある閉鎖した会社さんのリサイクル活動をしました。解りやすく言うと撤去作業、「地球環境に優しい事業」を提唱する我が社にとっては基本中の基本、

それを23期生に体験してもらう趣旨と

22期生も2年目となり、指示待ち人間ではなくどう自発的に行動できるか!!成長度を見る目的

そして・・・

下手な親睦会を開くより、みんなで声を掛け合いながら力を合わせ一日活動すること、車座になって弁当を頂くことそんなところから会社の輪ができる

そして経費節減、文具等、再利用できるものは我が社では一切購入せず

また我が社の運送チームはピカイチでした、リーダー荻野君の日頃の教育の賜物、そして22期、23期生を各チームに分け、運送チームがそれぞれそのリーダーとなり、効率よく活き活きと行動してました、前日からの作業にも関わらず、疲れどころが輝いて見えました。

一日こうして行動をともにしていると、色々なこと見えてきて私自身もおおいに勉強になった次第・・・

もちろんは私も作業服を着て、運動靴で一作業員として(^▽^)

あまり戦力にはなりませんでしたが・・・



2008年04月08日

天は我を見捨てたのか

春は3日連続で晴れないと言うことばがあるが本当に寒い寒い土砂降りの一日でした。しかししかし、どう言うわけか今日に限って隙間のない外出スケジュール

新田次郎原作の「八甲田山死の彷徨」明治35年に青森の歩兵第五連隊が雪中行軍の演習中に記録的寒波に由来する吹雪に遭遇し210名中、199名が遭難した映画で北大路欣也演じる大尉が天を仰いで「天は我を見捨てたのか!!」と言うセリフがあったが・・・

まさに、今日の雨はそんな感じでした(ーー;)



2008年04月07日

日経新聞を読む人、読まない人

17023469.jpg今月号は

また 読売新聞務台 VS 圓城寺のビジネスモデルの違いが興味深いものあり

オーシャンブルー、他社と競争しない

共存できるものを持っていることは

大きいこと。



2008年04月06日

感謝や感動を大切に 初心な お店 「うなぎ」

b4202c65.jpg昔は「うなぎ」が苦手だった     何故か?

愚かな話、「うなぎ」と言うのはドジョウが成長したものと本気で思っていた

田舎育ちの私は、よく川へ魚採りに行った、また田んぼの畦道の横を流れる水路でドジョウを掬い、家に持ち帰った、そうすると必ず、夜か朝の味噌汁にドジョウが入っていた、それが嫌で嫌でその内、家に持ち帰らなくなった。

社会人になり、営業で伺った浦和のお客様で「縫製会社」を営む中堅の会社があった、そこに通う内に社長に気に入られ美味い飯を食いに行こうと連れて行って頂いたのが浦和の「小島屋」さん、大きな皿に3匹並んだうなぎには度肝を抜かれた、また肉厚で軟らかくそれはそれは美味かった!!  それから10年後、ようやく自腹で食えるようになり、年に一度は訪れる場所だ!!   

今でも、あの感動はしっかり胸に残っている、またその社長さんとは、ハガキでの近況報告は続いている。

感謝や感動はつねに心の中に

  そして自分がこれまでに 生きてきた証であり大切な宝物

小島屋さんの庭に咲くしゃくなげ・・・57974bb8.jpg



2008年04月05日

4時間の死闘とワクワク

90e073ec.jpg朝から始まった、内装工事屋さんとの打ち合わせは延々四時間、既にデザインは出来あがっていたが、いざ最終となったら、どうもイメージが・・・

もう一度、白紙にもどし、現場でキャタツに腰をおろし「目を閉じる」

ようやく鮮明に

相手はいつもお世話になっている内装やさん、色々アイデアを出し、かんかんがくがく、楽しい時間
完成までワクワク


忙しいのが嬉しいの実感

9095f41b.jpg今週も月曜から飛ばした飛ばした、昼夜ともに、昨日も午後から新入社員と、そして役員会議、営業会議。
本日は朝から四谷店最終打ち合わせ
ここが正念場、今日もやるぞい(^▽^)
仕事は楽しい

上智大のさくらももう終わりかな・・・


2008年04月04日

作文コンクール

1ddcd4e9.jpg「一年を振りかえって」22期生の作文コンクールに馬場君と大塚さんを表彰する、この一年でみんな随分成長したものだ!

2b80657f.jpg



新宿から見る夕映えの富士

eeebe43b.jpg都庁方面に2b434f74.jpg「暮れなずむ」

 

街の灯りと山裾の夕日



2008年04月03日

研修の中のフットサル大会

本日は夕方より、とても懇意にさせて頂いている起業家支援の雄、ビジネスバンクさんが主催する、起業家ビジネスバンクカップ「フットサル大会」にチームとして23期生で参加させて頂きました、スポーツを通して、一人一人の個性が見えてとても意義のあるものでした。

o