OAランド社長日記

起業して35年、山あり谷ありと決して平坦な道ではなく悪戦苦闘の日々、そんな中で「ふっと」見つける、人との触れ合いと人情、自然との触れ合い、教訓、心のままに綴ります。(2005.3.16スタートし14年目の日記)

OAランド社長日記 イメージ画像

2011年01月

時間が経つのが早いですね!「あっという間の2月です」、このままのペースで行けば、気が付いたら桜が咲いているかもしれませんね。日々の手帳も空白がないくらい埋まってしまっている、充実の証ですね。もっともっと時間を意識しながら刻んでいく必要あり。今月も予定がび

2ヶ月前から施工に入った研修センターもいよいよ佳境に。人財の採用と教育が今後の会社の運命を大きく左右していく。本日は、有志の社員と雑巾かけや我々でも可能な箇所の仕上げをしました。参加することにより愛着もわく。宿泊施設や福利厚生施設プールバー、映画上映会、
『財産は人』の画像

霞が関のとあるオフィスビルを内見してきました。皇居が一望できる、解放感溢れる気持ちのよさそうなフロアーでした。是非、こんなところを目指し上昇思考で益々奮起していきたいと思います。可視化できる何かがあれば一層、スピー度upしていく。
『今度のオフィスは』の画像

12月に追加の新卒者の募集し男性二名を内定。そしてその学生とほぼマンツーマンで勉強会を開きました。約5時間ほど一緒にいましたが非常に前向きであり感度も良く、場の空気も読め理解力のある学生さんでした。採用して正解。今後に大いに期待。まったく疲れず、乗々の勉
『感動良好』の画像

朝、駅について改札を抜けようとした時、パスモを忘れたのに気づく、それでは切符を買おうと財布をさがしたがそれも忘れたようだ。それでは電車賃くらいはあるだろうとポケットをさぐる。家に帰るとポケットから小銭をすべて指定の場所に出してしまう習慣を思いだし断念。で
『お金がない』の画像

今に甘んじてはいけないんだ!もっともっと考えて、もっともっと努力して、もっともっと行動し続けなければ答えなんてなにも出ない!夢なんて叶わないまだまだ甘い恥ずかしい本当に恥ずかしい。他人ではなく自分なんだ人の目ではなく自分が信念をもって貫き通せばいいんだだ

本日から暫く、家族がインフルエンザのため、会社規定により出社を控えることになる。朝起きてテレビをつけると松下幸之助さんの特集が流れていました。裕福だった家庭が父の事業の失敗で丁稚奉公に出され、やがては小さな町工場から大企業となるまでの物語。敗戦後、GHQ

今、ここに居ることも、電車に乗っていることも、本を読んでいる今の自分も、「悩む」ことも、自分が惨めだと思うことも、辛いことも、楽しいことも、全て他人に依存するものでも、被害者でもなく全ては自分の行動の成せること。そんな風に思えてくると全てが受け入れられる

つまづいたり ころんだり するほうが 自然なんだな 人間だもの              みつを人生、山あり、谷あり。 の~んびり気楽にいこう

今日は、たくさんの人に祝って頂いた。新宿本社の方たちからの寄せ書きと心のこもったプレゼント。また社員のみなさんからの嬉しいメール。そして意匠計画さんでは、セミナーをさせて頂いた後の温かい誕生会。そんなみなさん方のお気持ち本当に感謝します。その後、随分、お
『嬉しい一日』の画像

我が家は、長生き家系。本日は56回目の生誕日。さあこれから34年、元気にそして「おじいちゃん、かっこいい!!」と孫に言われるような生き方をしていきたいもの。本日12時54分、携帯に福島の(今年86歳)お袋より恒例の祝福コールがきました。私も恒例の『お袋、

我が社の使命は、起業家さんの応援団。今までは、オフィスの移転が決まったお客様に内装デザインからオフィス家具、オフィス機器をご提供させて頂いておりましたが、より一層のサービス向上を目的にこの度「宅地建物取引業者」として登録完了しまた。不動産探しのお手伝いか
『不動産事業はじまる』の画像

新宿副都心高層ビルにも、もうすぐ夕闇が迫まる。その僅かな一瞬にオレンジ色にそまった夕日があたるビル。藍色の空のもと・・・。今日も空気が澄んで遠く相模湾の海がキラキラと輝いて映し出されている。
『高層ビルに夕日が』の画像

最近、芸能界でも細川俊之さん(享年70)そして和田勉さん(享年80)が逝去された。細川さんで言えば、私は残すところ14年余り。昨年双子の孫が生まれた。その子たちの小さな手、小さな足、まだはっきりと見えないであろう目。これから先80年、この足で大地を踏みし

朝起きて、音楽でも聴きながら少し長い散歩でもと戸外に出てみましたが、それどこれではなく。思考が停止するくらい気温が低く強風のため、少しの時間で断念。あの夏の猛暑はなんだったのでしょう。また世界に目をむけるとブラジルやオーストラリアでは大雨による洪水と異常

いよいよ我が社でも2012年採用活動が来月にはスタートする。当然、より優秀な人が欲しいもの。ただし私の思う優秀は大学やSPⅠがただ良いと言うものではなく。当たり前のことを当たり前に情熱をもって努力してくれる学生。ところが、これがなかなか難しい。面接やペー

今週の東洋経済は「頼れる読書術」。確かに本を読むこと、情報、ネタを仕入れることは、自分が遭遇する数々の問題、案件に対してこれまでの数々の失敗経験と合わせて大きな判断材料になっていることは確か。最近の私は、重要な箇所は何度でも読み返せるように赤の下線線を引
『読書術』の画像

今、高田馬場です。このホームで聞こえる。あの懐かしいメロディは鉄腕アトム。心優しい♪~

田舎の東北会津は雪。今も深々と空から舞い降りてくる。 春まだ遠かりし、今年も厳しい冬をなんとか乗り越えて欲しいと、両親を思う。
『北の大地は』の画像

私が最初にお世話になった職場は男性1人に女性3人ないし4人の構成で仕事をこなす職場でした。男性は色々な案件、インボイスの確認と決済、それを女性がコンピュータ処理または契約書作成やファイリング。だからこそ女性に対しては皆一様に気を使い成果の上げやすい環境を
『女性を大切に戦力化する』の画像

36年前に今、自分がここにいることは全く想像できなかった。そしてこれからの3年先、5年先、10年先に夢を馳せ、精一杯の悔いない時間を刻もうと思う。

梅のつぼみ、気のせいか先っぽがちょこんとピンクの色をつけているような。 あと2ヶ月もすると満開となろう。我が社もまだまだ蕾。いつを目指して花を咲かせて行こうか。足元をしっかり見ながら。
『かたい蕾も』の画像

2011年も早いもので9日目、ここまでは順調。手帳も日々体重、歩数、食事、起床、就眠、発想、気づき、日々の行動等刻銘に記録。また昨年得た言葉48個は毎日繰り返し目を通して自分に刻み込んでいる。 去年の8月から習い始めたサックスの音色も少しづついい音色を出
『夕映えの中の富士』の画像

年末にはいよいよ。 634に向かって着実に。新宿からもはっきりと臨めるようになってきました。やはり二番ではなく一番が大切ですね。
『スカイツリー』の画像

林の向こうに富士山が。この辺を通る何人かの人は富士を見てを足を止め手を合わせていく。祈るでもなく、願うでもなく。日本人にとっては特別の存在なのかもしれない。いたって晴天なり、いたって爽やかなり。
『すがすがしく』の画像

腰痛が厳しい状況。40歳をとうに過ぎ、螺旋階段を300k近いコピーを4人で下ろす、命と隣合わせ故、緊張と息のつまる思いでの作業。そんな繰り返しの12年前だからこそ腰痛はその時の勲章。レントゲンを取ると骨と骨の継ぎ目がつぶれてささくれたっている。そこまでし

本日より仕事初め。仕事がしたくてウズウズではないが、妙に早く目がさめてしまった。枕もとの時計を見るとまだ午前2時半。さあこれから如何に・・・。さすがに起きだして行動するには早すぎる。そう思えば思うほど脳は覚醒してくる。 3時に起床、少し熱めの湯船に体を預
『今日も一日が終わる』の画像

もう一度、トップの責任と使命を考えて見る。トップ次第で会社は大きく変わる。 その意味では、まだまだ人間修行が足りず、そして努力が足りない自分だ。 一日たりとも、無意味な日をつくらない。何かしら得るものを感じて暦をめくっていこう。
『基本に返って』の画像

↑このページのトップヘ