2017年10月26日

縛りがあるから

最近、ストレスのない時間を送っている
それは数十年前から望んできたことではあるが
ここにきて本当にこれでいいのか?
少し物足りなさを感じる
自らに縛りがあり、ストレスがあり、葛藤があるからこそ
その時はしんどくても
ふり返るとしみじみと懐かしく幸せな時間だったのではないかと
課題があり、目標があり、それをクリアするために
24時間四六時中、どこでも考える、考えつくす
枕もとには常にノートを常備、いつ何時でも
忘れぬようにメモを取る
頭髪を掻き毟りたいような葛藤
誰とも何へともなく大声を張り上げたい葛藤
そんなものが本当は深層にあるエネルギーでは
まだまだ時間はたくさんある
さあ、どこを向いてどう進むか
最近、昔読んだ本で本棚に残してある本を手当たり次第
読み返している、赤の罫線や書き込みがそこらじゅうにあり
若干迷惑だが、その時はその行に共感したんだろう!