OAランド社長日記

2021年1月からは「自分人生株式会社」の社長として綴っていきます!       起業して36年、人の触れ合いと人情と教訓、日々の感動を心のままに綴ります。2005.3.16スタートし16年目の日記)

OAランド社長日記 イメージ画像

2021年02月

昨日、義理父の命日(一日早い)のお墓詣りに行ってきた晴天なれど風強し、戸外はビュービューと音をなして♪花と線香そして生前大好きだったというカップ酒を携えてそして不思議なことが起こった墓石を丁寧にたわしで擦って水をかけて器いっぱいに花を生け、線香になんとか
『目に見えないものこそ』の画像

モノに固執しても所詮、人はいずれはみな土に帰える家も車も時計もすべて消耗品、この肉体でさえも同じことが言える。この宇宙の中のちっぽけな存在だからこそ自分はどう生きるかではなく、どう生きたか物質的欲求、名誉欲求、承認欲求より心身ともにフロー状態になるくらい
『この世は全て借り物』の画像

ざこはざこなり大海を泳ぎわれはわれなり大地を歩く最近、近しい人や、ここまでお付き合いさせて頂いた方の訃報をよく耳にするそんな時、誰とではなく己の人生勝ち残るは生き残ると脳裏をよぎるどんなに高い名声、どんなに沢山の資産、どんな地位にあろうが命の尊さには及ば
『存在』の画像

月いちの目標である、野山を歩く昨日は天候にも恵まれ3月上旬の温かさ今回は敢えて遠くには行かず、近場である狭山湖・多摩湖を周遊する、朝9時出発、人の出はさほど多くないまずは狭山湖畔から六道山を経由し多摩湖周遊道路へと向かう11時43分現在19,121歩、14時15分多摩湖
『人は生きてきたように死んでいく』の画像

悔いのない人生とは・・・小さい頃夕食時のテレビはいつもニュースだった見たい番組があるのにと不満を持ちながらも親父の存在は絶対だったそして今そんな自分が朝の5時から23時のニュースまで録画までして見てるゴテゴテの演歌は聴かないが昔懐かしい ”ちあきなおみ” の
『明日いなくなっても』の画像

学生時代から山の友人が言う言葉「富士山は見て楽しむもの!」今から6年前にまあ還暦前には一度と挑戦してみたがやはり溶岩だらけのなんの楽しみもない山でした。おまけに世界遺産となり、東洋系の外国の方が沢山おられ7合目からは一歩足を上げることがやっとの登山渋滞御
『富士山は登る山ではなく』の画像

一昨日は・・・新宿5丁目、11時待ち合わせ、一件目の用事をすませ午後13時のアポイント池袋まで余裕があるので歩いて目的地までいくことにしスタートGoogleマップで検索すると約4.6k、所要時間46分明治通りをひたすらまっすぐ、本日も晴天なり!今日はどんなものに出会えるか
『人の心というは身体の内側に存在するのか』の画像

今日も晴天、散歩コースの中にあるモニュメントをじっと立ち止まり見るいったいこれをつくった人は何を表現したいんだろうか?今日も気ままなご近所旅と洒落こむ庭園をゆったりと散歩梅の花が今日の陽気に誘われて六分咲きに小さな滝の音、小鳥の囀る声静かに外の風景を楽し
『ケチな遊びはやめる』の画像

↑このページのトップヘ