2016年05月

2016年05月31日

感謝

明後日、札幌で大学の講義があるため
明け方からパワーポイントでまとめていた。
当社の成り立ち、沿革、写真を追いながらまとめていると
昔懐かしいものがたくさん出てきた。
そして今、残ってくれている社員たちの面々を見た時
その成長とともに、私についてきてくれたこと
みんなに支えられて今があること改めて感じ、
しみじみと熱いものがこみ上げてくるものがありました。

最近の自分は少し驕っていたな・・・
反省するとともに改めて感謝。

続きを読む

2016年05月30日

時間のたつのは早いもので

除夜の鐘をほんの少し前に聞いたと思ったら・・・
今年も残すところ7ヶ月、年初に立てた目標を改めて見てみる
まだまだ未達、このスピードで行くと多分届かない
会社も8月決算まで第三クオーターを終え残り90日となる
そろそろ来期に向けた事業計画
そして次の手を打っていかなければ・・・

梅雨の季節になりますね
私は決して☂、嫌いではありません
紫陽花が色をつけ
金木犀は芳香する
野山には水をたわわに貯え
天からの雨は不浄なものを洗い流してくれるような
1日は函館いよいよオープン
2日は札幌の大学にて
乞われるままに自然体で行動するのみ
続きを読む

2016年05月23日

爽やかな空の下

20160523_15003320160523_142909

左肘故障のため差し控えていたゴルフを4ヶ月ぶりに恐る恐る
左肘にはシップ薬を塗りサポーターをまく
両日とも晴天、浅間山の稜線はくっきりと
セミの声、遅咲きの山さくら
木陰に入ると爽やかな風
気候のせいか疲れはなく
高原の空気を何度も何度も両手をひらいて吸い込む・・・。
「ちょ〜気持いい なんにも言えね〜」
そんな言葉がでそうな45ホールでした。続きを読む

2016年05月18日

ひたすら歩く

数日前より色々と考える試練を頂き
考え抜いた上で36時間後、天気がいいので机上を離れ
まずはひたすら歩くことにしました。
20160518_15013120160518_150320

車と人通りの少ない道を選び
自宅から狭山湖畔周辺を多摩方面へ
山道を黙々と・・・
そして東京都下、瑞穂、六道山公園へ
頂上から見渡す都心のビル
青い空、4時間の道のり歩数28652歩。

色々なハードルがあるからこそ、人生は楽しい


続きを読む

2016年05月17日

運動会の意義

20160514_134347
20160514_125621
 http://www.dennoh.net/sportsfes2016-report/

電脳運動会も今年で8回目となりますが、今回は4つの会社様にご賛同頂き201名という今までにない規模での運動会となりました。
厳密にいうと9回目となるのですが最初はボーリング大会とフットサル大会をしみんなでバーベキューに舌鼓を打ったのが始まりです。
その目的は正直に言うと五月病での離職者をなくすことでした。
それから回を重ねるごとに、その目的は発展し日本一幸せな会社をつくろうという思いで正式な運動会という形になりました。
 
しかし運動会を実施したから幸せという意味でもないしこの運動会をやる意義は決して福利厚生やスポーツ大会という思いでの実施ではありません。
 
ビジョンを明確にし、それに共感する人だけが集まる会社
全員共感できるビジョンがあれば一体感を持ってその目的のため邁進できるそんな意味での運動会という位置づけでここまでやってきました。
そうでなければ経営者的に考えればなにもたくさん費用を掛けて地方から集まって頂く必要はないんです。
 
一瞬でも心をひとつにしてなにかに向かって汗を流す
ハイタッチをする、声を出し合ってお互いを称えあう
そんなことから会社は成長スピードを上げていくのではないだろうか
 
参加するみんなが今日一日、無心になって大いに楽しんで
そしてそれぞれの会社が益々発展されることを心に願いました。

多分、その時の達成感というより、運動会が終わり、久しぶりに走った後の筋肉痛や日焼けのヒリヒリを感じながら時間の経過するとともに社内での電話のやりとりひとつ、朝礼でのみんなの顔、言葉に出さなくてもなにかあの時一瞬でも共感できるものがあったこと。

それが今後のそれぞれの会社の社員間の温かさであったり
一体感が社内活性化につながると信じています。
続きを読む

2016年05月10日

今週は運動会

今週14日は電脳にとって9回目となる運動会
どうやら天気の方は大丈夫そう(^^)/
今年は総勢200名、秩父ミューズパークにて
それにしても第一回目、群馬県の青年スポーツセンターから始まり
河口湖の合宿所での二回目そして前回から妻帯者もいるので宿泊を
やめ日帰りで秩父での開催・・・。

運動することに意味があるのではなく
ひとつのことをみんなで心をひとつにし
つくりあげていく達成感が本当重要
会社を成長させるためには、そんなひとつ一つの継続に意味を成す。続きを読む

2016年05月08日

そっと手を合わせる

妻のお母さんの命日
本来は10日ですが昨日の夜
妻が明日、ひとりで行くというので
一緒させてもらった
18歳で上京し結婚も早かったものだから
むしろ、田舎の両親よりお世話になったようにも思う。
20160508_094418
それなのになんにもしてあげれなかったことに
心残りがある
もっともっと良くしてあげればよかったと今更に後悔
人への感謝というものは、時間の経過とともに
しみじみと・・・
赤のカーネーションの入った花束を2つ
線香とともにあげ、そっと手を合わせる。
続きを読む

2016年05月05日

子供の日

孫たちが顔を出す。
近くの駄菓子屋さん(お菓子のおかまち)へ連れていき
好きなものを5コづつ買っていいというと
最初は小さいものをつかんで籠に入れていたが
「じぃちゃん、これも一つと考えていいの?」
と5つが連なったアンパンマンのお菓子をつかんできた。
「いいよ!」というと今までのものを戻し
時間を掛けて出したり入れたり・・・
「色々と彼女なりに頭を使うんだと」感心。

続きを読む

2016年05月04日

母は・・・

連休の後半、会津の母と3泊4日密着

いつもは少しの時間を見つけては日帰り温泉に行ったり
どこか名所に足を運ぶのですが、今回は4日間一緒を心かけました。

とにかく近くの公園につれていったり
食事をしたり、手探りで弾く電子琴につきあったりと・・・
そして最後は恒例のハグして帰途につきました。
視力はほとんど失ったものの記憶力と頭の回転は健在!
姉夫婦にはご苦労を掛けるが、できる限り元気で
長生きしてもらいたいと切におもう。続きを読む