最近の日課は毎朝、現場にいくこと。

201012140909000

201012140919001

 

 

 

購入したビルの内装、電気工事等を急がず騒がず、楽しみながらじっくり作り込んでいます。3階は研修センター、多目的利用を考えフローリングを貼って頂き、残りの3階フロアは宿泊施設に、2階は如何に、1階は整備室と店舗。4階は最後の着手。社員の憩いのフロアー、夏にはBQでもできれば最高。

毎日、現場に足を運ぶと当然、現場の職人さんとも親しくなれる、我が社はお客様の内装も手掛ける会社でもあり、色々とお話を聞くと同時に自分がお客様の立場に立って考えられるので「お客様のニーズ」も見えてくる。世の中の景気も感じられる。

そしてなにより、自分が神楽坂店1号店を出店した時のことを思いだす。内装展示予算はたったの35万円、とても外注に出す余裕はなかった。そこで店舗の設計図を自分で引いた、ホームセンターで材料を買いこんで床貼りから、蛍光灯の取り付けまでやった。夏の暑い日、ランニング一枚で汗びっしょりになってノコギリも曳いたし、ペンキも塗った。そしてカウンターも棚も手作り。

そうして拵えた店舗には、なににも増して愛着も半端ではなかった。そしてどんな辛いことにも耐えられた。だからこそ、今の現場、お手伝い頂いているパートナーさんには申し訳ないですが、大事に大事にしぶとく吟味しながら進めさせて頂いています。

そして、そのひとつひとつが進捗してく様を見ていくのが今楽しくて、嬉しい毎日。