2015年01月

2015年01月31日

晴れ男返上

最近の天気予報は正確ですね

その前後は晴れましたが、唯一30日だけ大雪でした。

 

続きを読む

2015年01月30日

成長する会社とは  強い会社とは

「日本一幸せな会社・社員」

ブランド力もあり、収益性の高い会社、人間味があり温かい会社。給料が高くて、休みが多くて、遣り甲斐のある仕事を任されて、達成感、充実感を得れる会社。

しかし、そんな幸せが天から降ってくるような会社はあるだろうか?

そしてその会社に入るために、学生時代も含め並々ならぬ他を圧倒する努力の糧にそのステージに立つことができ、入社してからも緊張と葛藤の中で研ぎ澄まされるはず。

その後も寸暇を惜しんでその任された仕事に従事し、結果を出すからこそ信頼され、序々に遣り甲斐のある仕事につき報酬もついてくる。


先日のNHK番組 プロフィッショナル(file:253)は
弱小、日本ラグビーチームを就任3年目で
世界ランク9位まで押し上げた名将エディー・ジョーンズ

彼は世界大会で南アフリカチームを優勝させるなど輝やかしい実績をあげている。当然、それまでに数々の苦難、葛藤、失敗も経験してきた。

そんな経験の中でチームをつくる上で重要なことは

チームをハッピーにしないこと
何故か?

居心地がいいと

その場所には刺激なく、競争原理も働かず

充分な能力も発揮できない

という理由からでした。

だから、エディーは意識的に正選手と言えど突然外すこともしばしば。またラグビーボールを敢て滑りやすいアメフトボールに変えとことんミスさせるなどして緊張感、刺激をかもし出す努力をしているそうだ。

ビジネスの世界もスポーツの世界も同様なことが言える。同好会で楽しく和気藹々と練習している会社が厳しく熾烈なチーム内でも戦っているチームに勝てる確率は少ない。そして勝つ喜びがあるからこそ努力をし更にうえを目指す。

日本一幸せな会社とは、楽しく和気藹々の会社ではなく、お互いに切磋琢磨しシビアに結果を求め、刺激しあい個々が成長できる会社だ。

続きを読む

2015年01月29日

30周年パーティ

お客様の30周年パーティに招待を受け出席してきました。

20150128_18125820150128_181550

1985.2月 創立だそうです。

携帯電話が世に出たばかりで、なんとその重量は20k、当然ポケットにはいらないのでショルダーで・・・。買取価格が25万円。

あれから30年、技術の進歩は著しいですね!

今では価格は安いものなら著しくゼロに近いものも。また電話を掛けるだけの機能ではなく、音楽を聞いたり、ゲームを楽しんだり、画像を見たり、パソコンとしての機能も。そしてそれにともなう出会いサイトや取り込み詐欺、ストーカーなど犯罪も増えました。

今では電車に乗り、向かいに座っている人を見ると90%が携帯をいじっている人ばかり、便利の裏にはたくさんの弊害も生まれてきている。

人様の30周年の歴史やその当時のことをお聞きすると、やはり同じ年に生まれたわが社の時代背景や経済状況も同時に思い返される次第です。

そしてよくここまで続けてこれたなあと不思議な感じさえします。

続きを読む

2015年01月28日

春よこい!

今日は、晴天

されどピゅーピゅーと風が鳴り、気温も最高7度と

寒い寒い一日です!!

続きを読む

2015年01月27日

32年前のカップ

20150128_090010

嘗て勤めていたところではPIPSという簡易言語を販売しており

今考えても現在使われている言語よりあらゆる面で優れていたようの思います。

そして私は今でもこのカップでコーヒーをいただいています。

続きを読む

2015年01月24日

夢はせる!

20150124_113405
牧場へ馬を見にいきました。

20150124_11423220150124_114213
こんな馬で一年後

モンゴルの草原を駆け巡ったらどんなに爽快なことか!

一瞬、イメージしてみました。


続きを読む

2015年01月22日

蟹5k

いや〜蟹たらふくいただきました!!

20150121_091551

ご馳走さまでした。

続きを読む

2015年01月21日

さあ、今日から新たなる一歩

20150121_075950

お赤飯とあさりの味噌汁で・・・

続きを読む

2015年01月20日

カウントダウンパーティ

昨日は、私にとっても思い出深いそして創業5年目に「ひとり祝い」をした場所、システム開発の事業を閉じ、今の事業に転換を決意した場所、「幸すし」さんで還暦カウントダウンパーティをさせて頂きました。

お店とのお付き合いも26年、集まって頂いた方も初めてお世話になった会社の先輩(37年間)、サラリーマン時代に営業に伺った時からのお付き合いで、そのときは新入社員(29年間)、会社勤めにも関わらず、今の事業をひとりで始めた時、勿論無給で休みの日や放課後に仕事を手伝っていただいた方、独立してお付き合いさせて頂いた会社の方も新入社員からのお付き合い(26年間)、その他10年以上のお付き合いさせて頂いてる社外の方が駆けつけてくれました。

これにて6ヶ月、休肝マラソンでスタートするべく家のお酒を全部持ち込まさせて頂きました。またお祝いにお持ち頂いたお酒の数を入れると5升を12人で飲んだことになります。

20150120_192726

私を除いてみなさん全て人間としても、その道においても私から見れば一流の方々、そしてそんな人たちに囲まれ、新たなスタートを切れること本当に感謝の一日でした。2015.1.20)

20150120_19274720150120_183800

20150120_19265820150120_193050





続きを読む

2015年01月18日

60本の薔薇

娘家族がお祝いにきてくれました。

20150119_04493320150119_065107

「おじいちゃん!おめでとう!」「一緒に遊んでね!」「長生きしてね!」

そんなことを孫たちは小さな花束をもって・・・

なんか嬉しい反面、「長生き?」そんな歳になったのか〜と複雑な思い

まだまだ死なないぞ!!

あと30年は生き抜いてやる!健康で!

そんなファイトが沸きました。

実際、60本あるかどうか数えてみますがなかなか印もつけられず大変でした。

感謝の週末でした。


続きを読む

2015年01月16日

もう90歳

20150116_095426

我が家のチョコビ君も、もう人間で言えば90歳

我が家に来てから17年目となりました。

定期健診や予防接種をお願いしている病院に行きましたら、当病院のギネスだと言われました。ここまで病気、怪我なくなんとか過ごしてきましたが、先日、先生からそろそろ厳しいとのこと。散歩以外はほとんど寝ています。

とにかく全うしてくれれば・・・。それが家族の総意です。

特にこの20年間は私にとっても家族にとってもあり過ぎるくらいに色々なことがあった期間であり、その大半を一緒に過ごしてきたことを考えると感慨深いものはあります。

まだまだ元気で頑張れ!!


続きを読む

2015年01月15日

頂きました^^

ドクター召納蟒僂寮禅畚颪箸箸發亡瀛娑貽善蕕犬襯泪優献磧爾持ってくる。

千疋屋の高級メロン

20150115_12564720150116_084238

本日、3回目の成人式を6日後に控え、その日が丁度食べごろと頂いてしまいました。私のような平民にとってはここまでの人生での初ものです。

それにしても今日は寒いですね。

もう直ぐ大寒、母は隙間風の入る田舎家で、野山は雪景色。こんな次期に生んでくれたのか!とこの世に生を受けたこと感謝です。その意味でも存在価値をつくらないといけませんね。

そういえば電脳という会社に入社し、出会いがあったからこそなんと23人くらいの若い対象者の中、80.6%の確率でカップルができ6組が結婚まで至っていることだって会社の存在意義と言えばいえないこともないですね!

そんなみなさんは、最後まで添い遂げ幸せな家庭をつくってくださいね!

現在のところまでは幸いなことに離婚率ゼロ!!


続きを読む

2015年01月14日

いい香り

蠟梅の季節になりましたね

20150114_101924

どうも冷え性なのか??

寒さには弱いですね^^;

春が待ち遠しいです

夏がくればまたそれで暑い暑いと・・・・


続きを読む

2015年01月09日

こんなところからスカイツリー

20150108_103724
お茶の水駅を降り靖国通りを神田、秋葉原にむかって
いくとスカイツリーがまっ正面から大きく見えました。
そうか!こんな位置、方向にあったんだ!



2015年01月08日

自らを棚卸

今年の年賀状には大学時代の友人から何件かこんなコメントが入っていました。

「昨年の○○月で定年を迎えました。」
嗚呼、そうか私自身もそんな歳になったのか・・・

その意味では今年は自らのここまでを振り返り、これからの人生をどう生きるべきか静かに考える年にしようと深く思った次第です。

そして30数年前、或いは20数年前にお客様からまたは紹介にてたくさんのいいご縁を頂いた方たちとお会いしてみるのも自分自身を映す鏡ではないかと思いました。

そこで今日はサラリーマン時代大変お世話になり、可愛がって頂いた某国立医科大、小児歯科の先生にたまたま最寄駅に下車したのでアポイントもとらず尋ねてみました。2階に上がり、受付にて自分の名前を言って「先生いらっしゃいますか」と言うと・・・

数分して「やあ〜室井さん、元気でした」と先生は診療中なのにもかかわらず出て下さいました。
先生は既に立派な肩書を持っておられるにも関わらず、僕は一生現役でと医療の現場に立つとおっしゃられていました。
そして今年3月で65歳の定年を迎えるがアジアの後進国やモンゴルなどにも技術指導を続けるということでした。

それにしても、もう20年以上も御無沙汰でもこうして快く迎えて頂けることは、なによりの人生においての「宝物」と自信と誇りをもって帰ってきました。
そして別れ際に「室井さん今度、時間があったら食事でもしながら飲みませんか」とメモ紙に携帯とメールアドレスを書いて渡してくれました。

ところで・・・
この週は新年のあいさつ周りと位置づけし、時間を費やしていますが、社内でも私の徳のなさからか、はたまたその子たちが社会人として未成熟なのか、私が席につくと年齢や社会経験の数とは関係なく「社長、明けましておめでとうございます」と挨拶にくる社員もいれば、遠方のためメールで今年の所信を伝えてくる社員もいる一方、そんな姿を見ていても、まったく意にかえさずパソコンにむかっている若者たちもいました。

昔、サラリーマンの時、会社を辞める先輩や後輩を見ていて・・・
あんなに親しそうだったのに、辞めるとなるとこんなに冷淡でいられるのか!
と思うほどの老若男女関係なく対応する人々、一方、日頃からなにを考えているか解からなかった昼行燈のような大先輩の上司がしっかりと椅子から立ち上がり、頭を下げ優しいまなざしで「お疲れ様、次の職場でも頑張ってね!」と声を掛ける姿勢。

そんな時、人の真価はこういう時に現れるものとつくづく思い、私自身も辞める時には掃除のパートのおばさんを始め老若男女に関わらず、すべての人に「お世話になりました」と頭を下げ人生勉強したものです。

明けましてのあいさつは、決して悪気ではなく、どう対応していいのか解からない産物、一方若くても家庭環境か、当たり前のレベルが普通なのか一年目でも二年目しっかりしてくる社員もいます。

60歳になり定年を余儀なくされる人、慰留される人、他社から声を掛けられる人、それはすべてその人間の60年間の生き方の価値、価値の創造時間だったのだとようやく現実味を帯び感じています。価値が創造できなかった人、それは苦労の数、葛藤の数に比例し、若かりし頃の「幸せ負債」の借財ではないだろうか?

どんな場所にいようが自らの仕事に真摯に立ち向かい、「まだまだ俺は未熟」とおごることなくひたむきに努力してこそ当たり前のレベルがぐんぐん上がっていくそしてどこに行っても通用する人となる。
真価は会社のブランドという裃を脱いだ時、初めて見える。

2015年01月07日

七草かゆ

一年間の無病息災を願って・・・

20150107_080129
今日は七草かゆですね

我が家では毎年、この日の朝食は・・・

続きを読む

2015年01月05日

明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い申し上げます。

私自身、今年一年の出来によって今後の人生が充実したものになるかあるいは否かと覚悟し今日も4時には起床し活動を始めました。まずは早寝早起きに努めていきたいと考えております。(生活パターンを変えなきゃ!!)

年末は27日〜30日まで田舎に帰省しておりましたが雪のない生活が如何に快適か改め感じた4日間でした。とにかく屋根から落ちてきた雪が二階の屋根までつきそうでした。

20141228_10215020141228_102120

年始は駅伝三昧、そして読書三昧

唯一、昨日、孫たちと狭山湖を走ったりボールを蹴ったり・・・

20150104_12063320150104_120110


続きを読む

2015年01月01日

居酒屋を極める

60歳となり、ある目的を持ってとりあえず、ある期間まで酒をお休みした。

3日坊主、或いは7日坊主???

今日で12日目となる、その間、数々の新年懇親会やパーティという酒席もあったがウーロン茶でなんの問題なく通すことができた。

他人ではなく自分との戦いだ!そして今度こそいけそうな予感・・・。

そうなると解禁になったときの楽しみ方も変わってくるやも知れない!惰性ではない一時々の酒の楽しみ方。そんな中で「居酒屋を極めるなる」本を見つけた太田和彦著、資生堂のデザイナー、ここまでデザンに関する本は一冊だが酒の本は30冊だしてるらしい。

 

一番、好きなものを断つ!

何事においても「志」と強い信念があれば、可能となる。ビジネスにおいても共通する、そしてその先には今までにない自分がいるはずだ!!だからこそ新しい自分が楽しみだ!

この本の一説を紹介しよう

いろいろな人が、色々な境遇を背負って居酒屋にやってくる

酒を飲む理由は人それぞれだ。

楽しい酒も、希望の酒も、悲しい酒も、失意の酒も、落魄の酒もあるだろう。

眺めているのは人間。

人生の縮図かも知れない。

こういうものを見られるのは居酒屋にしかない。

ひとり一人の世の姿を見る。

これが居酒屋の最大の良さである。


続きを読む