2015年10月

2015年10月24日

ついにベスト4へ

20151024_150514

1回表、エラーでノーヒットでノーアウト満塁

絶対絶命

このまま行ってしまうのか・・・

緊張感が走る

なんとか相手の走塁ミスなどに助けられ1点に抑える

そして裏の攻撃、1点を返す

2回、3回とお互いゼロ行進

そこから、なんとか点を重ね時間切れ5−1で勝利。

草野球の場合、如何に失点を最小限で抑えるかで勝敗は決まるのだと知らされた試合でした。

残念なことは、ほぼ勝敗は決定していたのですが相手の最後のバッターが空振り三振となり、バットを投げ捨て蹴飛ばして、最後のゲームセットの挨拶もせずにその場を離れていってしいまったこと、後味の悪い終わり方でした。

 

続きを読む

2015年10月23日

感謝を込めて

「松茸すき焼きパーティ」

今回で2回目となる長年勤めて頂いている人を招いてパーティを実施。

黒毛和牛の最高の肉と国産松茸、たまごもヨウドラン光

酒は久保田の万寿、こんな時こそケチらず最高の食材と最高の酒で・・・

自社ビル「電脳倶楽部にて」。

20151023_20140920151023_200818

みなさん、ここまでありがとう

そしてこれからも宜しく・・・



続きを読む

2015年10月19日

農業体験を通して

ここのところ秋晴れの毎日が続いていますね^^
そして都会を離れてみると車窓からは黄金の稲穂が一面にほ拡がっている光景。
先日の18日(日)、当社でも”農業体験”一年の集大成として稲刈りをしました。

今年は、種もみから苗つくりをし、田植え、そして天候不順や大雨の影響もあり
予定よりだいぶ日程が伸びてしまいましたが先週の日曜日、収穫となりました。

その意味では思いも一入(ひとしお)
また田んぼをお借りしているW様ご一家には、水の管理から草取り
そしてその都度、想定外の美味しいご飯をご馳走になり感謝、感謝のひと言です。

しかし、今回はいつもより稲作面積がひろく10人の若い衆と社外応援団に
お手伝い頂いたのですが、刈っても刈っても先が見えず、9時半から始まった
作業は4時間半におよびようやく終了。

20151018_10171020151018_104124

機械でやったら直ぐ終わったのでしょうが、昔の人は全てを手作業で
ご苦労なさったのかと思うと凄いパワーを感じました。
そして一生となれば腰が曲がってしまうのも当然のこと。

20151018_130338

さあ!そのあとは待ちに待った”収穫祭”
同時進行で調理班が東北山形の”芋煮会”を完全再現!

20151018_150732

里芋を弱火でゆっくりと煮崩れしないように長時間かけ煮ながら
牛肉をゴボウと一緒に別な鍋で炒め、芋が煮えてから
合わせて醤油ベースの見事な味の再現。

そしてバーベキュー、新米試食、朝取れの卵、新ジャガコロッケ
ビール、黒糖酒(奄美大島の朝日1升)、秩父錦(20度 1升)と
次々と瓶は空いていきました。

20151018_165834

やはり労働の後の酒も飯も格別に美味しく365日の一日
雲ひとつない晴天の下、こんな一日は貴重だな〜と幸せ一杯の時間でした。
そしてどの顔にも、心地よい疲労感と達成感が浮かんでいたことお伝えします。

追伸

収穫祭はW家のお母さんにもご参加いただいたのですが、

「良かったら来年もきてください」
という嬉しいお言葉を頂きました。

そこには、若い社員たちがその都度お世話になった旨の「感謝のハガキ」
そしてお返事を頂くなど、心の交流があったのを見逃すことはできません。

我が社はこんな出会いと人の温かさを積み重ねながら、社員も会社も少しづつ成長していければいいな・・・と思っています。



続きを読む

2015年10月18日

”走る姿” 孫に乾杯!

本当は昨日が小学2年生になる孫の運動会でしたが、雨のため翌日に順延。

残念ながら孫の勇姿を見ることは叶わず・・・。

そして娘から孫のリレーの写メールが届きました。

ジジ馬鹿と言われ様が・・・

走るフォームが美れい

私の孫に限らず、早い子供は誰に教えられることなくフォームに癖がなく自然体で走るんだなと惚れ惚れとしてしまい、早速携帯の待ちうけ画面に入れてしまいました。

もうひとつ、1年生から各クラス男女2名づつ選出され、3学年通してのリレーですが今年も選ればれたと聞き、近くの靴屋さんで一足100グラム以下の靴を買ってあげたのですが、多分、軽いしこれなら走れるというメンタル面も作用したのではないかと勝手に思っています。

どう見ても短距離に関してはいつも後ろから数えた方がいいくらいの運動音痴の私ですからこの孫の足は私の遺伝子でないことは明らか^^;だからこそ自分にはないものを持った孫を誇らしくも思いました。


続きを読む

2015年10月17日

ベスト8へ

さすがにベスト16までくれば厳しい接戦を予想。20分ほど遅れて到着すると一回裏が終了し0-0、そして2回裏、相手のエラーも絡んであれよあれよと言う間に打者一巡の猛攻で8点を先取、守っては最後は継投でノーヒットに抑え13対0の5回コールドで勝利しました。 

20151017_145445

1回戦 1 − 26 コールド

2回戦 2 −  9 コールド

3回戦 0 − 12 コールド

4回戦 0 − 13 コールド

さあ次を凌げば悪くても3位決定戦の最終日まで楽しめることになる

20151017_145356

怪我なくみんな楽しんで欲しいもの


続きを読む

2015年10月16日

美味いラーメン見つけたり

20150813_131222

当社チームの野球観戦の帰り

行列を発見!!

それほどのものか?

と車を止め入ってみるとハズレなし

続きを読む

2015年10月15日

お江戸日本橋

20151009_13430220151009_134311

以前,阿部寛主演の映画でも取り上げられた麒麟の像

弊社日本橋のショールームから大手町の本社まで歩いていたのですが多少時間に余裕があったので川添を遠回りしてみました。

それにしても凛として神々しく、心洗われるような・・・

「麒麟(きりん)」は中国の神話に現れる伝説上の「四霊獣」の一つです。「応龍」は【変幻】、『麒麟』は【信義】、「鳳凰」は【平安】、「霊亀」は【不死】を表します。そして、木(肝)・火(心)・土(脾胃)・金(肺)・水(腎)の『5つの関係』を説く「五行説」の中でも「土王説」にあっては、『土』がその中心を司り、そこに配置されるのが『麒麟』なのです。

そもそも「平和」を象徴する「四霊獣」。中でも、5つの関係の中心に配された「信義」を意味する『麒麟』。だから「五街道」の起点である「日本橋」にふさわしいとして、このモチーフが選ばれたたのではないでしょうか?(hpより)

高速の下というのが少し勿体無い気がしました。

続きを読む

2015年10月13日

最後は心が折れないことが決めて

20151010_124926


10月10日(旧体育の日) 電脳オーちゃんズは3回戦を戦いました。

キャプテンが例によってジャンケンで勝ち後攻を選択。

当チームの絶対的エース、倉地君

マウンドがいつもと感じが違うらしく何度も足でならしウォーミングアップ

それでもどうにも足に付かず、あれよあれよと言う間にストライクが入らないで苦戦、球をそろえたところを痛打されついにはノーアウト満塁。

これで万事窮すか・・・

相手の投手はここまでの2戦を完封で勝ち上がってきた本格派?

ここで一打出ていれば試合の結果は逆だったかも知れません

スコアーほどの実力の差はなかったように感じました。

ノーアウト満塁を零点で凌ぎ、裏の攻撃、足を絡めての先制点の1点が、両チームのメンタル面で勝敗を分けのではないかと私には見えました。

人生も一緒、勝敗を分けるのは最後まであきらめない、折れない心と勝ちへの執念なのではないでしょうか?

当社には色々な行事イベントがありますが、私は長年続けていく中で単なるイベントだけではなくそこにはたくさんの人間ドラマがあり、社員たちの人間性や資質、特性を垣間見ることができ、大いに色々な意味で役に立てさせて頂いてます。

20151010_124916

甲子園ではありませんが、一試合一試合、試合を重ねることによりチームワークという絆と信頼が生まれ勝つための必死な意識が実力以上のものを見せてくれているような気がしました。

どのチームも実力は拮抗、ちょっとした凡ミスで試合の流れは大きく変わっていきます。

当社の社訓 「電脳は我なり」

ひとり一人が会社の代表であり

ひとりの自覚アイデアが大きな富を生み

ひとりの無責任が大きな損失を生む

まさにこれですね!

また一試合応援する楽しみが継続しました。




続きを読む

2015年10月05日

2回目の優勝をめざして

10月3日晴天に恵まれて

当社が加盟する保険組合の野球大会があり観戦にいく

2回戦も1回戦に続きコールド勝ち

20151003_162900

初出場の時は組合せにも恵まれあれよあれよと言う間に

117チームの頂点に!!

さて今年はベスト何チームに残れるか!

20151003_151230

所沢の若菜君は私の予想に以上の働きで3打数3安打、出塁率100%の大活躍、今日の彼は何かもっているように思いました。


続きを読む

2015年10月02日

今日は豆腐の日

10.2 トーふの日

最近、できる限り頂くことにしています。

これから冬にかけ空から白いものがチラリチラリ落ちてくるさまを見ながら

京都で湯豆腐で熱燗一杯なんて最高ですね・・・

ところで最近、若者層のお酒離れが大きく

ワタミさん、モンテローゼさん、庄屋さんなど居酒屋チエーンが

軒並み何十億もの赤字を出し苦戦しているとか

そして寧ろ鳥肉や新鮮な魚を港から直送など特化したメニューと商材で善戦、売上を伸ばしている居酒屋チェーンもある。

もうありきたりのマンネリメニューでは飽きられているのかも知れませんね。

これから10年も過ぎるとここまで支えていた50代、60代層のゴルフ人口も減少し会員権も大きく値下がりしていくことも予想されるところ。

さあ、我が社もどんな手を打つべきか?

続きを読む