0fc4d11d.jpg「高い評価を受けるのは会社の仕事に貢献した社員たちだ」  勤めた期間の長短は評価の尺度にならない。能力・業績・仕事の効率性で評価する。あなたの長年の経験を活かすことはあなたにしかできない。    業績のよい悪いを決めるのは、あなたの上司ではなく、あなた自身なのだ。               新人はもちろん社員にキャリアパスや「なんの為に、何を意識してその仕事に立ち向かうか」を会社はどんな人を求め、どんな人を評価するか明確にする事は大事である、ただ数字を上げろ、一生懸命やれと言うだけでは「道しるべ」のない道を兎に角、前に進めと言っているようなもの、目的地につけばいいと言うものではなく、いつまでに・なんの目的でつくかが大事だ。