2013年12月

2013年12月28日

最後のお仕事

0018b3da.jpg
仙台出張、仙台は朝から雪。仙台店にて午前中から営業会議。1月からが本当の勝負、数々のアドバイトス、3人のリーダーが知恵を絞り、それぞれの役割を果たしてくれれば必ず。


雪の松島

8bdc56f8.jpg
なかなかお目にかかれないこんな風景。
 

さくら咲く

a8abf941.jpg
今年もいい一年でした(ー・)


2013年12月24日

メリークリスマス!!

b6e8309f.jpg

みなさん、今年も大変、ご愛顧頂きありがとうございました。
どうか素敵な聖夜を・・・。



2013年12月21日

まだまだ

来週は挨拶まわり、そして27日は東北事業部長として
最後のお勤めを課はすべく仙台へ。

もうギリギリまでイッパイイッパイですね。
まだまだ机の上は未整理のまま書類が山積み。
自分でもひどいと思いながら今年中にはなんとか!!

ただ
先日、今後の弁護士事務所の日本橋モデルルームをつくるため参考にさせて頂くべく中堅どころのとある弁護士さんの事務所を拝見させて頂ましたら、みなさん机の上は私同様でした。

「ああ〜できる人の机、仕事をたくさん抱え努力している人の机はこういうものなんだ!」と自分に言い訳し帰ってきた次第。

そんな分けで今日も出勤です。


2013年12月20日

いよいよ日本橋ショールーム

日本橋『ガーデンオフィス by OAランド」
施工も佳境を迎える。

起業家の夢が詰まった、ショールームも
オープンまでひと月。
本日はその担当のスタッフとともに、お手本になる店舗を
まわりました。


2013年12月19日

クリスマスパーティ

『何もかも忘れて熱く燃えようぜ!!
   じぇじぇじぇクリスマス忘年会2013』
今年の忘年会は5時からスタートし4時間のぶっ続けライブでしたが
例年以上に盛り上がりました。
笑いあり涙あり!!

DSC_0755DSC_0756
DSC_0867DSC_0892
DSC_0913DSC_0901
DSC_0914DSC_1030
DSC_0899DSC_0889
DSC_0893DSC_0903
DSC_0907DSC_0945
DSC_0946DSC_0947
DSC_0948DSC_1029
DSC_1048DSC_1050

演芸大会
DSC_0779DSC_0772
DSC_0790DSC_0816
DSC_0824DSC_0834
DSC_0840DSC_0861
DSC_0866DSC_0867

生演奏
DSC_0886DSC_0874

マジックショー
DSC_0930

和太鼓
DSC_0956DSC_0984
DSC_0996DSC_1003

大いに楽しんでいただきました。
DSC_1031DSC_1056

表彰式
DSC_1024DSC_1018
DSC_1036DSC_1037
DSC_1043DSC_1104


最後は恒例の人間トンネルで「ありがとう!」
DSC_1064DSC_1094
DSC_1080DSC_1059
DSC_1060DSC_1069
DSC_1075DSC_1089
DSC_1090DSC_1093
DSC_1100

楽しい一日をありがとう!

時間

演目

詳細

所要時間

15:45

準備

準備委員の方は宜しくお願いします。

45

16:30

開場

受付(招待客他)席カード、抽選券(遅刻厳禁7分前着席)

30

17:00

開演

オープニング司会挨拶(富樫)

5

17:10

社長のお話

ストーリー戦略2014(10分以内)

10

17:25

新人紹介

内定者・仙台(ひとり1分) 5名

5

17:30

乾杯の挨拶

未定

3

17:35

17:351750

しばしご歓談

10

 

 

 

 

17:50

社内演芸大会

 

36

 

 

日比田チーム??

6

 

 

’肋貶‥菴優撻◆屮リジナルソング」※仙台工藤君の作詞作曲

6

 

 

▲皀皀ロ「ダンス」種田・水品・萩原・糸永・愛里(新人)

6

 

 

仙台新人ペア「麦畑」高橋・猪股

6

 

 

TCSチーム「akb48 フォーチュンクッキー」濱窪・北村・倉地

6

18:40

 

ジ淅薪張繊璽燹屮瀬鵐后弯米・橋本・川越・水品

6

 

18:401850

しばしご歓談(審査中)

10

 

 

 

 

18:50

音楽生演奏

坂田明菜 & ブルース(クリスマスナンバー)最後にみんなで

0

 

18501920

 

 

19:20

 

準備

10

19:30

マジシャンGO登場

(舞台の上で4演目・テーブルマジック2)

45

 

19302015

 

 

 

 

準備

5

20:20

和太鼓

北村プロジェクト

15

 

20202035

 

 

 

 

しばし休憩

5

20:40

抽選発表10名

豪華? 景品が当たる

10

20:50

演芸大賞発表

最優秀賞・個人賞・仮装大賞

10

 

 

 

 

21:00

最後の挨拶

神山専務

3

21:10

手締めとお別れ3Q

サンキュー 人間くぐり

10


来年は12月18日にまた・・・


2013年12月18日

室井魂ライブ

昨年の12月27日からスタートした”室井魂”メルマガも丸一年。
それを記念して”室井魂29” ライブをさせて頂きました。

そしてお蔭様でたくさんのお客様に参加頂き
なんとかお役目も果たせました。

お客様の中から・・・
たくさんの嬉しいお言葉を頂戴しました。
感謝です。
またお会いできる日を楽しみにしております。


2013年12月17日

室井魂

─────────────────────────────────────────
平成25年12月19日(木)

            「29年間の起業奮闘伝」
             − 電脳 室井“魂” −

          http://www.dennoh.net/?mm=hdr
                          ++ 二十五ノ巻 ++
─────────────────────────────────────────
               〜 はじめに 〜

 このメールは、電脳株式会社のスタッフと名刺交換をさせて頂いた方、
   交流やお付き合いのある「大切な方」へ、お贈りしております。

        どうぞ最後まで、お付き合いくださいませ。

室井 亨 様

─────────────────────────────────────────
┏┓
┗■ 29年目の社長日記
─────────────────────────────────────────

  こんにちは。
  いよいよ今年最後の「社長日記」となりました。


  さて昨日の”室井魂ライブ”には、
  お蔭様でたくさんの方にご参加頂きました。
  本当に感謝です。

  また、その後の懇親会は、
  ほとんど忘年会のようなものでしたが、
  こちらも大いに盛り上がりましたね^^

  こんなにも支えてくださっている方がいらっしゃったのかと思うと、
  昨年の12月27日から始めたこのメルマガも、
  意味があるものにできたのかなと思います。


  昨日の”魂ライブ”ですが、
  私はどこかの偉い先生のように、
  気の利いたことは言えないので、
  自らの「経験」という名の引き出しを開けて、

    「嗚呼〜!またやっちまった^^;」

  というような、まだまだ未熟で至らないところが多い中身を
  お見せするしかなかったのですが…。
    (でもそんな未熟な自分のことは、
   決して嫌いではありません^^)


  昨日は「人・モノ・金」をどう使うかという話もしましたが、
  それは会社でも個人でも同じことが言えます。

  自分はどうなりたいか?
  どうなることが、自分の人生において最終的に幸せか?

  そこには正しい答えなどありません。
  生きていく上での価値観は、一人ひとり違う。

  それならばいっそ、「これだ!」と、
  自分が信じるものを選択すればいいのです。
  後で振り返って、間違っていると思ったら修正すればいい。

  より自分の理想に近い結果を求めるなら、
  ジタバタしてたくさんの迷路に迷い込み、
  膝を擦りむき、汗だくだくになりながら、
  心細い、目に見えない恐怖と戦えばいい。

  本能のままに生きるのが一番です。
  理性的な行動がいいなんて、誰が決めたのでしょう?


    「どんな会社で、どんな仕事をしたいのか」
  そう聞かれた時、あなたはどのように答えますか?

  社員5人の小さな会社で、
  ストレスなく、みんなで仲良く、
  ローリスク、ローリターンで
  ほどほどいい生活ができればいい。

  いや、大きな会社で大きな仕事がしたい。
  もっとお金が欲しい。
  地位や名誉が欲しい。

  これら全てが正解です。


  社員が増え、規模が大きくなれば、
  当然、社長のリスクも高くなります。

  大企業、中堅企業における、
  セクハラ・パワハラ・躁鬱、
  交通事故・貸し倒れ・横領、
  社内恋愛・社内結婚・不倫 etc…

  人がいればいるほど、
  これらのことは、起こるべくして起こってきます。

  しかし、それが会社なのです!
  こんなことが増えてきたら、
  それは会社が大きくなってきた証でしょう。

  大きな会社を目指す社長は、
  これら全てを受け入れ、対処するしかありません。


  人生において、如何にピンチに遭遇できるか、
  そしてそのピンチから学び、どのような教訓を得るか。

  起業してから12年目の、仕組まれた大脱走。
  安易に下した結論の先に待つ、月々189万円の苦しみ。
  私にも多くのピンチがありました。

  しかし、確実に言えることがあります。
  それらがなければ、今、自分はここにいない。

  人の話や書物では、味わうことのできない苦悩や窮地、
  そこに自分がどっぷり浸からなければ、
  「本当に経験をした」とは言えません。

  人生は、窮地の数だけ輝きを増します。
  ピンチは自分を磨く研磨剤だと思えばいいのです。

  こんなことが続くと、「ダメな奴だ」と、
  自分を責めてしまう人がいますが、それは違います。
  自分の行動に最後まで責任を持って、
  真剣に取り組めばいいのです。


  もっと自分を好きになろう!

  周りの人がいくらホメてくれようと、
  自分を本当に理解できるのは、自分だけです。

  もっと自分を大好きになろう!

  「三つ子の魂百まで」と言いますが、
  人の性格は3歳で既につくられています。
  本質的なものは、いくら年をとっても変わりようがありません。

  小学生の時の友人と、大人になってから再会すると、
  「おまえ変わらないなあ〜」なんて笑い合ってしまいます。

  みんな、変わらないんだ。

  けれど、色々な経験の引き出しから、
  使える道具をひっぱり出し、
  感情や行動をコントロールすることはできます。


  夢のゴールへ近づくためには、
  その道標となる目標が必要です。

  目標達成のために、時間を大切にしたいなら、
  日々の時間の使い方を可視化する手帳は、不可欠です。
  うすっぺらな手帳、真っ白な手帳、
  ましてや、手帳を持たないなんてもってのほか。

  行き当たりばったりの日々からは、
  過去も未来も見えません。


  室井 亨


┏┓
┗■  幸せの神様 『今を大切に生きていますか?』

─────────────────────────────────────────

    「幸せ負債」

   今 目標も夢もなく
   向上心もなく

   ただただ流れる時間に身を任せ
   目の前の楽しみを優先している人は

   将来の「幸せ」を借金している

      「幸せ負債」である

                      T.muroi

 

    『人生の贈り物』  スペンサー・ジョンソン著

   それは少年と老人の話です

   ある日 少年は老人から

      「君は素晴らしい贈り物を持っている」
      「それに気づけばきっと幸せになれる」
   と言われました

   しかし 少年はいくら考えても
   その意味が理解できませんでした

   少年はたまりかねて
      「それはなんですか?」
   と老人に尋ねました

   老人からは
      「自分を幸せにできるのは自分しかいないから
   自分で気づくしかない」
   という答えが返ってきました


   数年後
   若者はその答えを見つけるために旅にでました

   しかし 洞窟やジャングル 山頂 海底などを探しても
   素晴らしい贈り物は見つかりませんでした


   数十年後
   その少年が老人になった時
   はじめてその答えに気づきました

   答えは「現在」だったのです
   過去でも未来でもなく
   「現在」が1番の贈り物だから

   今 この一瞬一瞬を大切にしていけば
   自分を幸せにできるという意味だったんです

 


    「幸せの神様」

   幸せの神様はどこにでもいる
   そして不幸せの神様も…

   誰もが できることなら当然
      「幸せの神様」と友達になりたいと思っている
   でも それは全て自分の生き方しだい

      「どうしてこんなに不幸せなんだろう」
      「どうしてこうも運が悪いんだろう」

   でもその人は
   はたして幸せになる行動は
   しているのだろうか

   ともすると
      「自分にはできない」
   と最初から諦めていないだろうか

   自分に制限をつくったところで
   成功はないと思います

                      T.muroi


┏┓
┗■  『これは読め!』 ~社長から社員へ~
─────────────────────────────────────────

               【今日の一冊】
            『脳がよろこぶ仕事術』
 著:マデリン・ヴァンヘック 翻訳:茂木 健一郎  (ベストセラーズ)

─────────────────────────────────────────

  「脳科学を知ることは、癒しにもつながる。」

 今の私にとって、グッと来る言葉です。
 
 脳が喜ぶ方法を選択していると、
 前向きになり、生きることが楽に感じられるというのです。


 この本で書かれている、脳が喜ぶ方法とは、
  「不確実性と向き合う」ことでした。

 仕事であれば、
 上手くいくか分からない仕事と向き合うときや、
  「自分にこれができるだろうか?」と迷いが生じるときこそ、
 不確実性と向き合うチャンスです。

 それをクリアして、成功体験を積み重ねれば、
 脳は「大喜び!」するようです。
 逃げる方が、気持ちが楽になって心地良いのかと思いきや、
 どうも違うようでした。


 この本では、頭の良さを「社会的に成功する脳」と説明しています。
 計算能力や記憶能力ではなく、脳の仕組みを理解し、
 脳に逆らわない方法、脳が喜ぶ方法を知ることで、
  “人間関係"は良好に保たれ、その結果、
 仕事が上手くいき、社会的に成功するようです。

 しかし、その"人間関係"自体が、
 先の「不確実性」と言えるのではないでしょうか。

 私は、周りから「比較的解りやすい人間だ」と言われますが、
 人は基本的には、他人が何を考えているかなど分かりません。
 
 その「不確実性」と向き合うために、
 脳が人間関係をどう扱っているのかは、
 これまで考えてもいませんでした。

 しかし、この本では具体例や図解を交えてそのことを紹介しているので、
 私にもとても分かりやすく、興味をそそられました。


 最近の記事で見かけましたが、
 会社を退職する一般的な理由には、
 面接でよく耳にする“建前の理由”と、
 その裏に隠された“本音の理由”の2つがあるそうです。

  “建前の理由”の1位は、
  「キャリアアップしたかったから」というお手本通りの答えでしたが、
  “本音の理由”の1位は、
  「気持ちよく働けない人間関係に退職を決意した」という答えでした。

 これを見て、会社においての人間関係は、
 やはり重要だと再認識するとともに、
 脳科学をもっと知り、これまでとは異なる観点から、
 今の人事という仕事を捉え、働き方を考えていけたらと思いました。

 そのためにも、そして自分の癒しのためにも、
 困難を脳の餌と思って、バクバク食べてみたいと思います。


 この本では、直感とは偶然ではなく、
 その人が長年蓄積した体験の記憶を、
 脳が意識しないうちにつなぎ合わせて、分析しているともありました。
 
 ただ思うことも大事ですが、つなぎ合わせたり、
 分析したりするものがなければ話になりません。
 
 やはり体験や知識は必要なので、
 まずはインプットを増やさないといけないと、改めて強く感じました。


                                 人事部総務課 富樫 隆


┏┓
┗■  あとがき
─────────────────────────────────────────

 こんにちは!

 昨日は「室井魂・ライブ版」の講演でしたが、
 おかげさまで、多くの方にお集まりいただき、
 会場は満席となりました!

 私も少しだけ、中に入れたので、
 会場の熱気を感じることができました!

 講演では、当時は「失敗したと思っていた」選択を、
 今、振り返ってみると「良かった」と言えるんだという話もありました。

 「とにかくやってみて、動きながら考え、
 後から変えていけばいい」という言葉には、
 失敗してもいいから、まずは挑戦してみようという勇気をもらいました^^


 寒さを吹き飛ばす熱い講演会のあとには、
 懇親会も開催させていただきましたが、
 こちらも大変盛り上がり、
 会場の皆さまは、お仕事からプライベートの話まで、
 思い思いに談笑されていました♪


 さて、このメールマガジンも早いもので、1周年を迎えました。
 いつもお読みいただきまして、本当にありがとうございます!

 そして、来年もどうぞよろしくお願い致します。


 それでは、恒例のプレゼントにまいります^^


  【プレゼント1】"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

 先程『これは読め!』 ~社長から社員へ~でご紹介させて頂きました、
  『脳がよろこぶ仕事術』 著:マデリン・ヴァンヘック
 翻訳:茂木 健一郎  (ベストセラーズ)を、
 抽選で【5名様】にプレゼント致します!!

 □プレゼントの応募はこちら▼
 https://www.oaland.jp/commerce/contact/?mm=1219_01

  """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


 そしてもう1つ!

  【プレゼント2】""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

  ≪やりたいことをやるというビジネスモデル〜PASS THE BATONの軌跡〜≫

 「女性が1人でスープを飲んでいるシーン」が頭に浮かんだ。

 この一瞬のイメージが、
 今や全国の百貨店を中心に展開するスープ専門店
 Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)の始まりでした。

 果たして、創業者の遠山氏は「一瞬のイメージ」を
 どうやってビジネスモデルに落とし込んでいったのでしょうか。


  【スープの有る1日】

 遠山氏が最初にやったことは、意外にも
  「物語をつくること」でした。

  「お店にどんな人が来るだろう?」
 遠山氏はそれを徹底的に考え、「秋野つゆ」という架空の人物を生み出します。

 それは、こんな人物。

  「おっとりしているがシッカリ者で、自立している。
  人の事はあまり気にせず、個性的。
  あまり、細かい事は気にしない、大雑把。
  しかしこだわりは強い。
  化粧気はないのに、きれい。
  オシャレに無頓着なのに、センスがよい。
  装飾的なものは苦手で、シンプルを好む…」

 いかにも、Soup Stock Tokyoに居そうじゃないですか?

 あとは、この「秋野つゆ」が満足するように
 お店に必要なものを決めていきます。

  ◯ このスープは、秋野つゆは飲まないだろうな。
  ◯ お店の内装は、シンプルな方がいいだろうな。
  ◯ 店員さんは、お客さんとどんな風に関わると良いんだろう。

 などなど、徹底した顧客目線で
 ビジネスプランをつくっていきます。

 そして出来上がったのが
  「スープの有る1日」という、ひとつの“物語”。


 光景がありありと浮かんでくる、この1編の物語こそが、
 Soup Stock Tokyoのビジネスモデルなのです。

 そんな物語の誕生秘話と、イメージをビジネスに落とし込む手法は、
 ぜひ会場で遠山氏からお聞きください!


  ≪ 講演詳細 ≫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  【講師】:遠山 正道 氏
      (株式会社スマイルズ 代表取締役社長)

  【日時】:2014年1月21日(火)19:00〜20:30(受付 18:40〜)

  【会場】:渋谷クロスタワー24F
      (渋谷駅東口からヒカリエ方面へ徒歩3分)
  >>> http://www.access-t.co.jp/ac_forum/shibuya.html

 ▼セミナー詳細はこちら
  >>> http://c.bme.jp/18/695/142/16994
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 上記のセミナー招待券を、
 今回は先着で【5名様】にプレゼント致します!

 ▼プレゼントの応募はこちら
 >>> https://www.oaland.jp/commerce/contact/?mm=1219_02

  """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

 ※応募の〆切は、12月26日(木)18:00までとさせていただきます。

 

          ◇◆次回配信スケジュール◆◇
              1月16日(木)です!


 それでは次回もお楽しみに^^


 ■ご意見・ご感想はこちらまで♪
 ⇒  letter@dennoh.net

  ■バックナンバーはこちら♪
 ⇒ https://e.bme.jp/bm/p/bn/list.php?i=oaland&no=all


■運営事務局■────────────────────────────────

電脳 株式会社

〒107ー0052
東京都港区赤坂2-5-1 東邦ビルディング 6階
TEL:03-3560-9350  FAX:03-3560-9351

■当社サイト■─────────────────────────────────
◆コピー機・オフィス家具など 信頼と実績で28年
 OAランド http://www.oaland.jp/?mm=ftr
─────────────────────────────────────────

   メールアドレスの変更、購読停止はこちらからお願いします。
       https://e.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=oaland

─────────────────────────────────────────

 



2013年12月16日

晴天なれど風強し

90b4e78b.jpg

仙台では雪が降ったようですね
外はヒゅ〜ヒゅ〜と風の音が聞こえます。
遠くには富士山がくっきりと見えます。


2013年12月15日

昔を思いだします。

今日、昨日と年末までのノルマがあり出社。
しかし、昔は資金繰りのシュミレーションや事業計画の見直しで31日のギリギリまで会社に出ていたこと思い出します。

それが終わると達成感とともに安堵感で家路につきました。
また次の日から暫らく休みとなると何故か
大熱を出して寝込んだこともしばしば・・・。
しかし、はっきり言えることは充実感は今以上に有ったように思います。

人生を楽しく生きるコツって
決して裕福でもなく、カッコウ悪くてもジタバタしても
我を忘れ没頭できるものがあり、ハラハラ、ワクワクするくらいがちょうどいいのかも知れませんね^^

人間、一度脱線したらもう社会復帰できない!!
失敗したらもう立ち直れない!!
そんな恐れや不安に押しつぶされそうな生き方をしている人を見ますがそんなことはありません。
いくらでもその気になりさえすれば復活は可能です。

「自責の念」とは自分を責めることでも反省することでもありません。
自分の行動にどれだけの時間を費やしても責任をとること。

さあいよいよ残すところ10日余りです。




2013年12月13日

赤坂子育て地蔵さん

1f96e843.jpg
赤坂TBS通りを歩いているとお地蔵さんに出会いました。


2013年12月12日

柿食えば

51ffc2f3.jpg

思わず美味と喉が鳴る


2013年12月10日

皇居にむかって

e2bb30a6.jpg
ビル街の銀杏並木を歩く


2013年12月08日

オペラシティにて

85d7916f.jpg恒例のバイオリンコンサートを聴く

201312081340000




2013年12月07日

仙台店リニューアル

ffe3ab62.jpg3ea0a9d0.jpg

昨日、今日と店舗のリニューアル、工事と配置変え
全員で達成しました。
201312071701000
全店舗一の綺麗な、アイデア溢れる店舗となりました。
コピー機の展示の方法はマルを描くように・・・
201312071659000
201312071658001
同じスペースで同じ商品ですが
並べ方一つで商品は見違えるように
高価に見えてきます^^

201312071742000

 





光のページェント

d2de8730.jpge86090e3.jpg

e2bfef06.jpg

まだまだ人通り少なく,のんびりと一人旅・・・。



2013年12月06日

今日の仙台は晴れ間あり雲あり

8e196652.jpg

気温はさほど低くありません。
今日から定禅寺通りでは光のページェントが始まるようです、
別にそれに合わせたわけではありませんが博多に出張に行けば博多どんたくに出くわしたりと不思議な巡り合せがあります。

PS:外灯のポールにはこんな張り紙がありました。
「作業員募集 日当12000円」。
結構いい金額ですよね!

震災から1002日が過ぎました。
そして仮設住宅のお母さんの言っていた言葉を思い出します。
「なんとか私たちがここで頑張っていれば復興が進むと信じて
いましたが勘違いでした。」
ようようとして東北の復興は道も住宅も施設も進んでいないようです。
国会では秘密保護法案で与野党激突!!
結局、私たちが募った募金の使途は?
コピー機1台販売ごとに5000円を積み立てた数百万の寄付金はどこにいったんでしょうか?

それともまだどこかに滞留しているのか!
これから10年に渡り天引きされる復興税、そして法人税の一部。
私は復興が促進するのであればまったく厭わないですが
結局は、国民全員から徴収されるその膨大な金額が本当に復興に使われるのか、
または特別法人に流れ高額な退職金に消えるのか!

それとも・・・
「作業員募集 日当12000円」。
元締めのベンツ代に消えるのか?

国民の一人として、この仙台にくると目の当たりにみる状況を
垣間見て疑問視するところ多いです。
東北人の一人として


2013年12月05日

室井魂24

──────────────────────────────────
平成25年12月5日(木)

            「29年間の起業奮闘伝」
             − 電脳 室井“魂” −

          http://www.dennoh.net/?mm=hdr
                          ++ 二十四ノ巻 ++
──────────────────────────────────
               〜 はじめに 〜

 このメールは、電脳株式会社のスタッフと名刺交換をさせて頂いた方、
   交流やお付き合いのある「大切な方」へ、お贈りしております。

        どうぞ最後まで、お付き合いくださいませ。

──────────────────────────────────
┏┓
┗■ 29年目の社長日記
──────────────────────────────────

  こんにちは。

  ゴルフのLPGツアーも最終戦を終え、
  賞金女王が決定しましたね。

  横峰さくらプロと森田理香子プロの戦いも、
  抜きつ抜かれつ、凄まじいプロ根性のぶつかり合いでした。

  今回優勝した大山志保プロ(36歳)は、
  かつて賞金女王まで手にしたことのある選手でしたが、
  ついにはシードから陥落。

  怪我に悩まされ、手術を乗り越え、リハビリを続け、
  今シーズンは何度も予選落ちの苦汁を味わいながらも、
  予選会から這い上がり、この栄冠を掴みとりました。

  開催地である宮崎は大山プロの地元です。
  ゴルフ場から10分くらいの場所に自宅があるそうですが、
  いつものペースで挑みたいと、自宅よりも更に離れた
  ホテルに宿泊して、戦いに挑んだそうです。

  人は生きている限り、頑張っていればこそ、
  誰しも辛いこと、苦しいことに出会う。

  だからこそ、大切なことは、
  辛いこと、苦しいことから逃げないということなんですね。


  話は変わりますが、最近思うことがあります。


   ♪あの日にかえりたい♪
                     by 松任谷由実(1975.10.5)


  今日、東京駅を通った際、
  修学旅行の生徒さん達をたくさん見かけました。


  そんな若々しい姿を見るたびに、いつも思うこと。

  「全ての財産は放棄しますので、今の経験だけ持って
     もう一度、この子たちの歳まで戻してくださ〜い」

  そうしたら目標をしっかり立てて、
  その夢の実現のために、猛勉強しちゃうんだけどね^^
  (叶わぬ夢のまた夢ですが。。。笑)

    随分と回り道したなあ〜と、
  ちょっぴり過ぎた時間を愛しく思っている今日この頃です。


  室井 亨


┏┓
┗■  幸せの神様 『10年後の別な人生』

──────────────────────────────────

  人は皆 目の前にあることでいっぱいだ

  そして 今すぐ効果の出るものに興味を示す

  ダイエット本もしかり
  本屋さんに行っても ビジネス書と言われる棚には
  即効性を促すタイトルが多く並ぶ

  しかし 人生には 今すぐ意味をなさなくても
  それに気づいたことにより
  後々の人生に大きな影響を及ぼすものがある

  10年後には全く別の人生になっていた
  そんなことがあるかもしれない


  当然 日々みんな一生懸命頑張っている
  しかし その大事なことに気づかないで頑張っていると
  10年後 取り返しがつかなくなっていることもある

  10年と言う時間の巻き戻しは
  途方もなく遠く 難しい


  ***


  先日、とある「一流」といわれる
  広告会社代表の方の話を聴く機会がありました。

   「何故そこまでクオリティの高いお仕事ができるのですか?」
  という質問に対して、その方はこう語りました。


 ========================

  『私は美術学校やその専門の学校には通っていません。
   ただのサラリーマンでした。

   ただ、唯一(変わったきっかけが)あるとすれば、
   高校3年生の夏にあると思います。

   私は、小・中・高と野球漬けで、高校では甲子園を目指し、
   自分に「素振り一日500本」「ランニング10キロ」とノルマを課し、
   ひたすら頑張りました。

   そして、高校3年生の夏の大会のこと。

   3回戦で私たちのチームは、
   ノーヒットノーランで負けるという、
   みじめな結果に終わりました。

   これまでの人生全てが否定されたと、
   数ヶ月落ち込みました。
   もう野球はやめようとも・・・。

   しかし、大学に入学し、再び野球を始めました。

   そしてあの時の記憶を振り返り、
   ひたすら一生懸命やるだけでは自己満足に過ぎないと認識し、
   プロ選手のバッティングフォームを録画し、
   自分のフォームと比較しながら、何故打てるのかを研究しました。

   そして遂に、大学で納得のいく結果を出せました。』

 ========================


   その後、会社に入ってからも、
   結果を出している同期や先輩の仕事ぶりを研究し、
   ひたすら考え、マネすることから始めたそうです。

   振り返ってみれば、私自身もこれまで、
    「もっと早く気づいていれば、別の人生を送れただろう」
   と思うことが、たくさんあります。


   これからの10年なんて、
   まったく予測がつかないものです。

   それでも今、たくさんの気付きを得て、
   10年後の人生を必ず変えてみせようと、いつも考えています。


   振り返れば、
   これまでの人生には、たくさんの選択がありました。

   『成功に偶然はない』

   誰かが成功すると、人は、その運の良さを羨む。
   その気持ちもよく分かる。

   しかし、他人が成功した理由を「運の良さ」で帰結する人間は、
   永遠に成功することはできない。

   何故なら、どんな大きなチャンスがあったとしても、
   準備が万全でない人は、
   その「成功への道」に繋がる扉にすら、
   触れることができないからだ。

   むしろ、扉がそこにあることさえ、気づかないかもしれない。


   毎日0.1%でもいい、
   仕事の質を高め、準備をしておくことだ。

   1日0.1%の改善でも、
   1年間続ければ、約40%の改善となる。


   そして、その努力を続けられた人が、
   幸せの神様から、チャンスをもらうことができる。
   大きな幸せの波に、乗ることができる。


   ***


   日々繰り返すこと

   地道な作業ではあるけれど
   その地道な作業の繰り返しこそが
   大きな結果を生む秘訣

   そして
   運のいい人になるための方法だ


   他の誰よりも
   自分の仕事を楽しめるプロになろう

   仕事に夢中になることは
   それほど難しいことではない

   仕事を
   人生のゲームだと思えばいい

   時間を忘れ 夢中になれれば
   こんなに面白いゲームは無い


   楽しむためのゲームの本質

   それは 今の自分の力量に応じて
   達成できるかできないか ギリギリの目標を設定し
   勝つために どう努力するかだ


┏┓
┗■  『これは読め!』 ~社長から社員へ~
──────────────────────────────────

               【今日の一冊】
 『プロフェッショナル ミリオネア〜年収1億円を生む60の黄金則〜』
          著:江上治(プレジデント社)

──────────────────────────────────

 この本を読み始めた時、
 一億円というあまりに大きな金額にイメージが追いつかず、
 今の私が読むにはまだまだ早すぎるのではないかと思いました。

 しかし、読んでいくにつれ、
  「年収一億円を稼ぐ成功者」が掲げる目的達成のための考え方や、
 必要な習慣・行動などが実に細かく分かりやすく示されており、
 私が読んでも非常に興味深く、新たな発見が盛り沢山の内容でした。


 特に印象深かったのは、

 「行動の結果でしか人は変われないと知っているか!」

 という言葉です。


 この言葉を目にし、一瞬ドキッとしました。
 まるで私に向けて言われているような感覚があったのです。

 私は普段、頭では行動することの大切さを理解していても、
 いざ行動しようとすると、一歩踏み出すのに時間がかかったり、
 結局踏み出せていないことが、これまでに多くありました。

 セミナーに参加したり、本を読んだりしただけで満足してしまい、
 行動にまで落とし込めていませんでした。


 本書では、知識やノウハウを知っているだけでは役に立たず、
 実際に試し、工夫や改善を加え自分のものすることで
 初めて役に立つと、書かれていました。

 その行動を起こすための「勇気を出す2つの実践方法」とは、

 ◎【多少の強制力】
  退路を断ち、やらなければならない状況をつくること

 ◎【小さな挑戦】
  新しいことへの挑戦が現状の環境を変える一歩だということを
  強く認識すること


 この本を読み進めていくにつれ、
 私自身、自分に甘いことや、変化を恐れていることに気付かされ、
 思わず『なるほど!』と、納得することができました。

 自分を変える方法を知った今だからこそ、変化のない日常を変えるために、
 この2つの行動を軸に、改善に取り組んでいきたいと思いました。

 この他にも、「人として大切なこと」や、
  「成長に繋がる成功の法則」が、あと59もの項目で、
 分かりやすく、 ぎっしり詰まっていました。

 この本をもう一度読み返し、
 ひとつでも自分の血となり肉となるように、
 実践していこうと思いました。

 

                  会議室事業部(3年目) 山崎 省吾

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 社長から一言:


 人間は元来、怠け者です。
 そして、変化を嫌います。

 私なんて、その最たるものと自覚しています。

 ただ社長という立場は、逃げ場がありません。
 気づいたら、否が応でも“退路を断たれて”いました。

 だからこそ、時計の針のごとく、
 戻ることは許されず、前に進むのみでした。

 そして、もうひとつ気づいたことが、
 頼る人もなく、ギリギリの世界、
 アウェイの世界に身を置いてきましたが、
 案外潰れずに、普通の人間でも、
 続けてこれるということです。

 人間の能力なんて、突き詰めれば50歩100歩の違い。
 心の持ち方ひとつで変わるものなんじゃないかな。


 世の中のほとんどの人が、
 その道の向こうに全く違った世界があることを、
 見ずして終わっているように思います。

 自分が10年後、20年後・・・はたまた50年後、
 幸せで豊かな結果を求めるのであれば、
 その嫌なことから目をそらさず、やるしかないんです。

 それも今すぐに・・・。


                            室井


┏┓
┗■  あとがき
──────────────────────────────────

 こんにちは!

 朝晩の冷え込みが厳しい季節ですね。

 東京はまだですが、各地で初雪が降り、
 雪景色に白く染まった地域もあるようです。


 そんな寒い日々ですが、皆さま、体調はいかがでしょうか^^?

 街を歩いていると、厚手のコートにマフラーを巻き、
 マスクを着けた方を多く見かけます。

 インフルエンザやノロウイルスなども流行ってきているようなので、
 暖かい格好で、この冬を乗り切りたいですね!


 そんな寒い季節にオススメしたい、
 熱い講演会のご案内です♪

 前回もお知らせさせていただいたこちらの講演ですが、
 まだ若干お席がございます!


 ≪ 講演詳細 ≫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『室井魂』の誕生秘話
 〜29年間の起業奮闘伝・ライブ版〜

 【日時】:12月18日(水) 19:00〜20:30(受付 18:40〜)

 【会場】:クラブハウス会議室 赤坂(電脳赤坂オフィス)
      (東京メトロ赤坂駅 2番出口より徒歩3分)
 http://www.kaigi.biz/map.html

 【定員】:60名限定

 【参加費】:無料(終演後、懇親会有り)
        ※懇親会は実費3千円を頂戴します。


 ※お手数ですが、こちらのフォームよりお手続きください。
 http://c.bme.jp/18/695/137/17181

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 講演会の熱気を、ぜひ会場で感じていただければと思います^^

  (あまり公の場に立たない室井ですから、
     これが最後の機会、幻のライブになるかも知れません!!)

 

 そして、恒例のプレゼントです!


 【プレゼント】"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

 先程『これは読め!』 ~社長から社員へ~でご紹介させて頂きました、
  『プロフェッショナル ミリオネア
 〜年収1億円を生む60の黄金則〜』著:江上治(プレジデント社)を、
 抽選で【5名様】にプレゼント致します!!

 □プレゼントの応募はこちら▼
 https://www.oaland.jp/commerce/contact/?mm=1121_01

 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


 ※応募の〆切は、12月12日(木)18:00までとさせていただきます。

 

          ◇◆次回配信スケジュール◆◇
              12月19日(木)です!


 それでは次回もお楽しみに^^


 ■ご意見・ご感想はこちらまで♪
 ⇒  letter@dennoh.net

  ■バックナンバーはこちら♪
 ⇒ https://e.bme.jp/bm/p/bn/list.php?i=oaland&no=all


■運営事務局■─────────────────────────

電脳 株式会社

〒107ー0052
東京都港区赤坂2-5-1 東邦ビルディング 6階
TEL:03-3560-9350  FAX:03-3560-9351



今日の仙台は晴れ

a95d124a.jpg
温かいです。


2013年12月04日

永遠に

c1f2a78e.jpg456ac5a0.jpg

富士山はどこらみても富士山、神々しいですね


2013年12月03日

日笠さんからのお便り

IMG_5025

あっと言う間の12月で、もう一年が終わろうとしています。
この秋も早々と終わり・・・
紅葉狩り!も短いものでしたが、私の今年の紅葉見学はいつもの年と比較すると随分と欲張ったものでした。

11/8.9 鹿教湯温泉/上田市内で、 



2013年12月02日

いい眺めですね

131130_075829

幻想的でしょう!!

 



2013年12月01日

河豚フルコース

フルコース頂いてきました。
131129_190005131129_200822
131129_185930勿論、肝まで・・・