今朝、ラジオであるお坊さんがこんなことを言っていました。

人は死ぬというより生まれたところに帰っていくのだと

きっとそこへは名声もお金も

持っていくことは誰であろうとできない

最後の旅たちの時、この身ひとつ、この心ひとつ

悔いのないように今を如何に生きるか

所詮、人間寿命なんてあの空の何光年先の一瞬の耀きと

比べてもほんの一瞬のちっぽけなもの

虚勢を張って生きてどうする?

豊満の金を握ってどうする?

心静かに満月の夜空を見ながら


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。