OAランド社長日記

起業して35年、山あり谷ありと決して平坦な道ではなく悪戦苦闘の日々、そんな中で「ふっと」見つける、人との触れ合いと人情、自然との触れ合い、教訓、心のままに綴ります。(2005.3.16スタートし14年目の日記)

OAランド社長日記 イメージ画像

2015年11月

あったか!ほっかり紅葉を愛でるやはり紅葉を見るのは晴天に限りますね青い空に真紅の彩と黄金の彩
『紅葉最前線』の画像

昨日、お客様に銀座の焼き鳥屋さんに連れて行って頂きました。そしてそのビルの2階には偶然33年前から通ったジャズバーswingがあったのでトイレに行くついでに顔を出してみると会長さんと社長さんが顔を覚えていてくれ、少し立ち話、「今日はいらっしゃないんですか?」と

古い下町を散策泉鏡花が愛した町ふっと日頃の雑踏を忘れさせてくれるような静かにゆっくりと・・・
『心癒される町なみ』の画像

人間の中には見たくないものがたくさんある打算、欲、保身、高慢、追従、いじめ、裏切り・・・自分の中にも確かにそれはあるこの世の中には理不尽なことがたくさんあるそれでもそれを振り払って信念を貫くことは強靭な精神、鈍感力が必要になるのだろう由緒正しい貧乏人であ

絶対的な晴れ男を自認していた私ですが私がその日をセッティングした訳ではないのですがどうも雨続きそろそろ晴れ男という看板もお返ししょうかな・・・と考えておりましたが昨日は大方の天気予報が、午前中は雨、午後からなんとか曇りでしたが9時48分スタートするころに
『自信復活!』の画像

今日も電車に乗って辺りを見渡すと向かいの7席のうち6人がスマホに一心不乱当然、自分の座っている左右も誰ひとり、単行本を片手にの姿は見えないたまにそんな人がいると新鮮さを感じる何十年か前はイヤホンを耳に音楽をという人は、時おりいたが結構読書に勤しんでいる姿が

「上善若水」じょうぜんみずのごとし日照りが続けば、大地は干上がってしいまう草木が枯れ、動物は死ぬ地球は「水の惑星」水があるからこそ多様な生物が生命活動が維持できる水を見て不思議に思うのは、無色透明でありがら、確かに存在ししかも形が自在に変化すること。水は

仏教の書を開いたら下記のような四諦を見つける、苦諦・集諦・滅諦・道諦その中の「道諦」・・・この世は思うままにはならないと言うことをしっかり受け入れる「人生は思い通りにはないないと諦めることにより全てのことを素直に受け入れられる」と言うこと。至極、当たり前

31日、準決勝残念ながら大敗私の目には決してピッチャー自体は打たれていなかったように思いました。やはりここまで来ると守備力の差が勝敗を分けたようです。従って点差ほど、力の差がありませんでしたが、塁に出てはエラーがらみで・・・ そして1日、3位決定戦、私は出
『感動をありがとう』の画像

↑このページのトップヘ