2011年05月

2011年05月31日

清流を見ながら

所用で秩父まで行ってまいりました。
緑濃く、水清く癒されて帰ってきました。
DSC_5163




DSC_5161

2011年05月30日

また

今朝、また友人のお父さんの訃報が届く。
台風の影響もあり、どんよりとした空そして雨
せっかくなら、もっと晴天の空の下、お見送りをしたいもの。
涙雨ばかりが供養ではない。

2011年05月29日

まだまだ

女房殿にお願いして書斎をつくってもらうことにする。
書斎と言ってもそんな大それたのもではない、納戸の横に小さな机と椅子と蛍光灯を用意するだけのもの。今日はニトリにその下見に行ってきました。いつもは食堂のテーブルでシコシコと励んでいましたが、もっと集中できる場所でと言う思いともっともっと学習しないと、成長できない「まだまだ」と痛感した故。家族の目はいささか冷ややか・・・でも本人は今からワクワク、これから新たに受験生となる気分。


2011年05月28日

お葬式で思うこと

本日夕方6時、社員のお父さんのお通夜に列席してまいりました。
生憎の雨、常磐道をひた走り土浦まで
最近、近親者も含め、お葬式にでる回数が年齢、立場とともに多くなったように思います。
そしていつも考えることは、決して悲観でもなく、ネガティブでもなく客観的に「いつか自分もこの時が来る」、また両親への想い、もうすぐ90に届かんとすることを考えると、いつでもその覚悟を。あっと言う間の時間、そんな一瞬の間に人は悩み、苦しむ、また嬉しい涙も流す。今回の震災でより人は自分の人生を深く考え、人との「絆」の大切さも知る。歳とともに死生観も大きく変わったように思う。そして心を鬼にしても遣らねばならぬ残された使命がまだある。


2011年05月27日

どこか遠くへ

DVC00007時には、遠く知らない街へ
いきたいなとか想いませんか
各駅停車で電車の揺れる音を聞きながら
ウトウトしてみたいと想いませんか
遠く遠くへ、誰も知らないところへ

2011年05月26日

思い浮かぶ情景

1970年代の曲を聴いていると
高校の中間試験や大学受験でラジオから流れた洋楽
上京してひとり暮らしをしている時に聴いたフォーク
悲しい想い出、嬉しい想い出の曲から、淡くセピア色のその情景が浮かんでくる。不思議なくらい最近のように・・・


2011年05月25日

おはようございます

0a33ecae.jpg朝日が美れいですね。

今日は24度まで上がるそうです。本日は都内のホテルにて朝食会


2011年05月24日

NHさんからのお便り

先日(5/20)西沢渓谷に家内と共にツアーで行ってきました。
快晴の真夏日でしたが、新緑に包まれた渓谷の脇は涼風も
あってとても気持ちが良かったです。
行程約4時間(実際は3時間程度)でしたが、女性中心の
このツアー・・・落伍者が3人ほど出てかなりの時間がかかり
ましたが、幸い家内は日頃の散歩効果で元気について
来てくれました。
途中の「シャクナゲ」も満開で堪能しました。
IMG_3516IMG_3529



2011年05月23日

未来を語る

人間100人100色
その中で人に理解してもらうことは容易ではない
親兄弟でも難しいのにましてや他人では
何を伝えるか
何で伝えるか
どう伝えるか

ただ、共感できない人と
これからの未来は語りたくない

2011年05月22日

心地よい風

今日は久しぶりに気持ちのよい散歩
DSC_5147

そよそよの風に吹かれて・・・



お昼は、孫を招待して焼肉パーティ
3歳のゴレンジャー好きの男の子と昨年誕生した双子の女の子。双子と言うだけで、いつまで見ていても飽きないですね。



2011年05月21日

必ず目的地まで

恒例の全体会議、震災の影響もあり、5月の本日開催となる。
DSC_5059

昨年より更に広い会場をお借りし、液晶画面も4台用意。


今回の目的は「全社員の心に更なるヤル気のスイッチを入れなおすこと」、
特に30代、40代に向けて熱く伝えたい!!

あなたたちはまだまだ若い、そしてあなたたちの未来は、これからの思考の質、行動の質によってつくられる。
若いからこそ、ベクトルを同じくしてそのエネルギーを発揮すれば必ず、目的にたどりつく、そしてそれは今この2011年3月11日を機に変わっていこうと・・・
DSC_5062
恒例の新人紹介、自己アピールタイム
今年も10人の初々しい顔ぶれが。


昨年の新入社員は一人も欠けることなく2年目に進む。

今後の方針、計画、新規に取り組む内容を説明発表。
続いて各部門のリーダーがここまでの実績と
残り4ヶ月の目標達成までの実行計画を発表。
DSC_5092DSC_5095

 

 

表彰式、各賞の発表。
大いにその功績、努力を称え、祝う。
所沢店は132%達成、そして他の店舗も大いに健闘!
一年目の新人女子の中には、20日で1000万を売り上げた猛者も・・・

DSC_5078 Good job大賞、一番仲間をホメた社員はホメ上手の福嶋君
ホメられた社員は、経理の黒田さんに決定!!


安全運転、顧客満足度、部下の指導で優秀ドライバー賞を獲得したのは石橋君、保守セールスエンジニア、リプレイスナンバー1は3年目の北村君が・・・
そしてたくさんの受賞の中で、全社員が選ぶMVPには、システム導入で奮闘して頂いている三浦さんが。

会議の後は、全員の親睦を目的に
DSC_5108DSC_5111DSC_5109

 

 

8人一組のチーム戦、大いに盛り上がる!!
仕事も遊びも真剣勝負がモットー
DSC_5127

優勝チームにご褒美が、最下位チームは青汁で乾杯!!

 


DSC_5113DSC_5115

 

 

懇親会では
DSC_5125 厚生会から、結婚、出産と
メデタイ人へのお祝い金が



DSC_5133 今年の女子ホープたち
期待してるよ!!



会社の勝敗は「団体戦」と認識し、全員で勝ちにいく姿勢が重要、月曜からは、ニュー電脳でスタートしていきます。



いつまでも忘れない!!

会議の最後に東日本震災の模様、その現場に立った時の言い知れぬ五感で感じた内容、そしてここからの想いを全社員に話すとともに、この若い社員たちが結婚し子供ができたら伝えようまた歳老いて孫たちに伝えよう忘れずに・・・
今の日本の姿を
DSC_5152DSC_5149

 

 

sokojikara、底力日本!!
を旗印にみんなでこれからもできることから長く続けていこうと
全員にTシャツをつくり手渡す。
現在、会社からの義捐金は約100万円弱。



2011年05月20日

徹夜のきかない年齢に

21日の全体会議資料作成のため徹夜を2日。
それにしても、いままでならお茶の子さいさいだったのですが
何故か?体が重いような気がします。
そろそろ無理の利かない年齢になってきたのかと認識する。
明日は、そして全体会議、たくさんの費用を掛け、時間を掛け、土曜の店舗を閉め、実施するもの充実した有意義なものにしたですね。

2011年05月19日

段々人間らしく

c698b58b.jpg生まれて約12年、人間で言えば70歳くらいか?
年齢とともに、動作はのんびり、のたりのたり、じっと見つめる目はどこか憂いを秘め、なにか言いたそうな・・・




2011年05月18日

悲しいですね

a45c815e.jpg一年かけて、霜や害虫から守りながらやっと収穫できたと思ったら出荷停止。
今までの苦労がすべて吐露に終わり廃棄となる。
お茶畑のおじさんは、我が子を捨てるような断腸の思いだと言う。
それにしてもどこまで原発の被害は広がるのだろか?


2011年05月17日

自分の限界はどこに

5月17日(火)曇りのち雨、比較的涼しい一日でした。
初めてお会いするお客様が二組。
有難いものですね、お客様がお客様を連れてきて頂けること。
最近そんなご縁が増えてきているように思います。

自分の限界を自分で決めてしまっている人がいる。でもそれは案外自分たちが思っているよりもっともっと高いところにある。自分の目指す道をひたすら進む、でもそこには当然見たこともない風景がある。このまま進んで目指すゴールがあるのか不安になり引き返したくなる。でも本当はもう少し進むと視界が広がる地点まできているのかもしれない。もう少し、もう少しと少しずつでもいい前に進もう。ゴールがなければ今来た道、勝手知ったる道をもう一度戻ればいい。


2011年05月16日

やめなくてよかった

9e69fe14.jpg苦節16年、39歳。
継続こそが力なり!
やめたくなくなった時が継続の証
年齢ではない、命尽きるまでチャレンジャーでいきたいもの。


2011年05月15日

コンサートの梯子

1fd60d8a.jpg昨日17:00より埼玉会館でフォークありボサノバあり、アコースティックギターの弾き語りありのコンサートにお誘い頂き行ってまいりました。


これは私の友人で浦和出身の中学、高校時代とフォークソングを楽しんでいた方たちが「春待人」と言うサークルを1975年に設立。そして8年連続で毎年開催しているコンサートです。みなさん本格的にライブ活動されており、中にはサーカスの叶央介さんもいらっしゃいました。とにかく、音楽も心に沁みるものでしたが私と同世代の方たちが人生を謳歌されてい姿を見て大いに感化され、明るく爽やかな気持ちで帰ってきました。
その中のグループ「せくしいず」が演奏した。「人生の生き方」と言う曲の中にこんな詩がありました。

♪今日は頑張るはいいけど   今日も頑張るはやめよう
 今は頑張るはいいけど     いつも頑張るはやめよう
♪不器用でもいいから  自分の人生の歩き方  探していこう♪

最後に私のその友人は現在、浦和にて「宮内家」というライブハウスを運営しています。お近くの方は是非、足を運んで下さい。


初体験のコンサートの梯子と言うもの
どちらも断れなくて、どちらも大事なコンサートのお誘い
506db1e6.jpgc91d8a36.jpg





eec391fa.jpg

 渋谷の道玄坂、ライブハウス
DUO Music  Exchangeにて
2月8日にブログでもご紹介しました。
若者たちのライブがあり
熱い時間を過ごしてきました。

F1010617その後の打ち上げにも参加させて頂き
たくさんのミュージシャン、そしてそこに
共感する方たちとお話しさせて頂きました。
パーティに参加されていた方の中には、日本災害復興支援団体【仙台 ととけ隊】などの3団体のリーダーも同席、今後、支援と言う接点で何かしらいお手伝いできれば幸いです。またたくさんの「夢」をもった若者がイキイキとこれからの未来を語ってくれました。

最近の若者は、夢がない、変化を好まない、安定を求めるとよく聞きます。自分に自身が持てないから自信がない!この世に希望が持てないから夢を求めない!!でもその人間にとって今、何が一番大切か?それぞれに価値観は違いますが、しっかりと夢や目標を持っている人は、それが支えとなり「軸」をぶらさず、真っ直ぐに活き活きと生きているように見えます。一方、下手に学歴や収入にしがみ着き、安定を求める若者の方が逞しい元気なオーラが感じられない。 

今日一日で沢山の出会いを頂き、たくさんの刺激を頂き、たくさんの元気を頂き、有意義な時間を過ごすことができました。



2011年05月14日

晴天なり

13977faa.jpg身も心も晴天
21日(土)は全社会議
あとは真っ直ぐ進むのみ

そして情熱がカギ!!



2011年05月13日

初冷中華

DSC_5049今日のランチは、今年初の「冷やし中華」でした。ゴマ味


2011年05月12日

一流になる条件

c5479f85.jpg昨日、久しぶりに石原明さんが代表を務める3%倶楽部セミナーに参加してきました。



いつも聞きなれた言葉でも、自分の脳、心の様相により、グッと深く腹に落ちてくる時がありますがまさにそんな日でした。
ゲストは(株)インサイトコミュニケーションズ代表の柴垣樹朗氏。題して「人を動かす 言葉の力」。柴垣氏はリクルート出身で数々の広告、コピー大賞など受賞され、現在はたくさんの大企業の広告を手掛けておられるとか、まさに文字通り一線級、一流のクリエイターの方でした。

石原さんが最後のまとめにどうしてそこまでの力を付けられたのですか?とお聞きすると・・・

自分は、まだまだ一流とは思っていませんが、敷いて言えば、どこまでも妥協しないスタンスと諦めない行動をひたすらに貫いているということでした。


2011年05月11日

今日のランチは

964c3c91.jpgあいにくの雨。ちょっと外に出る雰囲気でなかったので53階の東天紅にとマーボ定食。


早朝会議

f3244df9.jpg本日は新宿本社にてサービス会議。職責、年齢、勤続数に関係なく。誰の意見ではなく、どんな内容の会社を良くする意見かを重要視する。以前と比較すれば随分と忌憚のない意見が若い社員から出てくる傾向にある。これが我が社の風土となってくれることを願う。


2011年05月10日

会社説明会

5月に入って初めての会社説明会を実施しました。私の出番は13:45から1時間、たくさんの学生さんにお出で頂きましたが、全体的に元気がないように感じました。学生さんにとっては一番大切な人生を決める時、24時間に占める仕事の割合は年間を通すと約60%、それが40年も続くことを考えたら今が頑張り時、あきらめずひたすら努力、チャレンジして欲しく思いました。みなさんに幸あれ!!

2011年05月09日

うす曇りの中に

DSC_5044天気予報では、晴れから曇りへ、雨はなし前橋では最高気温24度とか。
午前7時10分、空を見上げると、うすく広がる雲の間に青空がのぞいている。

もうしばらくすると梅雨、どこかでこんな言葉を見かけたような
「雨のやまない明日はない」
雨のあとには必ず晴れがくる
日本国全土が晴れ、安心して子供たちが戸外で遊べる日が早く来るといい、避難所から一日も早く自宅に帰れる日がくるといい、早く安心して熟睡できるようになればいい。
「雨のやまない明日はない」


触発される

昨日、ソロモン流でフレンチの日本の第一人者である三國清三氏が紹介されていました。
年齢は同じ、独立したのも26年前と同じと言うことがキーポイントでもありましたが大いに触発されました。北海道の漁村で生まれ、家は半農半漁で生計をたて、15歳で料理人を志、18歳の若さで札幌グランドホテルのチーフへそして帝国ホテルに移り、村上料理長に師事し若干20歳であっと言う間に不眠不休での努力が認められスイス大使館の料理長となる。その後、フランス料理界の天才料理人フレディ氏に師事。既に15歳から30歳の生き方で充分、私とは大きな差がついているのだが。これからどれだけの密度の濃い時間を刻む必要があるのか遠い、遠い彼方。まだまだ修業が足りない!恥ずかしい!そしてもっともっと自分にも可能性はある。このまま終わっては勿体ない、この世に生まれた意味がない!!
最大の要素は『志』の高さにある、真剣さにある、ひたむきさにある!!人に触発されることもすべてTTP精神、素直さと高い志をもってして触発されるもの。
我が社にもこんな社員がいます。俺は凄い、俺はこれでいいんだ、俺は120点と思う井の蛙社員が、やはりそんな人間には大きな成長は見られないのが現状です。その人間の辞書には「恥ずかしい」と言う単語がないようにも思う。
自分自身、人のことを言える立場でもなく、もっともっとストイックに自分に厳しく自分を改造する必要性ありと痛感。でもなかなかそう思っていても意思薄弱で恥ずかしい限り。

2011年05月08日

引き際の潔さ

本日の午後、BSにて「我が愛しのキャンデーズ」と題して色々なエピソードを入れながらデビューから引退まで映像が流れていました。
59b7244a.jpg888b95c5.jpg

写真はその映像からのものです。



今、色々な昔のグループが経済的理由か、所属事務所プロデュースによるものなのか、再結成している。
絶頂期に「普通の女の子に戻ります」とひかり輝くスポットライトから潔く引退することは並大抵の勇気ではない、山口百恵さんもしかり。
最後の蘭ちゃんの挨拶に「大人たちはこんな絶頂期に辞めるなんてあなたたちはバカだと言います」でもバカじゃないから、私たちは今一番輝いている時だからこそ大切にしキャンディーズとして引退するんです。と言う内容の話があった。
当然、芸能人と経営者では辞する時のタイミングは違うだろうが。
私は、私が採用した人たちに対して採用時話した言葉、約束を全うできるようになった時がその時と考えています。



2011年05月07日

麦のごとく

4a74d4e5.jpg踏まれても踏まれても より強く、逞しく


2011年05月06日

さあいよいよ本番

連休明けの6日、心なしか電車内はゆるり
9時、本社にて新入社員を集め、内定式から今日までの総仕上げをする。今まで話してきたことをもう一度、自分の最近体感した事例、サラリーマン時代の経験談も交えて語りべとなり検証を交えながら伝えたつもりだ。

そして終わりにひとつの言葉を贈りました。

「悩んだ数・失敗した数だけ力になる」
苦しい辛いと思った時が自分が成長しているその瞬間。

その意味では一年前は「なんにも悩みがない」と
私自身うそぶいていましたが・・・

実際、その時はさほど悩みがなかったように思います。

そして今は・・・   悩みだらけ

組織の活性化のこと、教育のこと、今後の戦略のこと、大きな目標を持ち、現状とそのギャップをどう埋めるかを検証し思考した時、まだまだ課題は山積。

だからこそ今、自分のプライベートな時間を削ってでも、やるべきことを確実につぶしていく。

いやプライベートも仕事も同じライン上にある。
社長である限りは当然のこと。

4月分の給与支給に当たり、恒例となっている75文字のコメントを深夜までかかり全社員に入れる。この一年の社員それぞれの活動、活躍に対するコメントをひとり一人の顔を浮かべながら。

そして新入社員に対しては初任給となる大切な一ページ。
何かしら言葉を添える。

4時起床、今日の総まとめのための資料作成に取り掛かる。

2時間の話の後、AM11時、それぞれの新入社員に対してミッションを与えながら配属辞令を伝える。
それぞれの目の奥には、モチベーションと言う意思が読み取れる。

なにをかいわんや、誰のためでもない、全ては自分の人生に掛ける投資。

2011年05月05日

本拠地一勝

DSC_5034DSC_5036

 

 

 

DSC_5026

7連敗免れる!