45年前、私自身もリクルートスーツで社会人一年生となる
当時はオイルショック後で就職難になりつつあった時代だ
今を思えば世の中の右も左もわからず
恥ずかしながら夢も希望も持っていなかった

今年の新入社員は男女合わせて5人
入社式、入社後の研修を任せた社長からの報告によると
みんな目がキラキラしていい子たちばっかりでした
ワクワクしましたとのこと
嬉しい知らせだ!!

これからこんな子たちが遣り甲斐をもって
働いてもらえるような一年にしたね!と

この一年は毎月第二金曜日は私が彼らと学び楽しむ時間
ひとりひとり生まれも育ちも兄弟環境、血液型もみんなそれぞれ

当然、学ぶテンポも伸びるテンポも違うので
彼ら自身、「自分だけの時計を持たせないとだめだろう」
器用でなくていい、寧ろ器用でない分、苦労し
人格的に深まみが出てくるかもしれない
色々な挑戦、葛藤との日々の中で耐える力も
ひとつのことを継続していく力もすべてが才能となる

5人の大切なお子さんを親御さんからお預かりしていること
社会人としての一歩
責任をもってできるだけのことをしてあげようと思う

そして彼らには今、目の前に与えられた仕事
それぞれが些細な仕事であっても、全身全霊で打ち込み
真剣に一生懸命努力を続けることにより
必ず時間の経過とともに成長していくと言うことを
体感さてあげたいと切に思う



自利利他の精神で我が社のパートさんも含めた全ての人たちが
幸せになれるように努力をしていきたい

4月よりパートさんの誕生日休暇制度はじまる

起業して36年と7ケ月
今更ながら経営の面白みと
自分自身の会社、そして一緒に働いて頂いている仲間たちを
愛おしく感じる今日この頃です