人それぞれに生まれも育ちも社会に出てからの経験も違う!
高級外車と高級装飾品、高級住宅を目指すもよし
安全に走れればどんな車でもいい
雨風凌げれば住むとこなんてどこでもいい
そんな価値観もあるだろう・・・
私は車も家も消耗品、いずれはだれでも命が尽き、土と化すと思っている
従って不思議と余り人さまを羨ましいとも思わないし
その人の持ち物によってその人をリスペクトすることもない!
まあ、自分らしく清貧に生きるのみ!
本当は人を相手にする仕事じゃなく自然を相手にする仕事が好ましい
そんな社会人のスタートだったのにいつもまにやら、こんなところに・・・