夏の甲子園高校野球、佐賀県の進学校佐賀北と古豪広島の広陵高の決勝となった、最近の甲子園に出場する高校はプロ予備軍化し、北海道や東北から出場した高校がヒーローインタビューで話す時、関西なまりで受け答えしているのを聞くと少し寂しくなる、やはり九州は九州なまり、四国は四国なまり、それぞれのお国言葉がでて初めて、郷土愛も生まれるもの、そう言う意味では佐賀北の選手達には文武両道も含め、賛辞を送りたい。