2015年03月

2015年03月31日

今日も晴天

20150331_074754
小手指の水路に立つ桜並木

20150331_074546
真っ青な空に淡いピンクがよく栄える。

20150331_074619
日本人に生まれてよかった〜のひとつ

そして中東戦争、フランスにまで及ぶテロへの恐怖を思うと

日本人として花を愛でる時間が許されていることに感謝。


続きを読む

2015年03月30日

夕暮れの狭山湖

20150330_170328

例年よりかなり早めの東京での満開情報。

今日も最高気温20度を越す。

太陽が西の空に沈む頃、湖の稜線をオレンジ色に染める。

20150330_170546

狭山湖の桜は六分咲き。

週末は好天に恵まれればたくさんの人でが予測される。

都会の桜の名所もいいが、人気の少ないこんな風情が私は好きだ。



続きを読む

2015年03月27日

木蓮の花

20150325_105311
日本橋ガーデンオフィスショールームbyOAランドをオープンして早いもので一年と3ヶ月。

20150325_105335
ここは三井不動産が開発する

コレド日本橋から徒歩5分以内の好立地。

店内は至るところに植栽が設置され緑で包まれ

木製デッキが色々なイベントでのステージとなる。

そしてこの季節、その前の歩道のロケーションが最高だ。

photo_16IMG_6580
photo

続きを読む

2015年03月26日

皇居堀を見下に

20150326_160737
日経ビルにて

一日、めっぱい座学。

さすがに・・・

1時間の昼休憩を挟んではいるものの腰にくる。

ただ講師の先生の話は非常に理解しやすくワクワクするもの。

これは相当、場数を踏んでいるなと尊敬の念。

続きを読む

2015年03月23日

銀座の裏路地に

7時、新橋駅を降り銀座六丁目に向かう

夜の銀座を歩くのはいつぶりだろうか?

いかにも同伴というホステスと50代の社長風

ここには色々な人生ドラマ、男と女の人生模様。

人間模様があるんだろうな?

と思いつつこちとらは待ち合わせ場所の焼き鳥やに。

帰り道、路地裏には色々な店がありました。

20150324_22241420150324_222327

続きを読む

2015年03月20日

山頭火のラーメン

15年前、旭川に旅した時に初めて頂いた「山頭火のラーメン」

それから数年して都内に他店舗化し、一時は、ラーメン人気ナンバー1にも輝いたがいつのまにか恵比寿からもなくなり、めっきり見なくなりました。

20150305_190726

しかし私はここの味噌ラーメンが結構好きです!!

なにが原因なのでしょうかね?

続きを読む

2015年03月17日

日本橋起業家セミナー

昨日、西武ライオンズ現役選手である森本ひちょり選手にご講演を頂きました

そして今までにない参加者、椅子を増やし対応させて頂きました。

 

当社も創業30年目を迎え
かつての元気や活気が薄れ、
安心感とのんびりモードが同居している社内。

嘗ての活気を如何に取り戻すか!
頭を悩ましているところです。

20人、30人規模の会社の時は、なにも言わなくても以心伝心
本当に忙しかったこともあり、
それを理解し、遅刻するものも休むものもなく
心一つに一丸となって誰ひとり文句も言わず
会社がひとつにまとまっていました。

それが組織が多少大きくなり
多能型から単能型となり
縦割りの組織で他の部署は我かんせず。

切磋琢磨というよりは和気藹々
会社存続30年という説がありますが
まさに当社はその状態だと危機感を感じている今日この頃です。

そんな折、
組織の活性化
強い組織をつくるのはつまらない能書きをたれるより
「全力疾走」だったんですね。

凡打でも振り逃げでも
守備が終わってベンチに戻る時も兎に角、全力疾走!!

常にBクラスに甘んじていた日本ハムが
リーグ優勝を果たすまでに至った話。

日本人より日本人らしい
根性とか情熱を大事にするヒルマン監督が就任し
新庄でさえも全力疾走しなければレギラーから外す
そんなチームつくりをする中で

ベテランの稲葉選手や小笠原選手ですら全力疾走、
そうしてチームの意識は大きく変わっていく。
そして、ついに2006年、
リーグ優勝を掛けたソフトバンクとの一戦、
日本ハムの選手9人の年棒が
ソフトバンクのいち外人選手のそれより
安かったくらいに球団は貧乏でエリート選手がいない中

ついに勝利し、日本シリーズをも制したという話でした。

「全力疾走」から生まれたものは何か?

チームがひとつにまとまるということでした。

チームがひとつにまとまればどんなエリートチームにも勝てる。
技術でも能力でもなく、熱い思い、一生懸命さ。

私も原点に戻り、まずは元気な挨拶からのスタートを
切ろうと思いました。

会社は起業して4年くらいまでは偶然とラッキーで
うまくいってしまうことがあります。

それから10年、20年、30年
その時折で山があり、上り坂、下り坂、まさかあり

大切なことは
あの20、30人の時の思いを如何にその当時に
一緒に苦労したひとたちが伝道者になって歴史や文化をつくるか

その都度、立ち止まって振り返る、検証する
そんな行動、思考がこれから50年、100年と
続く「道」と改めて思いました。

常に初心忘れず、原点に返って危機感を持ち続け真摯に

努力していくことが継続する道。

残すところ5ヶ月で31年目へと向かう。

続きを読む

2015年03月12日

現場力

20150331_092033

中小企業が成長するためには

どんなに優れた経営者のトップダウンの指示より

現場からの自然発生的なボトムアップの行動には到底叶わない。

その意味では経営者の役割は如何にそのインフラをつくり演出するかのみ。

演じるのは社員であり、そして聴衆者であるお客様からの鳴り止まない拍手

あるいは、「ありがとう」の結果に感動するのも社員でなければならない。

遠藤功氏の著書を7冊チョイスし、読みふけってみた。

特にこの本とガリガリ君でおなじみの赤城乳業を取材した「言える化」

の本に関しては主要社員たちのヒントになればと紹介する。

続きを読む

2015年03月09日

紫陽花の芽が

20150312_075850

庭の紫陽花の芽が吹きたしました。

もう春なのですね!

続きを読む