2009年03月

2009年03月31日

夜桜お七

da32f6a5.jpg今年最初の夜さくらを見る。


最高の一冊

3dcc01ee.jpg木のいのち・木のこころ 西岡常一著 新潮文庫

木の節、曲り、癖、決して悪いものではない、使いかた次第、うまく使えたら、その方がいいところもある。人間と同じ、僻の強いやつほど命も強い、僻のない素直な木は弱い、力も弱いし、耐用年数も短い。

私も今年の新人達には、丸くならず、個性を大事にするように説きました、でも全ては育てる側にも大きな責任があります。

法隆寺三重塔など復旧した最後の宮大工が書いたとても深い話でした。

そして、おなじ心ある社員に読んでもらい、一緒に千年以上の檜の木建造物、法隆寺群と大工の里を訪れたくなりました。経営者は必見!!この本に出会えて幸せ。

明日は2009年入社式。



朝の散歩道

79a97f49.jpgf0131973.jpgそっと手を合わせる・・・

最近、神社などお賽銭をあげる場所で手を合わせても、心や頭の中に何も浮かんでこない。

以前は、自然と手を合わせ目をつむると何かしらお願いことが出てきたように思う。

今は頭の中が透明。「どうゆうわけか何も浮かんでこない」

朝方は曇りだがどうやら今日も晴れるそうだ。



2009年03月30日

浅田真央敗れる!

これで来年のバンクーバーはメダルの可能性大、人間は敗れて成長する失敗して成長する。そういった意味では敗れて正解!メダルの宿命を背負ってこの一年時間を刻むのと、新たに一から挑戦者の立場で刻むのでは全く気持ちの持ち方が違うはず、事実、浅田はメダルに届かなかった事の悔しさより、この一年の戦いが終わった事に安堵し、穏やかな表情を見せているようにインタビューを通して伺える。


朝の散歩道

春本番、菜の花・さくら・水仙が咲く、春本番だからこそ、「朝の散歩道」いろいろな風景に出会える、このブログを見て頂いているあなただけに

毎朝、今日から2ヶ月間、爽やかな風をお届けします。愛犬とともに。

お楽しみに・・・

a413ccfe.jpg

 

菜の花畑に入り日薄れ♪

    見渡す山の端、霞ふかし♪

 

e35b51e4.jpgae432f12.jpg8ac28f19.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

風もないのに「ブ〜ン・ブ〜ン」何の音かな?と上を見上げると茶畑の扇風機が音を立てて勢いよく回っている、もう少しすると新芽の季節がくる。♪夏もちかづく八十八夜♪



2009年03月29日

研修2日目

234bc59a.jpg6時起床、8時の朝食までの時間、早朝ディスカッション、男性5名、女性2名、7名の若き勇者たち。

全員が「EQ」はある、あとは育て方、8月31日までは私の管轄の中で、悪いところは悪い、はっきり説明して目的意識を持たせることに努めよう。

事業計画も大事だが、人を育てることも同じ重さで大切であることを今回の研修で私自身が身を持ってしみじみと感じ、勉強になりました。もっともっと本音で

4月1日は私が一日かけて・・・。



2009年03月28日

浅間山の夕焼け

7d441540.jpg有意義な一日、群馬県にある研修所で、4月1日に社員となる内定者と腹を割って話す。

浅間山は真っ白に雪をかぶり、わずかに煙りをたなびかせている、明日も晴天になる、夕日が美れいだ。


 



2009年03月27日

満開の桜

b6fe8513.jpgようやく寒さも和らぎ、さくらの種類によっては開き始めた。不思議に心も陽気に左右されるようだ。

なんとなくほっとする・・・。

明日は4月1日入社する新入社員をともなって1泊2日の研修に、「心からメッセージをつたえよう」そして今年一年のミッションとキャリアパスも。

自分の向かう先が分からないでは、その目的地までのタイムリミットが分からないのでは目標値には到底たどり着かない。



この一冊

7301f272.jpgスピードブランディング
鳥居祐一著


車輪をうならせ

6f629236.jpg嘗ては、ローカル線を走らせた車輪が今、ここに休んでいる。

とある喫茶店の店先で・・・



2009年03月26日

8番目の自分

私には8人の自分がいる、色々なタイミングで色々な自分がでる、別に多重人格と言うわけではない、すんなりと自然体で現れる、今日は幸せを一人占めする8番目の自分が。


横浜港まで

20355877.jpg都内は曇り空だが遠く駿河湾に朝の光がさし海が輝いて見える。


さくら前線遠退く

33050c5b.jpg昨日は2月の気候に逆戻り、そして今日もあたりの空気がピ〜ンと張り遠くの峰々の稜線を鮮やかに映しだしている。
さあ今日も


2009年03月25日

今週のお勧め本

b8244b4d.jpg凡才の集団は孤高の天才に勝る

キース・ソーヤー著


本やは最後!

aca9ebca.jpg以前までは時間をかけて紀伊國屋書店に本を買いに行っていたが、会社の隣に「ブックファースト」が出店してきました。 とにかく気に入った本や気になる本があると3分後には手元に!嬉しい限り!!


2009年03月24日

ありがとう侍ジャパン

86d242f5.jpg金だけじゃない!!意地もプライドも大事、そして熱くなれる

心をひとつにできれば、強くなる。会社も同じ。もっともっと更に正直に心を開いてぶつかって行こうと思う。

イチローを通して、日本チームを通して、色々なことを気づかせてもらいました。そして久々に体内の血が熱くなりました。



2009年03月23日

ヨーロピアンなアパートメント

081d100a.jpge5ecd496.jpg

とある露地を通り抜けようとしたら、異国の世界に迷い込んでしまいました。

 

なんとなくノスタルチックで心が落ち着く空気が・・・

私の前世ってヨーロッパにあるのかな?



2009年03月22日

夜霧よ、今夜もありがとう

870c8705.jpgBS放送PM8:00〜の番組、吉田拓郎(私の青春そのもの)が歌っていた。高校時代は井上陽水か吉田拓郎がフォークの全盛期。拓郎の歌が流れると自然に一緒に口ずさんでいた。(昔の歌はほとんど歌える)

b89a447f.jpg若い頃は金がなく、いつもピーピーいってた、酒なんて酔えればなんでもよかった。

           ウイスキーはサントリーのレッド(喉ごしが焼けるような)、ビールなんて飲めないからホッピーが精々、でもそれなりに幸せだった。

今日は生協で買った冷凍もんのビニールパックの鰻と角(随分、贅沢になった)乾杯!



それぞれの生きた証

第3回東京マラソンの日、昨日と打って変わって、曇りのち小雨、強風という、あいにくの空模様、今年も各地から3万5千人のランナー参加、なんと7倍の競走率だったらしい。来年は申し込んでみようと思う。ところでこの大会を機にマラソン日本記録保持者、高岡寿成(38)が引退、そして弘山晴美(40)、土佐礼子(32)も。                残念ながら集大成を目指した高岡選手は途中棄権となる。

スポーツ選手の選手生命は一般的に短い、スポーツ人生よりその後の時間の方が遥かに長い、輝かしい記録や表彰より、その後をどう生きたかが生きた本当の証。これからが本当の時間、ストイックなまでに自分をいじめ律すること、到底そんなに長く人間は続かない、私のような常人にはとても真似のできない事。もっとも才能もないが・・・。

一方、杉並区在住の田村栄子(81歳)さんは50歳からマラソンをはじめ、今日も最高齢で参加されるということ。

それぞれの自分だけの人生、他人の評価ではなく如何に納得して終われるか?どん臭くても全然いい、肝心なのは自分だ!

私自身5・6年前は、「30歳で起業し、有給休もなく366日働いた感があり、サラリーマンの方よりは気楽に辞表もだせず、色々なものを背負ってやっているのだから」50歳になったら「仕事」を終え、その分を取り返すべく、思いっきり「好きなこと」をして充実した残りの時間を歩んでやろうと思っていた。

ところが、ここに来て「好きなこと=仕事」になってしまった

人事にしても、如何に一緒に共鳴して行動を共にしてくれる人材を見つけ採用するか?(今は我が社も成長し、合わせてこの景気だからこそ充分可能性がある)その人材を如何に短期間で即戦力にできるか?一対一のガチンコでぶつかりたい衝動。そんなことを必至に一生懸命考えていくとヒントが見えてくる。

営業においても一緒に学習して、一緒に考え如何にそれを遣って楽しい面白いビジネスモデルを作れるか!そんなことができる仲間と一緒に行動を共にしたいもの。そんなことを考えなら時間を刻んでいく。楽しい、楽しくてしょうがない時間。

まだまだ、スタートしたばかり、納得するまでとことん、歩いていこう50、60と言わず、時間はたっぷりある急ぐ必要はない。 自分がこの世に生きた証を見つけるために 



2009年03月21日

ここで一杯

22890ceb.jpgさくらの一枝と店内の竹林を背に水の落ちる音を聞きながら。


祈る「あたたい一日」

9c05666b.jpgみんなが幸せでありますように・・・


2009年03月20日

日本一位通過!

d44c06f7.jpg韓国を破り意地を見せる!


2009年03月19日

新幹線に乗って

7469b817.jpgいざ・・・。


2009年03月18日

シカゴに行って本場のジャズを聴きたいな

846de890.jpg4月号のVISA本に豊穣なるシカゴ・ジャズと題して特集がありました。

ニューヨーク、ニューオリンズと並び称される、アメリカ屈指のジャズ・シティ、シカゴ。(文:増田達哉、写真:阿部吉泰)

そう言えば、銀座SWING 暫く行ってないな・・・。


 



2009年03月17日

光の中で

a72c1f96.jpg美しい風景

拡大して頂くと木々の間から眩しい光が見えます。



2009年03月16日

新入社員に読んでもらいたい一冊

18cdada8.jpg勝間和代のインディ。ペンデントな生き方 実践ガイド

今からスタートラインに立ち、前を見て進む時だからこそ、意識して生きるのとそうでないのとでは3年後5年後10年後まったく違う位置に立つ。



「いってらっしゃい」と複雑な思い

なにも語らないが、いつもカーテンの隙間から顔を出してお見送り・・・

   e274c0e0.jpgもう十数年来一緒にいる、我が家のワンちゃん!                     いつの日からか、私が玄関に出ると玄関まで来て「ちょこん」と座り、ものうげな瞳で見上げてくる、一声かけると静かにしっぽを振る、玄関のドアを閉め、駐車場に回ると今度は、駐車場側のガラス戸に回り、カーテンの隙間から顔を出し、「じ〜と」見てくる、手を振る。いつの日か居なくなった時の事を想像すると複雑な思いで胸をあつくする。



2009年03月15日

朝のノスタルティックなお散歩

5536e919.jpg朝食前にひとっ風呂浴び

伊香保温泉名物の石段を歩いてみる

石段には与謝野晶子の「伊香保の街」と言う詩が刻み込まれ、詫びさびのある大正ロマンの雰囲気が漂う。

137f20ad.jpg

空は澄み渡り、空気はピ〜ンと張り、遠くの山々の稜線と雪化粧をした妙義山の様は自然が創りだした芸術。

赤城山、子持山、榛名山

一昨夜来の雨、水溜まりの表面には氷が張っている、気温はマイナス。



2009年03月14日

湯船の中から

e2e07bb2.jpg研修のため、伊香保へ