2010年08月

2010年08月31日

社外留学

私どもの3年目、Web担当技術社員が更なるスキルUPのため、一時退社し、それを専門とする会社へ武者修業へでる。本当に誠実でいい奴。有休をたくさん残し、ぎりぎり前日31日まで精一杯勤めてくれました。内々でささやかに、いつでも顔だせよと送る。事実、これからもず〜と付き合っていくつもりだ。「飛ぶ鳥あとを汚さず」。爽やかな暫しの別れです。

2010年08月30日

心地よい疲れ

AM5:00起床、本日のインターンシップ研修のための資料のチェックをする。

『16人全員が歯を見せて笑顔!!』 終了後の記念撮影。

画像 82810:15分受付、10:30分開始。初めての試みであるグループ制によるインターンシップの研修会を開いた。「働くことの意義」「人生をより豊に生きるための目標の設定や達成プロセス」「起業」「ビジネスモデル」などのワークショップを通して色々な意見、発表をして頂きました。また我が社の1年、2年、3年目の社員に就活も含めての経験談、今現在の仕事を通しての醍醐味、悩みなど状況を話して頂き、その後、一緒に昼食会で歓談。

324630ce.jpg

4人一組16人の学生たち。

なにをする時も全員の目がキラキラ活き活きしていたのが印象的。そして素直。一緒にいる私自身、たくさんの爽やかさとパワーを頂いた時間でした。T大の学生さんを筆頭に日本のトップクラスの優秀な学生さんに参加頂きましたが「ふっと我が社がどうのこうのではなく、こんな学生さんで学生ベンチャー支援プログラムを考えたら、何か楽しいアイデア、ビジネスモデルが生まれるのではないか」とワクワクしてしまいました。

201008301612000最後に我が社の社長室長による「就活の裏側、こっそり教えます」

も大変好評に終わりました。

 

PM17:00 満面の笑顔で終了。(一枚目の写真)

PM17:30、先日の店長立候補制により就任する若き店長5人との詳細面談。営業のリーダー、サブリーダー、MD担当同席のもと一人1時間。内容的にはまだまだ未熟だが(未熟で当然)、真摯に一生懸命考えてきた様子がうかがえる内容。また立候補からひと月の間で、目つき、顔つき、言動が自覚の証明か、明らかに変わってきたように思える。全員、内容の修正を加え月曜日に再度提出。

『電脳の夜明けも明るいぜよ!』そんな言葉が脳裏をよぎる。気持ちの良い充実した一日を過ごすことができました。今日携わってくれた社員、そして学生さんに感謝。

追伸

『成長の最大の武器は素直、そして即実行』と言う言葉がありますが、ボトムアップ的に逆方向からそれを感じた一日でした。「出来る人間はみんな素直なんだな」と・・・。

 

 

 



2010年08月29日

心ひとつに

画像 276

201008281911000

画像 297

 

 

 

 

昨夜の電脳誕生25歳を祝う会は、

2011年内定者の方もご招待し、心温まる手作りの会となりました。26期も心をひとつにし、益々の飛躍が期待できそうです。

 

CIMG7920

画像 102

画像 273

 

 

 

画像 034

画像 241

 

 

 

画像 301

 

 

 

画像 076

 

 

 

画像 118

画像 266

画像 156

 

 

 

画像 253

画像 300

画像 179



2010年08月28日

今日は新しい船出の日

本日は有志53人が集合し、3年後の夢に向かって日の出桟橋から船出する。

26期から3年かけて「幸せ岬」を目指す。

シンフォニーの上で更に心をひとつにできたら大成功。



2010年08月27日

その席をどいてくれませんか?

歳の頃は30そこそこの男が60過ぎの白髪頭の初老の方に対して杖で座っている足を叩きながら言った。確かにその席は優先席。その男は席に座るとゲーム機を取出し黙々と何やら操作している。確かに健常者とそうでない人がいる。その人の良さそうな60過ぎの男性は立ったまま本を読んでいる。果たしてどうなんだろう。どう見ても杖さえなければ、まったくの健常者。

そしてひばりが丘に止まると、さも当たり前とばかり、感謝の言葉もなく降りていった。妙に気持ちがざわついた時間だった。

勿論、お年寄りや身体の不自由な方に対して想いやりの心は持っているつもりだ。しかし、あの態度は・・・。



2010年08月26日

神宮の灯り

cc43b965.jpg神宮球場にライトがつきましだ。


2010年08月25日

9000億の年金が消えた

朝刊の一面にこんな記事が踊っていた。

スイスでは例え団体ツアーであっても切符を紛失すれば自己負担にて買いなおす。スイスという国は全て自己責任の中で成り立っていると言う。自分たちの国を守るのは、自分でしかない。世界の中でもGNPの高さは有数。

 

消費税は高いが我が国のように、政治家の人気とりのため、無駄な地方空港や港はつくらない。官僚の天下り先を作るための未来のない事業は行わない。年金も役人の天下り先を作るための箱ものをつくったり、消えた高齢者に不正受給させたりといい加減なことはしていない。

 

そこには政治家も役人も国民も自責の念の中で未来の子供たちを思い、国を思う姿がある。そして信頼関係がある。

 

今後、我が国がどんなに消費税が上がっても、そんな理念がなければ浪費のための「税」となろう。

 

本来、年金と言うのは、国民の大切な「財産」であるはず。それが官僚によって勝手に引き出だされ使われ底をついてしまっている現状は目を覆いたくなるものだ。天下りし1、2年で数千万の退職金をそのたいせつな「財産」から捻出されていることも許せない!

 



2010年08月24日

新仙台店長

09cb370e.jpg両国店の実績を買われ、仙台、新店長になった柿崎君。こよなく酒を愛する男。

美味い魚と酒さえあれば、人生大満足。

私から新店長就任お祝いにと「宝山」の一升瓶をプレゼント、キープして帰ってきました。

嬉しそうでしょう。是非、仙台店にお立ち寄りの節には気軽にお誘い下さい。とっても人間的に温かくていい奴です。

どうか仙台のみなさん宜しくお願い申し上げます。



2010年08月23日

2010年08月22日

夕陽に照らされて

5fc72fa2.jpgもうすぐ向日葵の季節も終わる。

小さい頃、おひさまの『絵』を書くと、必ずと言っていいほど、このヒマワリの絵になってしまう。

イソップ物語の「北風と太陽」でも同じだったように記憶する。

どちらにしてもポジティブなイメージがいい。



2010年08月21日

家路につく

しかし大阪は更に暑かった。



2010年08月20日

いざ、大阪へ

P2010_0820_175712今週、大阪の仕事にある程度メドをつけておかないと来週、さ来週のスケージュールを終わらすことは到底無理。

とにかく、部下を連れて、夕方の新幹線に乗り込む。

すべては、来月の新しいスタートを切るため。



26歳をささやかに祝う。

54ec57e7.jpg8月28日(土)PM7:10分出港。到着予定は2015年8月27日、行き先は、「幸せ岬」。

5年前に社員の家族の方にも参加して頂いて「20歳を祝う会」を銀座のイベントハウスで行った。

早いものであれから5年の歳月が流れた。

そして、この5年と言うのが自分にとっては、大きな進化の歳月となった。「日本一幸せな会社」を目指して、社員全員心を合わせてし出航していく。

だからこそ、心に残る場所で・・・。

昨日、会場の下見に行ってきました。

25bdfb6e.jpg

日の出桟橋から出る、シンフォニー。

30周年は盛大にと考え

今回は身うちだけで、温かい会にできれば

嬉しい。



これがきっかけで

380149dc.jpg昨日は来期からの店長さんへ。私の想いをお伝えしました。『是非、楽しみながら、それぞれの可能性を自分で引き出してほしいと』

そして7時半からは神宮の花火大会をみんなでオフィスから眺めました。思えば、何気なく、他のオフィスを内見時に、ここに訪れたのが始まり。

七転八倒の苦しみの中から色々なことを学び、色々なものを手に入れたと思っています。



2010年08月19日

友を偲び

東京理科大のワンゲル部の学生さんが北海道日高山脈山中で鉄砲水に流され3名の尊い命を落としたと言うニュース。

丁度、35年前の今日、同じように、北穂高で友を失った。K君、20歳。あれからもう35年も経つんだなと思った時、色々な思いが過った。今の自分の半分も彼は生きていなかったんだと思った時、彼の分まで価値のある人生を送らなければ申し訳ない。物でも金でもない。例えちっぽけな存在でも、自分が生きてきた自分の心の中の証を残さなければ。しっかり前を向いて生きよう。

そして、亡くなった学生さんの魂がせめて心から安らかにと願う。



2010年08月18日

また秋をみつけちゃった

f35a4155.jpgもうすぐ

涼しくなる。



2010年08月17日

葡萄のみのる季節

7eeba2f9.jpgこの暑さももう少しの辛抱。「秋」がすぐそこまで


2010年08月16日

静かに

30ef47fa.jpg静かに

明日からは、新しい時間の始まり・・・



2010年08月15日

贅沢な時間

7585c759.jpg一息もつかず

この一冊に没頭できました。

やはり、集中した時間は脳にストレートに。



2010年08月14日

暫しのお休み

011f703b.jpg1d07eb1c.jpg

 

 

 

 

思考を止めて、浸る。

8757ab0d.jpg

なにもかにもが気持いいですね。

この数カ月、それなりに時間も刻んだ。

暫しの間、空っぽに。

「ふぁ〜」



2010年08月13日

勇気づけられるコメント

先日のセミナー参加の方から大変勇気づけられる温かいコメントを頂きました。本当にありがとうござました。是非、お会いできること楽しみにしております。

まだまだ未熟者

人間としても経営者としても、人に伝えることも

2年前のあることがきっかけで、敢えて人前で話すことを始めた。そしてそこそこ自分なりには成長はしてきたつもりでいた。だがまだまだひょっ子だと2日前、改めて痛感する。ある企業さんで起業家支援プログラムの一環として、ここまでの経験談をお話する機会を頂いた。終了後、何人かの方が来て下さり「素朴で飾らない言葉で良かった」言って頂さるかたもいらした。少々「ほっと」する。しかし、色々な課題を見つけた時間でもありました。もっともっと経験の数だけでなく、基本的なところから学習する必要あり。そしてたくさんの達者な人たちの話しを研究する必要ありと思った。また材料はたくさん持っているのだが、それを活かしきれていない。まずは何より、もっともっと自分自身が魅力的でない限り聴いている人を引き込めない。全ては自分自身の成すところ、一年後の更なる飛躍を目指して努力していこうと思う。

経営にしても年数だけは重ねたが、実際に真剣勝負で立ち向かったかと言えば自信がない、強いて言えば、やっとこの4年くらい。勿論、ここまでの経験が無駄とは思っていない。その原因は自分の中に住む自信のなさが原因でもある。なにを伝えても理解してもらえない、行動に起こしてもらえない。すべてが空回り。そんな風に思う歳月が続いた。そしてここ3年、4年前から若い真っ白な人たちが入社してきて、私の話しを目をギラギラさせて聴いてくれ行動に起こしてくれる人がでてきた。そして思った、それ以前も含め、自分自身に問題があったと、どこかに諦めもあり、なにより自分の言葉の中に純粋さを欠き、高圧的で邪気が含んでいたのではないかと。

45歳であと5年で終わろう、50歳で55で終わろう。そんな終わりをいつも考えていた自分がいた。

昨日、BSで「カンブリア宮殿」を見た。エステー社長75歳の鈴木喬氏が出ておられた。会社の危機を3度も社長として舵を取り乗り切り、今がある姿。いくつになっても「情熱があれば」。

サミエルウルマンの『青春』の詩が浮かんできた。

『青春とは若き肉体の中にあるのではなく、若き精神の中にこそある。薔薇色の頬、真っ赤な唇、しなやかな身体、そういうのもはたいした問題ではない。

問題にすべきは強い意志、豊かな想像力、燃え上がる情熱 、そういうものがあるかないか。』

我が社はたった4、5年で大きく変貌を遂げつつある。であればあと10年、20年の時間があれば、もっともっと変わるはず、私の行動、判断如何では、とてつもない面白い会社に変わるはず。

私自身がどんなポジションにいようが、あと20年で100年以上続く会社まで持っていくことは可能であると確信する。そのためにも一日一日を大切にしていこう。

エステーさんと取引があり、あの「ひよ子」のロゴの由われを聞いたことがある。最初はタマゴの殻を破ってひよ子が出てくる姿だったらしい。そして今は殻なし、多分、最後の完成形がニワトリになるんでしょうね。

私自身も会社も、まだまだヒヨコ。これからが本当の『成長期』。

その意味では、私自身も努力がまだまだ足りないと痛感する。きっと命尽きるまでそう思うのかも知れない。

 

 

 



2010年08月12日

あのセミさんが・・・

09d2ddba.jpg庭に出ると木漏れ日の中にセミが止まっていた。「あの時のセミが・・・」

1週間前に通勤途中、セミが仰向けになって足をバタツカセて道に転がっていた。10メールほど通り過ぎたあたりで、「セミって7日しか生きられないんだよな〜」と思ったら

あのままにしておいたら、踏みつぶられてしまうかも・・・。そんな事になったら、余りにも儚過ぎる。思わず戻って草むらに戻した。でもあのセミが戻ってくるはずはないですよね。



2010年08月11日

すくすくと

08d91bac.jpg東京スカイツリーも634メールにむかって

着実に伸びて遂に雲を突き抜けるまでに。



本当にありがとう

おはようございます。
岩手旅行に行ってきました!!

初日は浄土ヶ浜へ行き、綺麗な海を満喫してきました。
天気が良い日は「青の洞窟」という場所へモーターボートへ移動し、
洞窟の中から外の海を見ると添付画像の様に見えます!!
浦澤さんオススメスポットだったのですが、実際に行ってみてとても良かったです!!

龍泉洞1

二日目は龍泉洞に行ってきました。
内部には四つの地底湖があり、今まで見た事の無い光景に鳥肌が立ちました。
画像ではあまり感動が伝える事が出来ないのが残念です。

三日目は小岩井農場へ行ってきました。
息子は、動物が大好きなので大はしゃぎで満喫していた様です。

今回の三日間を通じて、改めて東北の地(岩手県)を満喫出来ました。
この二年間でやり残した事は一つもありません!!

とても貴重な時間を過ごす事が出来ました。
今回の件も、ご配慮頂きありがとうございました。

龍泉洞2

浄土ヶ浜 観光船からの風景

浄土ヶ浜  青の洞窟からの風景

 

 

 

 

 

 

 

 

明日、東京へ向けて引越しをします。
最後に仙台の地に「笑顔で」別れを告げてきます。

仙台店の堀越君が数々の売上の電脳ギネス記録を作って、26期の人事異動で戻ってくる、本来は任期1年を残しているのだが、今、若い社員の台頭が目立つ中で、その先頭を引っ張っていく存在がどうしても必要なため。このような人事となる。本当に御苦労様でした。心から「ありがとう」そして待っているよ!

 



2010年08月10日

3%倶楽部セミナー

今月の国際フォーラムでの石原明氏の勉強会のゲストは東京ガールズコレクションの仕掛け人の一人、佐藤のりまささん。強烈な個性と我われの思考回路とは違った面白いものを見せて頂いた。

ec09f9de.jpgPassionをお金に変える!

マーケティングとは人の心を掴むこと!

ブランディングは濃さと薄さのバランスが大切、そしてちょいダサイのは基本。

戦略 戦術 戦闘の考え方、いちいち納得。

 



2010年08月09日

未来は明るい

26期が9月よりスタートしますが、店長立候補制に基づき、6名がエントリー。本日19時30分より、本社にて、それぞれがプレゼンテ―ションを行う。審査員は役員全員と営業副部長、MD担当責任者、Web担当責任者の計9名。

それぞれが各地区、区域の市場調査、いままでの店舗売上の分析、レイアウト変更提案、タイムスケジュール、事業計画等、しっかりまとめて堂々の発表。

なんか聴いていて、親ばかならぬ、胸が熱くなりました。そして『嗚呼、時期早々と思っていたが、やってよかった〜」。

当然、まだまだ経験不足、具体案など、つめが甘いと感じるものもありましたが、これからが大いに楽しみ。

「自ら、遣ろうと思うからこそ、考えるビジネスが生まれる」。結果も大切だが、この一年で相当、成長してくれるだろうと、2年、3年後の明るい未来を感じました。

 



2010年08月08日

キレイにスッキリ

今迄、手を付けられなかった玄関付近の窓の掃除と庭の掃除をしました。

トコトン外せるところは全て外して水洗い!

庭も先日、庭師さんに入って頂いて基本的なところは終わっているのであとは、いらなくなったものの、後かたずけと、鉢植えの入れ替え。腰をやらないように、座り込んでの腕だけ作業で重量物の上げ下げをしました。

すっきり、きれい。いい汗を流した一日でした。



2010年08月07日

片想い

加藤登紀子が歌う『100万本の薔薇』。今ラジオで聞いていたら、これは実話らしい。グルジアの酒好きで貧しい画家が、ある日、よその町からやってきた女優に恋をして自分の財産を投げ打って、その女優の住むアパートの庭に薔薇を敷き詰めたと言う。当然、貧しい画家が家財を売っても100万本もは贈れなかったでしょうが気持の表現でしょうね。

結末は片想いに終わり、酒好きの画家はあちこち流れて旅の途中で亡くなってしまう。その後その画家の絵が売れたそうです。

私自身の中にもそんな血が流れているように思う。

言うなれば、後先考えない思ったら行動先行型の「猪突猛進」てやつですかね。

『片想い』って素敵ですよね。

でも別に片想いって恋愛だけのものではないように思います。

自分の夢や遠い目標があって、例えその望みが叶わなくても

『ひたすら想い続ける』。

あとは考え方、方向性が誤っていなければ・・・。

凄いエネルギーだと思いませんか?未知なる力の源。



2010年08月06日

平和への祈り

原爆が投下されて65年、原爆被災者の平均年齢は76歳になると言う。8時15分、テレビの前で手を合わせる。目を瞑ると「裸足ゲン」や 『火垂るの墓』のストーリーと映像が目に浮かんできた。4歳の節子が栄養失調になり病に冒され防空壕の中で命を落としていくさまを。

広島市長の一声は、広島弁で・・・

『こがあな、えびせい(酷い)ことは、ほかの誰にもあっちゃいかん!』

実際には、もっともっと悲惨だったんだろう。

それを考えると今、こうして生きていることだけで幸せなのだと思う。

我々の使命は戦争のない世をつくること。

そして目先の辛いことや大変なことから逃げていては、申し訳ない。命がある限り、今を悔いなく一生懸命生きることが残されたものの努め。考えを新たにする。