OAランド社長日記

起業して34年、山あり谷ありの悪戦苦闘日記、そんな中で「ふっと」見つける、人との触れ合いと人情、自然との触れ合い、教訓、心のままに綴ります。

OAランド社長日記 イメージ画像

2016年02月

月曜日から昨日まで福岡に出張してきました。福岡飛行場に降りたつと雪がちらつき、気温は東京より低く結局、3日間雪がちらつく日でした。最近では北海道、東北北陸の一部を除き北だから南だから寒い暑いは関係ないですね、寧ろ日本海側か太平洋側かがキーのようですね。 

先週の11日、悲しいできごとがありました。享年62歳私にとっては家族を除き人生の中で片手に入る大切な人でした先月は、私にとっては掛け替えのない高校の先輩が旅立っていった通学も同じ汽車に乗り、誕生日が一年違いの一緒で、クラブも一緒で部長も引き継いだ仲だった

我が社の”かわら版”http://www.oaland.jp/commerce/message/magazine.php2003年から続くかわら版を見ていたら、その10年の大きさをまざまざと感じてしました。私自身、黒々としていた髪は白くなり20周年のパーティの時にいた父はこの世を去り社員たちも退社していった

どん底の地獄を見たものに怖いものはないそれは既になにも失うものがないからだだからこそリスクの高いギャンブルもできるその意味では私はそのリスクを怖がり石橋を叩きながら恐る恐る渡ってきたのかも知れないしかしそのギャンブルのできる経営者はほんの一握り3%に過ぎ

先週、孫の持久走大会がありました。2年生総勢70人余り先生の合図で一斉に男女入り乱れてのスタートまずは校庭を一周して校門から外へところが後ろから押されたのか、何人かの生徒が転倒まさかうちの孫ではないだろう?と思いつつ様子を眺めているとどうやら泣きながら、

↑このページのトップヘ